<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

医龍4〜Team Medical Dragon〜 第3話

第3話



 朝田龍太郎(坂口憲二)、加藤晶(稲森いずみ)、
伊集院登(小池徹平)、荒瀬門次(阿部サダヲ)がL&P病院の
施設を借りて手術を予定していた拡張型心筋症の
小児患者・富田加奈(玉野るな)だが、手術に必要となる薬が
使えないことが判明した。藤吉圭介(佐々木蔵之介)が
研究中の心筋シートを使えば手術は可能だが、まだ
認可が下りていなかった。
 そんな中、L&P病院に入院中の加奈の様態が急変する。
緊急手術が必要となり、朝田は苦渋の決断で救命のための
最小限の手術を行うことを提案するが、藤吉はあまりにも
リスクが高すぎると反対する。打つ手をなくして黙り込む
チームドラゴン。そこへ桜井修三(平幹二朗)がやってきて
ヒルジンを使うようにと指示を出す。ヒルジンは、加奈が
使用できない薬の代用にはなるが、日本では未認可の薬だった。
患者のためにベストを尽くすのが医者だという桜井の言葉を
聞き、ヒルジンを使う決意をする朝田たち。
カンファレンスルームでの朝田たちの会話を廊下で
立ち聞きしていた木原毅彦(池田鉄洋)は、慌てて
岡村征(高橋克典)に報告に向かう。朝田たちが手術に向かおうと
カンファレンスルームを出ると、目の前に岡村が立ちはだかり…。
 朝田たちによる加奈の緊急手術が始まった。見学室には
藤吉、岡村のほかL&P病院の医師や研修医たちが集まってくる。
そんな中、手術を行っていた朝田の手が急に止まってしまう。




患者はヒルジンをつかえばオペができる。
桜井先生が米軍のベースから電話一本で
とりよせたヒルジンですが日本では未認可でつかえない。
でもこのL&Pは医療特区に認定されているから
ヒルジンを使用してもよいと岡村にいわれ
チームドラゴンはオペ室へ。

「これより 三尖弁形成術僧帽弁形成術 および

 オーバーラッピング法による左室形成 術を行う。」

「心機能 低下のため人工心肺補助は60分で 終了させる。」

「患者の状態からしてそれ以上 人工心肺を回せば

 離脱できなくなる。」

60分で3つのオペは無理。
でもそれを可能にするのがチームドラゴン。

「オペの難易度より 患者にとって

 ベストな方法を 選択するのが

 朝田 龍太郎という男だ。」

木原先生、チームドラゴンをすごく信用してる。

その様子をモニターで木原先生と研修医たち、
藤吉先生と岡村も見守り
素晴らしい連携、高度な技術に見学者たちから
賞賛の声。

「こんなに美しいオペは見たことがない。」

でもこんなに最新機器もそろい
停電も心配なさそうなところでも
必ずチームドラゴンにはトラブルがおそいかかる。

弁尖に細菌の塊が付いていて
感染性 心内膜炎を併発していることが発覚。
処置はしたものの)オーバーラッピングのオペは
残したまま時間はあと5分。

「オペを終了する。

今 俺たちに できることはここまでだ。」

ご機嫌で鼻歌を歌う野口劇場がうつしだされる中

「朝田が 負けた。」

「三尖弁 僧帽弁の 形成術を驚異的なスピードで終わらせた。

 しかも 時間が足りない状況で

 乳頭筋 筋切術を瞬時の判断で 追加した。

 一命を 取り留めただけでも奇跡ですよ。」

「あいつらにとっては奇跡なんかじゃない。

 一命は 取り留めたが心臓の状態は 変わってない。

 いや。オペで 負担をかけた分

 残存心筋の収縮は悪くなっている。

 オーバーラッピングができなかったのは

 朝田にとって 間違いなく敗北だよ。

 このまま オペを終えたとしても心筋症は 残ったままだ。

 また すぐに 心不全を起こす。

 次は 移植でもしないかぎり助けられない。」

敗北感がただよう中、藤吉先生が
患者の筋芽細胞から培養した心筋シートを持って
オペ室にはいってきました。

その心筋をつかってオペを続けるチームドラゴン。

「太ももの筋肉から 採った細胞が

 心臓の筋肉に 変わるなんて。

 これは まさに 革命だ。

 僕は 歴史が変わる瞬間に立ち会っている。」

「最高レベルの外科手術と

 最先端の

再生医療の マリアージュ。」


心筋シートがつかえたのは野口先生が
暗躍したから。
野口先生が医療国際化 推進委員会委員長となり
日本ではまだ認められていない治療も
特別に認められてのこと。

「世界最先端の医療をわが国から 発信したい。
 
 そのため医療国際化 推進委員会は

 新たな一歩を踏み出しました。

 それが 医療特区をさらに 一歩 進めた

 スーパー医療特区なのです。」


「これで チームドラゴンは

野口に 大きな借りを つくった。」


女の子は救われたけどそのために
藤吉先生がとらわれてしまった。
藤吉先生はL&Pメディカルラボ 研究員に。

「スーパー医療特区を 認めさせ

 そこでの 心筋シート治療と引き換えに

 藤吉を 見事に 釣り上げたわね。」

野口先生の横には藤吉先生。

「このたび L&P病院と藤吉先生が

 タッグを組むことと なりました。

 世界に誇る 最先端の設備と

 スーパー医療特区という申し分のない環境を

 兼ね備えているこのL&P病院で

 研究をしていただくことになります。」

テレビでみている岡村と鬼頭。

「彼の研究が 実用化されれば世界中の患者を

 助けることが できる。

 つまり 彼の研究が 世界に売れL&Pに

 莫大な利益がもたらされる。」

「フッ。最先端医療の研究も権利ビジネスの一環です。

  研究の権利を しっかりと押さえておかなければ

 われわれの手で 大勢の患者さんを

 救うことは できませんから。」

「日本の医療も 国際的な競争力を持たねば

 ならない時代なのです。

 THE SHOW  MUST GO ON!」


野口劇場すてきww

「 傑作だな。」

ほんとにww

「彼 インドの水が合うといいんだけど。」

って鬼頭先生がいってる!!

「大丈夫でしょう。

  一人で行くわけじゃありませんから。」

チームドラゴン全員インドにいかせるつもり??

チームドラゴンの次のターゲットは加藤先生・・!



患者のためなら条件をのむのも
あたりまえな先生たちがそろってるので
(荒瀬はわからないけど)
こんなに御しやすい相手もいないでしょう。

でもここまでできるチームドラゴンって
もはや日本の宝だよ?!
インドにやらずここにおいといても
患者は殺到するだろうし
世界中のVIPくらいつれるって!!
あ、今はまだ桜井病院に籍があるんだっけ。
でもやっぱりL&Pに引き抜くだけで
充分な気がする。

野口先生はあいかわらずせこいけど
先生のおかげで絶望的な患者さんが
救われたのはたしかなので
やはり世渡りうまいああいう人も
いなくちゃダメなんだよ。



朝田龍太郎 坂口憲二
加藤晶 稲森いずみ
伊集院登 小池徹平
荒瀬門次 阿部サダヲ
藤吉圭介 佐々木蔵之介
岡村征 高橋克典
桜井修三 平幹二朗
鬼頭笙子 夏木マリ
野口賢雄 岸部一徳










2014.01.24 Friday 10:16 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< 僕のいた時間 第3話 | main | 凪のあすから 第16話「遠い波のささやき」 >>









医龍4 (第3話・1/23) 感想
フジテレビ『医龍4』(公式) 第3話『神の手からこぼれた患者』の感想。 朝田(坂口憲二)らは拡張型心筋症の6歳の患者・加奈(玉野るな)の緊急手術の準備を進める。だが、検査で加奈には人工心肺に不可欠な薬物「ヘパリン」が使用できないことが判明。万策
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2014/01/24 12:22 PM |
医龍4 第3話
朝田(坂口憲二)、加藤(稲森いずみ)、伊集院(小池徹平)、荒瀬(阿部サダヲ)がL&P病院の施設を借りて手術を予定していた加奈(玉野るな)ですが、手術に必要な薬が使えないことが判明します。 藤吉(佐々木蔵之介)が研究中の心筋シートを使えば手術が可能です
| ぷち丸くんの日常日記 | 2014/01/24 3:21 PM |
医龍4〜Team Medical Dragon〜KARTE:03:神の手からこぼれた患者
加奈ちゃん助かった…(= ̄▽ ̄=)V やったね だけどそれは、日本では未認可のヒルジンや心筋シートを使えたおかげ。 それが使えたのは野口のおかげって事になるのかなぁ その結果、加奈ちゃんの命は助かったわけだけど、純粋に患者を救いたいとの一心で 必死であの手
| あるがまま・・・ | 2014/01/24 3:34 PM |
「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第3話 神の手からこぼれた患者
 あぁ・・・・加奈ちゃんの命を救うために藤吉先生(佐々木蔵之介)が「心筋シート」の権利ごと身売り・・・ わかっているよ、藤吉先生・・・ 好きでL&Pのバッチ付けてるんじゃ ...
| トリ猫家族 | 2014/01/24 4:47 PM |
医龍4〜Team Medical Dragon〜 #03
『神の手からこぼれた患者』
| ぐ〜たらにっき | 2014/01/24 7:38 PM |