<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 第30Q「待ってたぜ」

 第30Q「待ってたぜ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


緑間くんのシュートをとめる火神くん。

「そんなための長いシュート

 俺がいる限り 

 そうそう打てると思うなよ」


「たしかに俺とお前は

 相性が悪いかもしれん。

 だが 舐めるなよ。

 その程度の 

 付け焼刃の武器を身につけるほど、

 俺のシュートは 安くない」


緑間くんが最初からかっこいい!



OP


第1Qからずっと緑間くんのブロックを続け
第2Qに入っても秀徳からリードを守っている誠凛。

でもこのままいくとは思ってない日向くんと
違和感を感じる木吉くん。

消耗している火神くんを心配する伊月くん。
いつもなら黒子くんがヘルプにいくのに
黒子くんには高尾くんがべったりはりついていて
それもできない。

「まだ第2Qだぜ。どうした 黒子」

ミスディレクションを武器に活躍する黒子くんが
ホークアイ高尾くんにはきかない。

黒子くんをとめる高尾くん。

「いかせないよ」

ミスディレクションの効果もそろそろきれてくる頃。

緑間くんのシュートを遅れながらも火神くんが阻止。
まにあわないと思われたけど一瞬火神くんの指先が触れていて
シュートははずれ、先に移動していた黒子くんがキャッチ。
火神くんを信じていた黒子くん!

そしてまた緑間くんと火神くん。

フェイクかシュートか一瞬迷いとんだところを
緑間くんが抜く。
もう一度跳ぶけど今度は届かない。

「そうはさせん!!」

木吉くんが跳びました。

時間はさかのぼって秀徳の控室。

緑間くんがみんなの信じられない発言をしたようで

「誰か録ってない?

 レアすぎっしょ」


という宮地先輩とか・・・。

『信じられんな。このプライドの高い男が』 

とキャプテンもびっくりなら高尾もびっくり。

「まじで 真ちゃん。

 聞き間違えじゃないよな?」


「無論なのだ。

 勝つためだ。

 そのためならば 何度でも言おう」


木吉くんがボールに手を伸ばす。

「待ってたんだよ!こうくるの!!」

高尾くんがはりきる。

「俺がひきつけて パスを出します」

緑間くんが高尾くんにパス。

驚く黒子くんほか誠凛メンバー。
そして秀徳ゴール。

「まじかよ?あの緑間が」

「しゃれにならんな。

 自分のためのようにみせて

 本当はチームのために打っていたのか。

 黒子の感じていた違和感は

 これか」


「今までの緑間は 

 まわりにたよることはなかった。

 だから隙もあったし

 チームプレイで対抗できた。

 けど 今度は逆だ。

 緑間が一人で戦うことをやめ

 真にチームとしてひとつになった秀徳

 手強いなんてもんじゃないぞ」


今までも充分強敵だったのに・・と動揺するベンチに
「うろたえるな」というリコ。

「成長したのは秀徳だけじゃない。

 今の俺たちには あいつがいる」


と小金井くん。

あいつ=木吉くん。

「たしかに この状況はしんどい。

 だが ただのピンチだ。

 終わったわけじゃない」


「こういうときこそ たよりになるのが

 木吉って男だ」


「楽しんでこーぜ」

「ああ わかってるよ」

でも今の秀徳を止める策は
今から考えるそうで・・・。

「まあ とりあえず 

 黒子はひっこめるか」


木吉くんの言葉でどんどんダメージをうける
黒子くんのライフゲージが削られていいく・・・。

「ドンマイ 新米!」

伊月くん・・。

監督も同じ考えで黒子くんはベンチへ。

でも新しいドライブをつかうためには
このほうがいいという黒子くん。

「心配はしてません。

 信じてますから」


火神くんや先輩たちを!!


桃井さんも試合観戦に。
青峰くんは結局来ずに黄瀬君とばったり。
黄瀬くんもひとり。
どっちも心細く見えない。

緑間くんにダブルチームで緑間封じ。
一人でもいけるという火神くんですが
フェイクとパスをおりまぜられたら
どうしようもないという木吉くん。

水戸部くんだけじゃ
インサイドは手も足もでないという伊月くんに

「だったら もう そういうことだろ」

宮地先輩がシュートをきめ
日向くんも気合い十分。

「とめられないなら

 それよりとるしかねえだろ!」


あっというまにせめこみ
木吉くんがシュートからパスで水戸部くんへ。
伊月くんから木吉くんそして日向くん。

誠凛は攻撃型チームバスケット。
木吉くんと日向くんの中外二枚看板
そして5人の総力とパスワークで点をとりあう
ラン&ガンのスピードバスケット。
それが本来の姿。

木吉くんがはいってかわったことは
インサイドの強化
ポイントガード伊月くんといっしょに
ボールをまわすことによるパスの高速化。

「ハイペースの点取り合戦が

 うちの真骨頂なのよ」


フリーの緑間くんにボールがわたり
火神くんがまにあわず
長距離シュートをきめられました。

「何をボーっとしているのだよ。

 一瞬たりとも気を抜くな。
 
 俺をとめたければな」

 
「ナイス!緑間!」

と先輩に後ろから背中を叩かれる緑間くんと同じく
とめられなかった火神くんも「気にするな」と
頭をポンポンやられました。

「とられたらとりかえす!」

すごいもりあがりで前半終了。

後半の展開をきかれた黄瀬君。

「さっぱりっす」

その無駄な輝きは何w

後半も点取り合戦だろうけど
不利なのは誠凛。
誠凛に秀徳をとめる手段はないけど
秀徳は誠凛をとめられないわけじゃない。
でもそれは黒子くんがいなかったらの話。

「このままだまってるはずがない。

 キセキの世代 幻のシックスマンは

 だてじゃないっすよ」



後半戦スタート。

木吉くんが戻ったとしてもここから先は苦しい
勝機があるとしたら黒子くんの新ドライブ
とリコが考えている間にも秀徳がボールを奪う。

高尾くんをとめようとする伊月君。

「なーんてな」

高尾くんは股下から後ろの緑間くんへパス。

「はずすなよ」

「だまれ バカめ」

緑間くんのシュートは外れない。
逆転されてしまいました。

小金井くんが、緑間くんが今ほんの一瞬だけど
笑ってた?とう不思議そう。

「緑間だけじゃねえぞ うちは!

 なめんなよ!!」


宮地先輩に木村先輩!
そこはダンクで・・・w

火神くんは疲れが出てブロックにとべない。
足がつりそうになっている。

火神くんと木吉くんふたりがかりでも
緑間くんをとめられない。

「なんか・・かわったね ミドリン。

 あと きーちゃんもかわったよ。」


と笑う桃井さん。

「だとしたら かわったんじゃなくて

 たぶん かえさせられたんじゃないっすか」


という黄瀬くん。

緑間くんがかわるとこうも違うのかという言葉に

『変わった?

 まわりからみるとそうみえんのかな。

 ていうか 変わってねえんだけどな
 
 実際はそんな』


と思う高尾君。

もくもくと居残り練習を続ける緑間くんに
つきあう高尾くん。
その姿をみると変なやつだけどむかつくやつだけど
みんなあいつのこと嫌いになれない。

『でも かわったこともあるか。

 たま〜にだけど

 みんなでバスケしてるとき

 笑うようになった。

 それはやっぱり

 あいつのおかげかもな』


黒子くんをみる高尾くん。

「なんでっすかねえ。

 あの人と戦ってから

 まわりに頼ることは

 弱いことじゃなくて

 むしろ 強さが

 必要なことなんじゃないかって思うんす」


黄瀬君も同じ。

そして今なら新しいドライブがいけると思うという
黒子くんが再び登場。

「やっと出てきたか」

黒子くんをむかえる高尾くん。

「ま だからって 

 手加減とかはしないけどな。

 それと試合は別の話だ。

 待ってたぞ。黒子」




秀徳との試合楽しい。
ずっと見ていたい。
パスをするようになった緑間くんが
さらに強くなって・・。

それをみている黄瀬くんともども
黒子くんのおかげと高尾くんも思ってて
でもやっぱりお互い負けられない。

木吉くんの戻った誠凛のラン&ガンももっと
みたいけど。
どっちも勝たせてあげたいところです。


EDカード。
なんて爽やかなパイナップル宮地先輩の笑顔!
ぶつけるんですか、それw


黒子テツヤ    小野憲章
火神大我     小野友樹
黄瀬涼太     木村良平
緑間真太郎    小野大輔
相田リコ      斉藤千和
小金井慎二    江口拓也
伊月俊       野島裕史
日向順平      細谷佳正
笠松幸男      保志総一朗
高尾和成      鈴木達央
青峰大輝      諏訪部順一
紫原敦        鈴村健一
赤司征十郎     神谷浩史
桃井さつき      折笠富美子
花宮真        福山潤
氷室辰也      谷山紀章















2013.11.03 Sunday 09:45 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 宇宙兄弟 第80話「秘密」 | main | リトルバスターズ!〜Refrain〜 第5話「最後の課題」 >>









黒子のバスケ 第30Q「待ってたぜ」
黒子のバスケの第30話を見ました。 第30Q 待ってたぜ 「確かに俺とお前は相性が悪いかもしれん。だが舐めるなよ。その程度の付け焼刃の武器を身に着けるほど、俺のシュートは安くない」 第2クォーターに入っても緑間のシュートを火神がブロックするという光
| MAGI☆の日記 | 2013/11/03 11:39 AM |
黒子のバスケ第30話「待ってたぜ」
黒子のバスケ第30話「待ってたぜ」「なんか、変わったね ミドリン」試合前、緑間が「仲間」に語った作戦とは?あらすじはコチラ「スゲェぞ、みんなっ!!」緑間のシュートは悉く火...
| SOLILOQUY | 2013/11/03 5:15 PM |
黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」
黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」 「なんか、変わったね ミドリン」 試合前、緑間が「仲間」に語った作戦とは? 公式HPより 第2クォーターに入ってもひたすら続く、緑間のシュートを火神がブロックする、という光景。振り切られまいと粘る火神に
| SOLILOQUY 2 | 2013/11/03 5:15 PM |
黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」
黒子のバスケ 第30話「待ってたぜ」
| SOLILOQUY別館 | 2013/11/03 5:15 PM |
アニメ「黒子のバスケ」第30話 (2期5話...
信じてる-----------!!いよいよ秀徳と誠凛の対決!!面白いスタートを切ったこの試合。さぁ、試合は中盤戦へ----------!!開始からリードを保っている誠凛。緑間を完全に封じている火神...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/11/03 8:53 PM |
黒子のバスケ TokyoMX(11/05)#30
第30Q 待ってたぜ 公式サイトから第2クォーターに入ってもひたすら続く、緑間のシュートを火神がブロックする、という光景。振り切 られまいと粘る火神に対し緑間が見せたプレイは、かつての彼では有り得ないプレイスタイルだった。これにより飛躍した秀徳のチームとし
| ぬる〜くまったりと | 2013/11/06 9:23 AM |
黒子のバスケ #30「待ってたぜ」感想
何度、ブロックされようとシュートを放ち続ける緑間。違和感を感じる黒子、誠凛ベンチだが!?「待ってたぜ」あらすじは公式からです。第2クォーターに入ってもひたすら続く、緑間...
| おぼろ二次元日記 | 2013/11/06 3:12 PM |
◎黒子のバスケ第30Q待ってたぜ
|クロ:ミドリマ君の顔みましたか|>>別人だった|G>やつらに勝つ!|→ミドリマのシュートをブロック|G>舐めるなオレのシュートは安くない}O>カガミまたブロック!o>素直に喜びたい...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/08/11 5:10 PM |