<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕のいた時間 第8話

第8話



 拓人(三浦春馬)は、恵(多部未華子)が何度か自宅に
手伝いに来てくれたことを守(風間俊介)に話す。
恵と繁之(斎藤工)に会いに行き、拓人の手伝いを頼んだのは
守だった。一方、恵は「一緒に暮らすことはできない」と
繁之に伝える。恵とともに恵の自宅に戻った繁之は、
「急ぎ過ぎたのかもしれない」と恵の母・翔子(浅田美代子)に話す。
 主治医の谷本(吹越満)を訪ねた拓人は、広告の仕事で
一定の成果を上げたことを報告する。拓人自身は、
できるだけ長くいまの職場で働くことを望んでいたが、
パソコンのマウスを動かすことができなくなったら
仕事を辞めて山梨の実家に帰ることも考えていた。
拓人が家に戻ると、陸人(野村周平)が来ていた。
実家にいても大学に戻れとしか言われないため、
出てきてしまったのだという。
 そんな折、拓人のもとに翔子がやってくる。そこで翔子は、
恵が「繁之とは一緒に暮らせない」と言い出したことを
拓人に打ち明ける。拓人は、「会って話がしたい」と恵に
メールを送った。恵に会った拓人は、「早く繁之と一緒に
暮らした方が良いのではないか」と助言する。恵は、
そんな拓人に、「一緒にいたい」と自分の気持ちを伝える。
しかし拓人は、「生きているだけで精一杯の自分は、
誰かの役に立てなくなり、誰かのために何も
してあげられない」と返し・・・。





病気そのものはつらいけど、この状況はかなり
恵まれているのでは。

自分でトイレができなくなっていよいよ退職を
決意しても、在宅勤務をすすめてくれる職場。
上司はもちろんのこと、最初は冷たくあたっていた先輩が
病気発覚以降別人のようにいい人で
あの職場のシーンだけで涙がにじむ。

メグは予定通り拓人のもとへ。
先輩、未来がない拓人相手だからと
たかをくくったのかもしれないけど
気持ちは理屈で動くものじゃないから。

息子から自分の人生からでていってくださいと
頭を下げられた母親。
今までの人生をすべて否定され
絶望してもおかしくないけど
でもその母をずっと
求め続けていたもうひとりの息子がいた。

遅すぎることはない。
生きて、まだ拓人が
話せるうちに気持ちを伝えられてよかった。
弟もようやく母に本当の気持ちを話せるまでになり
母は兄弟両方の好きなものを作ってくれるように。

医者の家で跡取り息子を育てなきゃという
プレッシャーも想像はつくし
夫はあんなふうで 親戚の家は二人とも医学部
なんて言われる環境では同情の余地もある。
次はお父さんのほうも意識改革しなきゃ。

このあともどんどん病気が進行していく拓人のそばに
最後まで恵がいっしょにいてくれるなら
それはつらいけど幸せ。
でも恵はどんな状態になっても弱音はかないでね。





2014.02.27 Thursday 11:25 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< 明日、ママがいない 第7話 | main | 俺物語!! 5巻 >>









僕のいた時間 第8話★拓人(三浦春馬)「メグ、俺の隣にいてください。」
僕のいた時間 第8話 恵(多部未華子)は繁之(斎藤工)に会いに行き「やっぱり一緒には暮らせない。」 同棲予定の初日から出戻りです。 そんなことを知らない拓人(三浦春馬)は、ノートに「メグを抱きしめたい」 浜での出来事があったけど、恵(多部未華子)との
| 世事熟視〜コソダチP | 2014/02/27 11:56 AM |
僕のいた時間 第8話:俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ!お母さん!
ちょっ、繁先輩!!!( #`д´)=○)゚3゚)・∵.ガッ 殴り返す事の出来ない拓人相手に何てことするだ! と思いつつも、ある意味、相手が車椅子だろうが遠慮せずに感情をぶつける繁先輩は 拓人の事を障害者とは思わず、対等に見ているのかなと感心したりして・・・
| あるがまま・・・ | 2014/02/27 2:06 PM |
ドラマ「僕のいた時間」第8話あらすじ感想...
一緒にいたい-------------!!人生の決断をする時。あなたの隣には誰がいますか----------?恵の決断。拓人の思い。最後と決めた日。拓人の願い通り抱きしめてくれた恵。その思いを断ち切ら...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2014/02/27 8:16 PM |
君(多部未華子)が僕の隣でふる雪を見ていた時間(三浦春馬)
なるべくしてそうなっていく。 まあ・・・ドラマだからな。 愛されるべき人が愛されて、報われるものが報われるのは虚構の特権である。 もちろん・・・例外はあるけれど・・・多くの犯罪者は逮捕されてもらいたいし、恋人たちはめぐりあってもらいたい。 そういう夢をか
| キッドのブログinココログ | 2014/02/28 1:09 AM |
僕のいた時間 #08
『俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ!お母さん!』
| ぐ〜たらにっき | 2014/03/01 8:49 PM |