<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕のいた時間 第1話

第1話



澤田拓人(三浦春馬)は就職活動中の大学生。
実家は山梨で総合病院を営んでおり、
母親の佐和子(原田美枝子)や
父親の昭夫(小市慢太郎)からは
医者になることを期待されていたが、
いつからかその期待は4歳下の弟・陸人
(野村周平)に向けられるようになっていた。
本郷恵(多部未華子)も、ファミレスでアルバイトをしながら懸命に
就職活動をしていた。ある商社の集団面接中、
電源を切り忘れていた恵の携帯が
突然鳴り響いた。母・祥子(浅田美代子)からの電話だった。
その時とっさに立ちあがり、自分のせいにして恵をかばったのは、
同じ会社を受けていた拓人だった。
拓人が同級生の水島守(風間俊介)と大学内のカフェテリアに
いると、そこに、恵が友人の村山陽菜(山本美月)とやってきた。
そこで初めて拓人が同じ大学だったということを知り、驚く恵。
拓人も例の商社の面接で落ちたと知った恵は、彼に謝った。
拓人はそんな恵に、落ちた理由を直接聞きに行こうと言い出す。
当たり障りのない回答をされて商社から追い返されてしまった
拓人と恵は、1日だけ現実逃避をしようと決め、海へ遊びに行く。
シャンパンを飲みながら楽しいひと時を過ごしたふたりは、
3年後の自分に向けた手紙を書き、空のボトルに詰めて
砂浜に埋めた。
拓人は、サークルの先輩で大学院生の向井繁之(斎藤工)に
気晴らしに付き合ってもらったりしながら
就職活動を続けていたが…。




「今の医学では まだ治療法が見つかっていないので

 長く この病気と付き合っていくことになります。

 全身の筋肉が弱くなっていってしゃべりにくくなったり

 食べ物を飲み込めなくなったりします。

 呼吸障害が起こります。

 生きていくために 人工呼吸器を装着する必要があります。

 発症後 多くは 3年から5年で呼吸筋まひになり亡くなります。

 診断名はALS 筋萎縮性側索硬化症」



雑踏の中を雨に濡れながら車いすで移動する拓人。
その表情は暗く絶望に満ちているよう・・。

まだ病気になる前の元気なころ
大学生で就活する話から。

みんな同じような黒いスーツをきて就職活動に
はげむ大学生たち。

拓人が面接をうけているグループに
恵の姿もあり、電源を切り忘れた恵の携帯が
なりだして気まずい空気。

「出なくていいんですか?

 他社からの内定の連絡かもしれませんよ。」

という面接官の言葉も意地悪い。

結局電話は切れそのあとに
自分の電話だと立ちあがって恵をかばう拓人。

面接のあと、拓人をおいかけて声をかける恵。

「何でですか?

 私の携帯だって分かってましたよね。」

「青楓学院大学 経営学部の…何だっけ? 名前。」

「本郷です。」

「本郷さん。 下は?」

「恵。」

「別に かばったわけじゃないから。」

「えっ?」

「自分のため。

 面接官にアピール。」

「アピール?」

「ピンチのとき冷静に対処できますっていう。」

「へ〜。」

「じゃあ また。」

「また?」

ちゃっかり名前だけきいて
かばったわけじゃないと恩着せがましいこともせず
恵のほうも理由をたずねただけで
お礼をいうこともなかく「また」という言葉でわかれた
最初の出会い。

恵は母とふたりぐらし。
お母さんとは仲良さそう。

拓人、見た目もさわやかで悪くないのに
なかなか就活がうまくいかない。
エントリーシートをみせても

「特に 引っ掛かるところはないな。」

「悪い意味で言ったんだけど。」

「引っ掛かるところがないってことは

 君って人間に何の興味も湧かないってこと。」

「薄っぺらいやつがそれらしく見せようとすると

 たいていこんな感じになるんだよな。」

ときつい言葉。

同じく恵も就職決まらず。
奨学金の借金645万を返さなくちゃならないので
何がなんでも正社員。

拓人の友人 守が先に内定をもらい
恵の友人 陽菜は半分あきらめてダメなら結婚と
いっている中、学内で拓人と恵が再会。
同じ学校の同じ学部だったらしい。
マンモス大学なのか。

ふたりともあの会社を落ちたと知って
落ちた理由をききにいこうと恵を誘う拓人。
受付のお姉さんに軽くあしらわれたけど
ふたりで楽しく現実逃避。

海辺にすわってシャンパンで乾杯。
この流れもすごいけど

「メグって お酒 強いの?」

といきなり名前呼びで
拓人の女の子扱いの慣れてるかんじが半端ない。

「そっちは?」という恵に

「そっちじゃなくて 拓人。」

・・・・。

でも恵はそういうの慣れてないみたいで
名前呼びはしてくれず

「そっちは?」

と返す。

「何で今まで 会わなかったんだろうね。」

「クラス違うし。」

「いっぱい いるんだろうね 卒業まで 会わずにいる子。

 何か もったいないね。」

「そうかな。」

「えっ?」

「会わなきゃいけない人には

 絶対 会えるんじゃない?」


さらりとこういう発言をいってしまえる拓人は
このままホストになれるんじゃないでしょうか。

海辺でたわむれる仲良しカップルが
月9ドラマのようでキラキラしててほほえましい。

からになったシャンパンのびんに
3年後の自分への手紙を書いて
砂に埋めることに。

帰る前に携帯番号おしえての流れも
慣れすぎててさすが。

家に帰った恵。
母から携帯がなっていたとききどっきり。
彼氏ができたらつれてきなさいよと
言われました。

「どんなのが来たってびっくりしないから。」

「ホントに どんな人でもいいの?」

「ええ。

 健康で元気だったら何だっていいわよ。」

うわ〜・・。
どんなのが来てもいいって言いながら
健康で元気というのが前提って
この先すごいキツそう・・。

仲良しの恵親子とは違い
拓人のほうは親からは無関心。
総合病院経営の実家の両親が
医学部にいく弟のほうにしか興味がなく
拓人の進路の話もろくにきいてくれず。

その後も面接に落ちまくりますが
目の前で履歴書ビリビリ破る面接官とか
ひどすぎる・・・。

さりげない会話で恵のバイト先をききだした
拓人はサークルの向井先輩といっしょに
そのファミレスへ。
どういうわけだか先輩が恵にロックオン?!

恵とはつきあってはいないけど
軽い会話でもりあがれる仲。

そんなとき、就職の面接でいっしょになったことがある
男子学生が自殺したときき葬儀に出席した拓人。
息子の死を嘆き悲しむ両親の姿。

帰り道に恵から、100社 受けて全部 駄目だったらしいと
きかされました。

就活で否定されつづけると
自分はなんの価値もないダメな人間だと感じて
落ち込むようになるらしいですが
100社になったら死のうと思ってしまうのも
無理ないかもですね・・。

そこでいきなり

「ねえ。

 キスしていい?」

といいだす拓人。

「はっ?」

「いや… キスしていい?」

「何で今 そういう冗談 言えるわけ?」

「冗談じゃないけど。」

「何 考えてんの?」

「何も考えてない。」

「それで キス?」

「駄目?」

「最低。

 そういう人だと思ってなかった。

 私 どっかで思ってた。

 面接で 携帯 鳴ったとき

 本当は 私のこと助けてくれたんじゃないかって。

 全然 違ってた。」

拓人はきっとぬくもりがほしかっただけなのかも
しれないと思うけど、声をかけたら
いくらでもキスさせてくれそうなガールフレンドの
4〜5人くらいいそうでも恵には無理だよな・・。

医学部受験のため弟と両親が上京しても
母は弟のことばっかり。
名前も知らない会社に勤めるくらいなら
病院の事務をしたらどうかとすすめられる。

また恵と面接がいっしょになり
恵は前の学生と答えがかぶって
うまく言えず。
拓人も最初は面接官にうけのいい
答えを用意していましたが
突然笑いだし中断してしまいました。

「私が学生時代に 一番

 学んだことは企画することの楽しさです。

 といいますのは 私は 大学で

 オールラウンドサークルに所属しておりそこで

 副リーダーとして…。

 フフフフ。」

「どうされました?」

「すいません。」

「続けてください。」

「僕が 学生時代に学んだことは…。

 キャラクターを演じることです。

 小学校 中学校では教室で 浮かないよう

 はじかれないように 演じて…。

 家では 親の期待に

  応える子を演じました。

 親の期待に 応えられなくなった

 高校のころには

 家でも学校でも

 ちゃらちゃらしたキャラクターを

 演じるようになりました。

 まあ意外と それが受け入れられて

 「拓人は ああいうやつだから」って

 認めてもらえるようになりました。

 大学に入ってだいぶ 演じることから

 解放されましたが

 就職活動が始まったらまた

 演じなくちゃいけなくて。

 面接の練習して…

 鏡の前で何度も何度も 練習して…

 面接で 初めて会った人に

 数分で判断されて…。

 「不採用」っていう はんこ押されて…。

 全否定された気分になって…。

 それが 50回も 80回も 100回も続いたら

 何のために生きてるか分からなくなって

 生きてるのがバカらしくなるんだろうなって…。

 あっ…。

 何か答えになってなくて すいません。」


結局その素の顔をみせたのが
気に入られて拓人はようやく合格。

「あなたは 面接で ホントの自分を少し 見せてくれました。

 一緒に働いてみたいと思いました。」

合格したのはいいけどこの会社の健康診断で
もしかして病気が発覚するの??

就職内定を報告しようとしても弟が大学合格したので
母はそっちで頭がいっぱい。

恵は不採用で4月からも今のファミレスの
バイトを続けて就職活動を続けることに・・。

そのあと拓人が恵を待っていました。
内定をもらったことを報告。

「お通夜のときは ごめんね。」

「ううん。 私も ごめん。

  坂下君が亡くなったことホントにショックだったんだよね。

 あれからも ずっと 坂下君のこと心の中にあったんでしょ?」

「そんなんじゃないけど。」

「そうだよ。就活で ちょっと話しただけの

 坂下君の お通夜に行くぐらいなんだから。」

「自分だって そうじゃん。」

「何か 照れてる?」

「俺?」

「やっぱり 照れてる。」

「照れてない。

死ぬとき 怖くなかったのかな。」

まじめな顔の拓人。
 
「寒くない?」

「ううん。 全然 寒くない。」

といいながらくしゃみする恵。

「アハ。 ホントに寒くないから。」

恵の首に自分のマフラーをまいてあげました。
モテしぐさが普通にできてる・・・。

「こういうのって 彼女にしかしちゃいけないんだよ。」

「何でかな。

 守りたくなる。」

そういうのも彼女にしか言っちゃ・・・。

面接のときのことを思い出す恵。

「あのときも?」

でもその先にはすすまない。

「遅いから帰ろうか。」

自転車に乗ろうとした拓人の手がしびれて
倒してしまいました。
前にもフットサルのときに足がつったようになって
いたし身体に異変が・・。

「バイバイ。」

「バイバイ…。

拓人。」


拓人とよんでくれた恵。

自転車で帰る恵を見送る拓人。
さっき変だった右手が気になるけどそのまま。
そしてタイムリミットを告げるような時計の刻む音。




拓人がいずれALSを発症することがわかっていて
その兆候があちらこちらにみられますが
初回は就活の話がメイン。
拓人みたいにイケメンかつ世間の渡り方も
うまそうなタイプならここまで苦労せずとも
内定のひとつやふたつちゃっかりとれそうなのに
からっぽな内面を見抜かれてしまうから?
就活で全否定されて悩む若者たちの話は
また別ドラマでじっくりとりあげてもらいたいです。

就職きまって、恵との仲も進展しそうで
希望あふれる拓人を襲う残酷な病気・・
このままキュンキュンする恋愛ドラマをみていたいけど
そうはいかないのね・・。





澤田拓人 三浦春馬
本郷恵 多部未華子
向井繁之 斎藤工 
水島 守  風間俊介 
村山陽菜  山本美月 
谷本医師  吹越満
澤田昭夫  小市慢太郎 
澤田佐和子  原田美枝子
澤田陸人 野村周平
本郷翔子   浅田美代子






2014.01.09 Thursday 10:43 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮 第1話「医師が消えた?」 | main | 医龍4〜Team Medical Dragon〜 第1話 >>









僕のいた時間 第1話:難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?
すでに病気の兆候が…Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 難病モノだからなぁ・・・と内容がシリアスになりそうってーんで躊躇してたのに 就活もこれまたシビアで、自殺者が出る展開・・・ しかも春馬くんは、ちょっとチャラくて、いい人なんだか悪い奴なんだかわからんし、
| あるがまま・・・ | 2014/01/09 11:39 AM |
僕のいた時間 #01
『難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?』
| ぐ〜たらにっき | 2014/01/09 12:55 PM |
僕のいた時間 - 三浦春馬 多部未華子
僕のいた時間 水曜 22:00 フジテレビ 2014年1月8日〜 [キャスト] 三浦春馬 多部未華子 斎藤工 山本美月 野村周平 吹越満 浅田美代子 原田美枝子 ほか [スタッフ] 脚本:橋部敦子 プロデュース:橋本芙美 江森浩子 元村次宏 編成企
| 新ドラマQ | 2014/01/09 2:34 PM |
僕のいた時間 (第1話・1/8) 感想
フジテレビ『僕のいた時間』(公式) 第1話『難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?』の感想。 就職活動に苦労する大学生・拓人(三浦春馬)は、面接中に携帯電話が鳴ってしまった恵(多部未華子)をかばい、自分の電話が鳴った素
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2014/01/09 4:00 PM |
僕のいた時間「難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?」
冒頭、あまりの難病度と、お気の毒・描写にタジッ「…無理かも」と躊躇したのですが、三浦春馬、多部未華子、斎藤工、というキャスティングに惹かれて、おそるおそる様子見。元気時代から始まるのですが、就活のシビアさを「これでもか!」で、ついに自殺者まで出るシリ
| のほほん便り | 2014/01/09 5:49 PM |
【僕のいた時間】 第1話 感想
面接の練習して。 鏡の前で何度も何度も練習して…面接で初めて会った人に数分で判断されて…。 「不採用」っていう判子押されて…。 全否定された気分になって…。 それが50回も80回も100回も続いたら何のために生きてるか分からなくなって 生きてるの
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2014/01/09 11:55 PM |
僕のいた時間 第1話★三浦春馬と多部ちゃん、メッチャ好印象
僕のいた時間 第1話 吉高由里子の『美丘-君がいた日々-』を男女裏返しにしたような話なのかな・・・。 『君がいた日々』ってのと『僕のいた時間』ってのも、どことなく微妙に似てるんだけど、そんなことはどうでもよくて三浦春馬と多部ちゃんの印象が凄く良かった
| 世事熟視〜コソダチP | 2014/01/10 11:31 AM |