<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 第32Q「あきらめろ」

第32Q「あきらめろ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


同点で時間切れ。
普通なら延長だけど今大会は時間の関係で
延長戦はなし。

まさかの引き分け。

『最後のフリースロー

 あれさえ決めていれば』


と思っていると
そこへチームメイトがどどっと
おしよせてきて倒れてしまう木吉くん。

てっきり責められたのかと思ったけど
ハイタッチでした。

「おまえがいたから

 ここまでこられたんだろうが」


誰も責めるものはいない。

「精一杯やった結果です。

 満足しています」

そこへ声をかける緑間くん。

「火神 まさか これで満足したわけじゃ

 ないだろうな


「んなわけねえだろ。

 とりあえず 勝負はお預けだ」


高尾くんも宣戦布告。

「ウィンターカップに引き分けはねえ。

 冬には白黒つけようぜ」


「のぞむところです」

両チームに暖かい拍手が。

いい試合をした誠凛と秀徳と違い
卑怯だといわれている霧先第一。

誠凛と秀徳の引き分けも想定内。

「どいつもこいつもいいこちゃんばっかりで

 虫唾がはしっちまったことくらいだ。

 あと一試合 誠凛をつぶして

 ウィンターカップにいくのは 俺たちだ」


と花宮。

緑間くんにあいにいく桃井さんと黄瀬くん。
ウィンターカップへの激励をするふたりに
そんな心配をするのなら相手が違うという
緑間君。

「次の誠凛の相手は 霧先第一

 花宮真だ」


花宮が誠凛に照準をあわせているのは明らか。
必ずなにかしかけてくる。

緑間くんはチャリアカーのところへ。

そこに二号が!

『なぜだ?みてると無性に腹がたつのだよ』

リアカーに小便したら打たれるww

黒子くんが二号をむかえにきて
桃井さんは失神w

「黒子 

 ウィンターカップでまたやろう」


「はい」

高尾とかえっていく緑間君。

ロッカールームで膝の痛みにたえる
木吉くんのところに日向君がやってきました。

あの場面でフリースローをはずすなんて
あり得ないと膝のこともお見通し。

次の霧先第一戦は出るなという日向くんに
反論する木吉くんの声を
通りかかった火神くんがきいてしまいました。

「おそらく今年が最後のチャンスなんだ。

 この膝がぶっこわれても

 俺は出る!」


日向くんと黒子君、火神くんの3人での帰り道、
難しい顔をしている火神くんに
気付く黒子くん。

「キャプテン きいていいですか?

 あれ どういう意味ですか?

 木吉先輩が 今年で最後って」


事情を話してくれる日向君。

「あれは 去年の夏のことだ」

でも回想は春からスタート。

日向君が金髪ww
似合わないと伊月君に笑われてる。

「バスケはもうやめた。

 あんなもん 全然楽しくねえよ」


この学校しめててっぺんとるというけど
そんな雰囲気ない。

中学のときにあんなにバスケに
打ちこんでいたのに結果一度も勝てず
ひねくれてしまったらしい。

教室の入り口で木吉くんと初対面。
携帯の待ち受けのバスケ選手に
くいつく木吉くん。
嬉しそうにからんできますが
この学校にバスケ部はない・・。

入部届けを手にどうしよう・・と
とまどう木吉くん、天然。

「じゃあ つくろうぜ!バスケ部!!」

いっしょにバスケ部をつくろうと
日向君を誘う木吉くん。

もうバスケはやめたと断る日向君を
しつこく誘い続ける木吉くんに
日向君は不機嫌。

「もう負けんのはこりごりなんだ」

伊月くんは無冠の五将
鉄心 木吉くんのことを知ってました。。
有名校から誘いもあったろうになぜここに?
とたずねると、じいちゃんとばあちゃんのためにも
学校が近いほうがいいと誠凛にしたらしい。

「バスケは好きだけど

 結局 部活だからなあ。

 楽しけりゃそれでいい」

それをきいてお気楽なもんだなと思う伊月くん。

「みんなでワイワイできれば

 勝ち負けはどうでもいいってことね」

「あ?そんなわけないだろ。

 手を抜いてどうするのさ

 楽にやるのとは意味が違う。

 勝つためにとことん練習して

 少しでもうまくなって

 好きなことに没頭する。

 それが楽しむってことだろう。

 ましてや 俺たちは学生だ。

 すべてを賭けても たりないかもしれないぜ」


そこへ小金井くんと水戸部くんも入部希望に。
小金井君は元テニス部。水戸部くんは経験者。

マネージャーをさがそうとさわぐ小金井くんの言葉に
こころあたりがあるという伊月くんはリコのところへ
いきますが、あっさり断られました。

帝光が強すぎてまわりが勝つことをあきらめている
今の中学バスケ界の雰囲気が嫌いだそうで。

ゲーセンで時間をつぶす日向君に声をかけるリコ。
日向君は無理してるようにしかみえない。

「やりたいことだらけじゃなくて

 何していいかわかんないだけでしょうが」


木吉くんたち四人もバーガーショップで寄り道。

一番めざすくらいの本気じゃなきゃと
いっていたリコのことを
中途半端がきらいということで
ほっとしたという木吉くん。

外を歩く日向君をみかけ
また誘いにいこうとする木吉くんを
とめる伊月君。

日向君は中学の時そうとうなシューターだったけど
自分たちのせいで勝てず、その勝てなかった相手も
その次で負け、そのくりかえしで
その頂点には帝光がいてダブルスコアで負ける。
すっかりひねてしまった日向君。

「努力すれば いつか報われる

 誰だ そんなおめでたいこと

 言いだしたバカは。

 凡人の努力なんて結局時間の無駄なんだよ」


でも人数合わせじゃなく
日向君に入ってもらいたいという木吉くん。

「だって あいつは 誰よりも・・」

日向君をおいかけていく木吉くん。

誰もいないスポーツジムをみつめ
中学の時ここでひとり特訓していた
日向君を思いだすリコ。

「バーカ」

日向君にワンオンワンの勝負を挑む
木吉くん。

全国ベスト4の中学出身の木吉くんに
勝てるわけないという日向君。

「一本でもとったら日向の勝ち。

 それじゃハンデが足りないか?」


「鉄心だかなんだかしらねえが

 調子にのりやがって。

 なめんな。

 一本なんてすぐとってやる」


ワンオンワン開始。

バスケ部員募集のポスターを
つくる伊月くんたち。

むきになって挑む日向くん。

「日向 もうあきらめろよ」

「うるせえ!」

「違う。
 
 バスケあきらめることをあきらめろ。」


はっとする日向くん。

ほんとにバスケが嫌いなら何もいわない
才能なんて関係ないという木吉くん。

「俺だって 帝光中の天才と戦って

 絶望を味わわされてる。

 何度もバッシュを捨てようと思った。

 けど 何度ほうろうとしても

 どうしても 手から離れないんだ。

 おまえもそうだろ?

 負けるのがきらいで

 だからこそ忘れられねえで
 
 お前は俺と同じ

 いや 俺以上だ。

 バスケが大好きなんだ」


「知ったふうなこと 言ってんじゃねえよ!!
 
 わかってんだよ!そんなこと!!

 だから・・

 だから 

 毎日こんなにつまんねえんだろうが!!」


涙を流す日向くん。



先輩たちの過去編きた!
あんなに金髪が似合わない人も
めずらしいw
ぐれ方も知らなくて
とりあえずやってみた感が。

バスケをあきらめることをあきらめろ、のシーン
大好きなのでアニメでようやく見られて嬉しい。



黒子テツヤ    小野憲章
火神大我     小野友樹
黄瀬涼太     木村良平
緑間真太郎    小野大輔
相田リコ      斉藤千和
小金井慎二    江口拓也
伊月俊       野島裕史
日向順平      細谷佳正
笠松幸男      保志総一朗
高尾和成      鈴木達央
青峰大輝      諏訪部順一
紫原敦        鈴村健一
赤司征十郎     神谷浩史
桃井さつき      折笠富美子
花宮真        福山潤
氷室辰也      谷山紀章















2013.11.17 Sunday 09:43 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 仮面ライダー鎧武 ガイム 第6話「ドリアンライダー参戦!」 | main | リトルバスターズ!〜Refrain〜 第7話「5月13日」 >>









黒子のバスケ 第32Q「あきらめろ」
黒子のバスケの第32話を見ました。 第32Q あきらめろ 木吉の放つ2本目のフリースローが外れ、リバウンドとなったボールを火神がシュートを叩き込もうとするが緑間がブロックする。 得点に繋がらず、今大会は時間短縮のために延長戦の規定はなく誠凛と秀徳の
| MAGI☆の日記 | 2013/11/17 10:35 AM |
アニメ「黒子のバスケ」第32話 (2期7話...
試合の行方は--------------!!前回は放送が終了した途端原作の続きを読んだ人多かったんじゃないかしら(わはは)いや、だってこれは結果が気になるでしょ。今回の感想はめちゃ長いっ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/11/17 7:54 PM |
黒子のバスケ第32話「あきらめろ」
黒子のバスケ第32話「あきらめろ」「バスケ、諦める事を諦めろ!!」※いつもよりさらに暑苦しくなると思いますがご容赦を(笑)あらすじはコチラさぁ!楽しみにしていた珍しい誠...
| SOLILOQUY | 2013/11/20 6:19 AM |
黒子のバスケ 第32話「あきらめろ」
黒子のバスケ 第32話「あきらめろ」
| SOLILOQUY別館 | 2013/11/20 6:20 AM |
黒子のバスケ 第32話「あきらめろ」
黒子のバスケ 第32話「あきらめろ」 「バスケ、諦める事を諦めろ!!」 ※いつもよりさらに暑苦しくなると思いますがご容赦を(笑) 公式HPより 誠凛と秀徳の戦いは、両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、黒子と緑間はウインターカップでの
| SOLILOQUY 2 | 2013/11/20 6:20 AM |
黒子のバスケ TokyoMX(11/19)#32
第32Q あきらめろ 公式サイトから誠凛と秀徳の戦いは、両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、黒子と緑間はウインターカップでの再戦を誓う。一方火神は、試合後の控室で話す日向と木吉 の会話を偶然耳にし、衝撃を受ける。ひざの痛みに耐えながら、「今年が最後の
| ぬる〜くまったりと | 2013/11/20 9:56 AM |
黒子のバスケ #32「あきらめろ」感想
運命のブザーが鳴る。WCの本選に近づくのは誠凛か秀徳か!?「あきらめろ」あらすじは公式からです。誠凛と秀徳の戦いは、両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、黒子と緑間は...
| おぼろ二次元日記 | 2013/11/20 4:16 PM |
◎黒子のバスケ第32Qあきらめろ
=ディフェンスプッシング!2スロー→1回目成功する、2回目失敗、カガミがリバウンド→そのままダンクするがミドリマが阻止して、同点終了}P)今回は延長戦の規定がない...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/08/26 4:27 PM |