<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

医龍4〜Team Medical Dragon〜 第5話

第5話



 朝田龍太郎(坂口憲二)は、荒瀬門次(阿部サダヲ)から
桜井修三(平幹二朗)の体重が急速に落ちていることを指摘され、
検査を勧めることにする。一方、岡村征(高橋克典)の誘いで
L&P病院へ移った加藤晶(稲森いずみ)のところへやってきた
鬼頭笙子(夏木マリ)は、岡村には秘密があると告げる。
 同じころ、野口賢雄(岸部一徳)は岡村を呼び出していた。
桜井総合病院に患者が移りつつあることを危惧した
羽垣院長(藤木孝)が、最短時間を目指して行うオペに
最高のスタッフを用意するように指示を出す。やがて
岡村がオペのメンバーを報告に行くと、羽垣は麻酔科医を、
優秀だと評判の「桜井総合病院の麻酔科医」に
するように命令する。  桜井総合病院では、朝田を中心に
次のオペのカンファレンスが行われていた。そんな中、
荒瀬と朝田を呼び出した桜井は、岡村の要請を告げる。
断ろうとした荒瀬だが、執刀医が羽垣と聞き驚く。
 15年前、羽垣は荒瀬の忠告に耳を貸さずに患者を
死亡させたあげく責任を麻酔科医に押し付けていたのだ。
話を聞いた朝田は今の荒瀬なら患者を救えるはずだと助言。
荒瀬はオペに参加することを決意する。
 患者である7歳の山城蓮の経食道エコーを見ていた荒瀬は、
重大な症状を発見。予定しているオペでは蓮を救えないと
木原毅彦(池田鉄洋)に訴えるが、院長の診断に異論は
唱えられないと一蹴されてしまう。荒瀬は蓮の母親のもとへ行き…。





今回のターゲットは荒瀬。
誘いに乗る気なんかないのを
執刀医の院長が因縁のある相手であることと
朝田に後押しされたのとでひきうけることに。

院長が自分のことを覚えてるとはと驚いていたけど
院長は覚えてるわけじゃなく評判の麻酔科医という
噂をきいただけ。
しかも「麻酔科医ふぜい」という考えの外科医。

荒瀬が術前検査で発見した症状で別のオペを提案しても
大動脈弁置換術の最短記録にしか興味のない院長は
聞く耳をもたず。

一度はセカンドオピニオンということで朝田に
むいた患者の母は、院長にうまくいいくるめられて
絶好のチャンス(スーパードクターにみてもらえたのに)を
逃してしまいました。

それでも朝田の「患者を救えるのはお前だけだ。」
という言葉に勇気をもらいオペに参加する荒瀬。

この場でも左室流出路狭窄の処置もすべきだと
くいさがりますが院長はまったくきかず。

「オペの方針は私が 決定する。

 麻酔科医は 黙って指示に 従っていれば いいんだ。」

「あんた また 同じミスを犯すつもりか?」

「何の話だ?」

「15年前。あんたは 俺の意見を聞かずに患者を死なせた。」

「15年前?」

「プラークのある部位に挿管したせいで血栓閉塞ができて

  脳梗塞で亡くなった患者が いただろ?」

「そんな患者のことは知らん。」

「覚えてないのも無理はないか。

 責任は 麻酔科に押し付けてそれっきりだったもんな。」

「オペ室の コンダクターは外科医だ。

 麻酔科医は足を 引っ張らないことだけを考えていろ。」

荒瀬の意見を無視して最短記録更新に成功した院長。
その後、アラームがなり患者が急変。

荒瀬が指示を出しますが院長と意見が対立。

「オペをしたこともないくせに余計な口出しを するな。」

「やったことのないオペだから 怖いのか?」

「ここでの決定権は私にあると 言ってるだろ。」

「あんたの 間違った決定のせいで

また 患者を死なせるのか!」

「いいから 私の指示に従え。」

上からみていた岡村がそこで口をはさみました。

「荒瀬先生の指示に従ってください。」

「何だと!?」

「あなたの 誤った判断で

 患者を死なせるわけには いきません。

 あなたは もはやコンダクターではない。」

「貴様 誰に向かって口を利いているのか分かってるのか!」

「羽垣院長。

 もはや ここにあなたの居場所は ありません。」

「私は 弁置換の最短記録を更新した…。」

「ご退室 願います。」

こういうときは岡村の権力が役に立つ。

その後、荒瀬の指示で木原先生が執刀。
アクシデントのための難易度の高いオペを
できないという木原先生に

「俺の言うとおりに やればできる。」

という荒瀬。

「絶対 無理だって。

 この状況で ロスができるのは朝田ぐらいだ。」

「俺が お前を朝田にしてやる。

 今 ここで

患者を救えるのはお前しか いない。

 やれ。」


木原先生、荒瀬のいうとおりに動き
オペは成功。
まあまったく腕がないわけでもないので
助かったというか・・。

加藤先生もいたのに加藤先生にはいかせずに
そのまま木原先生にやらせた岡村。

「荒瀬先生は 素晴らしいコンダクターですね。」

木原先生はこの先一生自慢しそうだけど
命を救ったのはたしかなので
少しくらいはいいか。

荒瀬をスカウトする岡村。

「昨日のオペを見て分かりました。

 外科医が 頂点に君臨する時代はもう 終わりです。

 麻酔科医は 手術の方法や

 結果をデータベースとして 蓄積している。

 だから 豊富なデータに基づいた正確な判断が できる。」

「ずいぶん 持ち上げてくれるな。」

「これからは麻酔科医を 中心とした診療体系を つくります。」

「そのために あなたにL&Pに 来てもらいたい。」

「ごめんだな。

 俺は もう朝田以外と 組む気はねえよ。」

「確かに お二人が組めば美しく 完璧なオペが可能でしょう。

 ですが 昨日 先生が自ら 証明してくださったように

 あなたがいれば 木原先生でも朝田先生になれる。

 朝田先生を 10人 集めることは不可能でしょうが

 優れた麻酔科医である あなたがコンダクターとなることで

 10人の朝田先生をつくることが できるんです。

 結果 救われる患者さんが増えるんですよ。」

「それは 結構な話だな。

 でも あの院長が いるかぎり無理だと思うぞ。」

「羽垣院長には辞めていただきました。」

「辞めた?」

「私は 本気で麻酔科医中心の 病院をつくるつもりです。」

「そんなのは 不可能だ。

 院長が 誰に代わっても

 あんたの理念に共感できるとは 思えないね。」

「次の院長は共感してくれます。」

「そんなやつ いるのか?

 まさか あんた 自分で院長 やるつもりなのか?」

「いいえ。」

「じゃあ 誰が?」

「次の L&Pの院長は…。

 荒瀬先生。 あなたですよ。」

「ハハッ。何 バカなこと 言ってんだ。」

「先生に 院長として来ていただければ

 L&Pは 本当の意味で最先端の医療施設に

 生まれ変わることが できます。

 藤吉先生の 再生医療。

 加藤先生の 小児用 人工心臓の研究も

 先生がトップに立ってくださればより 効率よく

 効果的に進めることが できるでしょう。

 荒瀬先生。麻酔科医を中心とした

 理想の病院を つくりましょう。」

さすがくどきかたがうまい。
10人の朝田をつくるコンダクターの時点でも
ちょっと気持ちが動いていたけど
それだけではダメなことをよく知ってる。
しっかり院長という座を用意してました。

朝田に報告。

「その後 お師匠さんはどうだ?」

「取りあえずは 落ち着いた。」

「すぐに 精密検査を受けた方が いいな。」

「分かってる。」

「 L&Pに運べ。」

「L&P?」

「俺 L&Pの院長になるわ。

 もちろん こっちでオペがあれば今までどおり 入る。

 うちの がきも春には小学生だ。

 最近 柄にもなく後に続く

人間のことを考えるようになってな。」

「そうか。

 お前なら できる。」

そして桜井院長は朝田につきそわれてL&Pへ。
野口先生も何やら知っているようで・・。

「彼が 朝田の師匠なの?」

「ええ。 そう聞いてますが。」

「へえー。 そう。 これは面白いことに なってきたね。」




手術のためとはいえ桜井院長までL&Pに
いってしまって桜井病院がどんどんさびしい状態に
なってきた・・伊集院もスカウトしてあげて!!

荒瀬を院長にとはよく考えたものですが
そんなに簡単に院長交代できるってことは
荒瀬も同じってことで院長という座でも
安泰じゃない。あくまでチームドラゴンをすべて
手中におさめるまでのエサだよなあ・・。



朝田龍太郎 坂口憲二
加藤晶 稲森いずみ
伊集院登 小池徹平
荒瀬門次 阿部サダヲ
藤吉圭介 佐々木蔵之介
岡村征 高橋克典
桜井修三 平幹二朗
鬼頭笙子 夏木マリ
野口賢雄 岸部一徳










2014.02.07 Friday 08:47 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< 僕のいた時間 第5話 | main | 凪のあすから 第18話「シオシシオ」 >>









医龍4〜Team Medical Dragon〜 #05
『天才麻酔科医が決断する』
| ぐ〜たらにっき | 2014/02/07 12:41 PM |
「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第5話 天才麻酔科医が決断する
 ついに荒瀬まであのバッジを・・・・ てか、桜井院長の検査入院に付き添う朝田が息子のようで微笑ましかったわ〜 (*´ω`*) HPはこちら   振り返ってみましょう・・・ L&P病院 ...
| トリ猫家族 | 2014/02/07 3:50 PM |
医龍4 第5話
朝田(坂口憲二)は荒瀬(阿部サダヲ)から、桜井院長(平幹二朗)の体重が急激に落ちていると指摘されて、検査を勧めることにします。 岡村(高橋克典)の誘いでL&P病院へ移った加藤(稲森いずみ)を、鬼頭(夏木マリ)が訪ねて来ます。 鬼頭は加藤に、岡村には
| ぷち丸くんの日常日記 | 2014/02/07 4:06 PM |
『医龍4 〜Team Medical Dragon〜 #5』の感想と視聴率/映画見聞録 ※ネタバレ注意
坂口憲二(37)主演のフジテレビ系連続ドラマ『医龍4 〜Team Medical Dragon〜』(木曜後10・00)の第5話が6日に放送され、視聴率が11・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが7日、分かった。初回は11・6%、第2話は12・8%、第3話は1
| 映画見聞録 | 2014/02/07 6:03 PM |
医龍4〜Team Medical Dragon〜KARTE 05:天才麻酔科医が決断する
にゃ、にゃんと!Σ(゚∀゚;) えっ! 荒瀬が院長とな!?もちろん、院長という立場がほしくて行くわけじゃない。 全ては患者を救う為。そして後に続く人間の事を考えての事・・・ L&Pに移っても、朝田との信頼関係は揺るがないんだろうけど、まさか荒瀬が 引き抜きに
| あるがまま・・・ | 2014/02/07 11:16 PM |
医龍4五話&最高の離婚スペシャル2014&ロストデイズ五話感想
■医龍4五話 優秀すぎるぞ(笑)荒瀬門次(阿部サダヲ)。。この人が目立つと面白くなるのはたしかだが、木原(池田鉄洋)まですごいオペを成功させてしまった(笑) 麻酔科医として色々な手術に立ち会うので、様々な術式を頭に叩き込んでこれた荒瀬。よって木原に正確な
| NelsonTouchBlog | 2014/02/09 10:58 AM |
《医龍4〜Team Medical Dragon〜》★05
桜井院長の体重が急に3kg落ちたと、荒瀬が朝田に知らせた。優秀な麻酔科医と朝田が認めているから教えたと言った。 荒瀬は、昔、大変な目に遭っていた。 L&P病院に移った加藤は、順調に研究が進んでいた。 そこに鬼頭が現れた。医療はビジネスではないと思ってい
| まぁ、お茶でも | 2014/02/12 12:32 AM |