<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

月刊 flowers (フラワーズ) 2014年 05月号

月刊 flowers (フラワーズ) 2014年 05月号

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ふろくは萩尾望都先生描きおろしイラストつき
チケットホルダー



うせもの宿

 なくしたものが必ず見つかる不思議な宿。
 そこで働く人は普通の従業員にみえるけど
 女将さんは子どもにみえるし他にもいろいろと
 不思議なことが。
 
 さがしものをみつけたこの人はただ思い出しただけで
 おわるのかな。
 指輪をもって元妻のもとへいったようにも思えないし。

 でも心は少し楽になったか。



AWAY

 おとなが消えた世界に残っていた
 タクシー運転手のおじさん。
 子どもたちもみんなまだ状況がのみこめず
 パニクる中、大人がひとりいるとやはり違う。

 防災教育のしっかりした時代なので
 火事にもうまく対処。

 でも子どもばかりの世界の中で
 その子どもを襲いにきたあの男は
 いったい何が目的??



失恋ショコラティエ

 紗絵子さんから家に帰ることにしたと言われて
 言いたいことを何も言えずにおわった爽太。
 紗絵子さんはここに住みたいという夢も叶ったし
 楽しかったからこれからも頑張るそうですが
 爽太のほうは本音も言えずおいすがることもできず
 表面上はさらっとおわかれ。
 パリに家かりてふたりで住もうとかもっと真剣に
 言ってたらたとえ紗絵子さんが妊娠してても
 こっちを選んでくれたかもなのに。

 タイミングが違ってたらもしかしてという紗絵子さんの
 言葉をばっさり断ち切るオリヴィエがクールで素敵。

 爽太、このままどっぷりと落ち込むの?
 そこまで落ち込むなら心の声のまま
 プライドもかなぐりすてて叫べばよかったのに。



逃げても逃げても

 実際にこういうことってあるんですかね。
 おばさんたちはともかくあの一見こわそうな
 お店の人がファンなんですって言われると
 ちょっと嬉しいものが。

 ベーコンレタスの本ww



月影ベイベ

 おじさんと美女の間にでていって
 「誰なのその女の人」って完全に嫉妬する恋人スタンス。

 笑顔も素敵な美女はきときとテレビの人でした。
 おじさんの胡弓を弾く姿が観たいとキラキラしてるし
 永久保存にするのもほんとにやりそう。

 浩一くんはひたすら気の毒。
 里央、若いのにいい女!
 
 で、おじさん、そこで蛍子の手をにぎっちゃダメでしょー。

 (ふぁぼーれが出てきておおっと思いました。)



とりかえばや

 男のふりしてるのに産むわけにはいかない。

 しかも男として結婚してる正妻も自分も
 同じ石蕗の子をみごもるなんて
 昼ドラでもなさそうな展開。

 石蕗は頼れそうな気がしません。



姉の結婚

 ようやくおさまるところにおさまったというか
 好きな人とも愛し愛されちゃんと結婚もできそう。

 ふたりともいつも以上に激しい。



走れ みつる

 本当にアイドルになってしまうところが
 すごいけどそのあとの展開がけっこうきつい。

 これはぜひとも女優として成功して
 この言葉を実現させてもらわないと。


エンジェルトランペット
 
 ころにゃんたまフェスはもちろん罠でしたが
 キューシルバーが助けてくれました。

 キューシルバー、誰?

 穂刈さんも何者?

 

うさギョロ!

 意図したとおりでもなくても
 ギョロが楽しそうだから。



アシさん
 
 全没の嵐。
 マンガ家さんへの道は
 本当にたいへんなのですね。



さんすくみ

 なんだかんだとあちこち恋の気配?
 工くんはハードル高そうだけど
 3時間もああしてた乙女心がしっかり
 つたわったようでよかった。
 孝仁くん、文句いってたけど
 ナイスプレゼント。



哀しみの果ては、この道の向こう

 なかなか現実を受け入れられないのはわかるけど
 はたから見たら自殺未遂みたいなことまでいくと
 かなり重症・・。

 弟生まれたら大丈夫かな。



末っ子は貧乏神

 その前のマンガ(↑)で
 ちょっともやもや感があったので
 この話はすっきり前向きなかんじでほっとした。

 幸せになるには努力も大事。
 貧乏神、ちっちゃいひな鳥みたいでかわいい。

 
 
 

2014.03.27 Thursday 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 銀の匙 Silver spoon 第2期 第10話「夢」 | main | 凪のあすから 第25話「好きは、海と似ている」 >>