<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

キャプテン・アース 第1話「アースエンジン火蓋を切る」

[ アニメ ]
第1話「アースエンジン火蓋を切る」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


それは真実を求めた少年のーーひと夏の物語。
空に浮かぶ「丸い虹」を見た胸騒ぎに突き動かされて、1
7歳の少年・真夏ダイチは種子島を訪れた。
そこで待っていたのは“アースエンジン”と呼ばれる
白く輝く巨大ロボット。遠宇宙から地球への侵略を企む
謎の知的生命体・キルトガングに立ち向かうため、
夢塔ハナ・夜祭アカリ・嵐テッペイと共にチームを結成するダイチ。
彼らとの絆を通して“キャプテン”として才能を開花させていく






『青く輝く僕たちの星 地球
 
 でもこの地球は 

 みんなが思ってるような 

 平和な星じゃなかったんだ。』

ロケットの打ち上げを見上げる少年。

「もし 父さんが死ぬようなことになっても・・」

そんな幼いころの夢をみていたダイチ。

「ダイチ そろそろ起きろよ」

ドアのノックされおこされました。

『高校二年生の一学期が 今日でおわる。

 つまり 明日から夏休みってわけだ。』

おこしたのはおじさん?
いっしょに学校で三者面談。

陸上部をやめたのは勉強に専念するためかと
思ったのに成績はがた落ちで、
先生から夜遊びを疑われました。

「ずっと 自分の部屋で遊んでました。」

もちろんゲームなんかはやってたけど
どちらかというと本を読んだりネットをみたりして
自分にとって興味のあることを勉強していたけど
そういうのはいわゆる勉強とはいわず
そのくらいのことは理解しているので
言葉に出してはいわない。

もう進路を考える時期なのにという先生。

「将来の夢とかないのか?

 お父さんの仕事をつぎたいとか。」

すると抗議してくれるおじさん。

「先生。父親のことと

 この子の進路は関係ありませんから。」

『今の自分。

 自分のあり方が 

 何か間違ってるような気がするときがある。

 でも ま そんなのは気のせいで

 本当は学校の勉強がわずらわしいから

 逃避しているだけなんだろう。』

ゲーセンで遊ぶダイチは
すごいスコアをだしてまわりからは歓声。
声をかけてきたのは同級生 カガワくん。
ここはカガワくんちのお店だそう。

家につれていってもらうと
そこにもクラスの女子が。
ササキさんとアイザワさん。

「ね ダイチくんも誘っちゃおうよ。

 そうすればきっとアヤナもくるし

 人数が多いほうが 楽しくない?」

いっしょに伊豆の別荘にいこうと誘うカガワくん。

「あのメガネのお父さんがうるさい?」

「その人 お父さんじゃないよな。」

「なんで知ってるの?」

「ダイチのお父さんは

 宇宙飛行士だったんだ。」

「よく知ってるな。」

父はもうなくなっているらしい。

そのときテレビで、種子島上空に
不思議な虹があらわれたという
ニュースが流れました。

ダイチによみがえる過去の記憶。
不思議な虹とダイチといっしょにいる男の子。

『あなたがそうなの?』

という女の子の声。

立ちあがるダイチ。

「ごめん。やっぱり別荘にはいけない。

 でも 誘ってくれてありがとう。」

幼いころの記憶。

ロケット?をみにきたダイチ。

「おお〜〜でっけえ!」

金網の向うにいる男の子が声をかけてきました。

「やあ。その胸にある青いの 何?」

「これ ブルースター!

 父さんにもらったんだ。」


「すごく きれいだね。

 ところで 父さん・・って何?」


現在。
過去を思い出していたダイチ。

「いつからだろう。

 この街に吹く風が苦手になったのは」

不思議な虹の映像を見ているモコとアマラ。

「これって アルビオンの虹?」

「ああ。間違いない。」

「モコちゃん!

 いよいよ明日から そこのマシングッドフェロー

 動かせるよ」

「ええ。きいてますよ。

 私もやっとお役にたてますよ。」

「二人はいつもいっしょだけど

 なあに?そういう関係?」

「違いますよ〜。

 あたしたち そういう関係じゃありませんから。」

というと冗談っぽくデートに誘われました。

「実りの季節だな。

 ついに最後の一人がみつかり

 マシングッドフェローが動き出す。

 我ら 遊星歯車装置。」

「世界の夢をあらわすもの。」

そのふたりの手には歯車のしるしが。

少女の歌声。

「無限に響く声は やさしい記憶の調べ

 いつか交わしたはずの約束の光」

ハッキングしているのはアカリ。

「いいかんじにおもしろそうですな」

「心の片隅で 孤独をなぞる

 どこかで待つ日々を〜〜・・」

眠っているテッペイを見守る科学者?たち。

「体温が38度までさがりました。」

「それはよかった。」

「しかし この現象は 彼のシンギュラリティによるものですね」

「やはりアバターだったのか」

首にさげているネックレスは
昔ダイチがもっていたブルースター。

船に乗っているダイチ。

『僕は あの虹を前にみたことがある』

あのとき金網をとびこえて向う側へおりたダイチ。

「僕を驚かすようなことができたら

 これ あげてもいいよ」

とペンダントをみせました。

「そのフェンスより 高いところからとびおりたら

 驚く?」

「さすがにそれは無理でしょ」

というのにやってみせる少年 テッペイ。

「全然痛くない。」

ペンダントを渡すダイチ。

「いいの?」

「約束だからね。」

「じゃあ 今度は 僕を驚かせてくれたら

 返してもいいよ。」

ブーメランをみごとにとばしてみせて
またペンダントはダイチのもとへ。

「この島の風は 気持ちいいよね。

 僕の名前は 真夏ダイチ」
 
「僕は嵐テッペイ。

 ねえ ダイチ。最後にすごいのみせようか。」

手を開いて不思議な虹をみせてくれるテッペイ。

「うわ〜。うわ〜。すごいね!テッペイ。」

「ダイチは変わってるね。」

「え?何が?」

種子島へやってきたダイチ。

「ただいま」

父の墓へ。
父の名は真夏タイヨウ。

墓前に手をあわせていたのは西久保ツトム。

「トシアキさんから 連絡があった。

 置手紙に行先は書いてなかったが

 たぶん ここにくるだろうって。

 墓参りが済んだら さっさと帰れよ。」

「ねえ おじさん。

 父さんは 本当に事故で死んだの?」

回想。

「NEO解析!」

「これは・・」

「AUOだと思われます。」

「こちら スターエンブレム号。

 緊急発進シークエンス始動!」

「待て!タイヨウ!お前にはダイチくんが!」

「今 インパクターとしてつかえるのはこれだけだ!」

ロケット発進。

「ツトム。希望っていうのは

 今よりも未来のほうが素晴らしいと思えることだ。

 そして 本当の希望は 決断によってしか生まれない。」

「タイヨウ・・」

「とめてみせるさ。

 俺はキャプテンだからな。

 ツトム 地球を頼む。」

地球を守って亡くなったらしい。

「あいつ・・お前の親父は

 本当に立派なキャプテンだった。」


「キャプテン・・?」


父のことを思いだしているダイチ。

「もし父さんが死ぬようなことになっても

 そのときは笑って死ぬから」

『父さんが空に散ってから
 
 この島にくることはなくなった。

 最後にテッペイと それからあの子にあったのは

 それから三カ月くらい前だったと思う。』

あの金網の場所にやってきました。

あの時、テッペイが建物の中につれていってくれました。
鍵のついたドアから簡単に鍵をはずすテッペイ。

『たしか あの夜 

 とにかく テッペイがすごいものをみせてくれるっていうんで

 ついていったんだ。

 まわりはいつのまにかまっくらで

 その暗闇の先に あの子はいたんだ。』

宙にうかぶ球体につつまれた女の子。

「ずっと 眠ったままなんだ。」

球体に手をのばして触れるダイチ。

すると女の子が目をさまし
ダイチにむかって声をかけました。

「あなたがそうなの?」

手に何か持っている女の子。

「ねえ それは 何?」

女の子といっしょに外にでてきたダイチとテッペイ。
テッペイがペンダントをまた大地に返そうとしたとき
みつかってしまいました。

『それきり僕たちは 二度と会えなくなった。』

あのときの部屋にはまた鍵が。

「そりゃしまってるか。

 さて どうしよう・・」

勝手に鍵がはずれ ドアがあきました。

『よく考えると ひとりでくるには

 ちょっと怖いところだなあ。』

階段をおりてすすむけどどうやら
迷ってしまったらしい。

ランドセルをしょってリコーダーで
キラキラ星をふく女の子があらわれ
手招き。

「これ 絶対いっちゃいけないパターンでしょ」

モコをおくりだすアマラ。

「高濃縮リビドー 充填!」

「アブリアクション スタンバイ」

歯車みたいなところから飛びだすモールキン。

「ああ 本当の自分は久しぶり」

地球側も気付きました。

「エンタングルゲート およびAUOを確認」

知事からはキルトガングの予測パターンと一致との報告。

地球めざしてすすむモールキン。

さっきの場所からどんどん下におりていくダイチ。
まっくらになったあと床に歯車がいっぱい見える。

「ここは?なんだ・・?」

敵を感じたらしくその場にすわりこんでしまうダイチ。
上をゆびさす少女。

「まさか あいつが今 地球にむかってるの?」

頷く少女。

「ダメだ!あいつが地球にきたら

 たいへんなことになっちゃう!だろ?!」

モールキンはモードチェンジ。

「どうすればいい?どうすればいい?

 どうすればい?

 僕に何ができる?!」

ダイチの手に銃のようなものがあらわれ
まぶしい光に目をとじると
あたりの場所がかわっていました。

「そこで何をしている?

 驚いたな。

 君はその手にしたものが何か知っているのか?

 君はキャプテンか?

 今一度問う。

 君がキャプテンなのか?」


さっきの言葉を思い出すダイチ。

「僕がキャプテンかどうか

 僕にはわからない。

 でも 空からくるあいつは とめなきゃ!」


武器が光りました。

キルトガングは地球へ直進中。

イクスパンションシークエンスが起動。
コース設定カウントダウン完了、座標オールグリーン。
アースエンジン緊急出撃シークエンスが始動し
ペガサスロケット発が射。

乗り込んでいるのはダイチ。
さっきの銃みたいなものをさしこみました。

「アースエンジンに エネルギー充填を確認!」

「オルゴンエネルギーです!」

「テッペイはどこにいる?

 ライブラスターは?!」

テッペイはメディカルセンターはおらず
ライブラスターは保管庫に確認。

ファーストエクスパンド
セカンドエクスパンド
ファイナルエクスパンドと次々合体し
最終的にアースエンジンインパクターに。

宙に浮かぶアースエンジンインパクター。

「ライブラスターをつかうものが現われたということか」

「我々箱舟派には 憂慮すべき事態です」

「迎撃派の連中には 希望の光を与えてはならない」

「同感ですな。特に 種子島の連中にはね」

と話しあう不穏な人たち。

おくれてやってきたテッペイも
映像をみあげました。

「アースエンジン・・インパクター」

敵にむかっていくダイチ。




前知識なしでみたのでよくわからない・・。
敵はキルトガング、遊星歯車の人たちか。
アマラとかモコがアバターなら
アバターと言われていたテッペイも?

地球を救えるのはキャプテンとよばれる人だけの
ようですが前回の襲撃のときにダイチの父が
命をかけて守った後は大丈夫だったのでしょうか。

ライブラスターはオルゴンエネルギーで動くって
思いの強さで守る系?



(真夏ダイチ)入野自由
(嵐テッペイ)神谷浩史
(夢塔ハナ)茅野愛衣
(夜祭アカリ)日高里菜
(アマラ)鈴村健一
(モコ)坂本真綾
(西久保ツトム)小山力也
(セツナ)工藤晴香
(ジン)内山昂輝
(アイ)山本希望
(リン)潘めぐみ
(バク)豊永利行






2014.04.06 Sunday 15:28 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< 仮面ライダー鎧武 ガイム 第24話「新たな強敵オーバーロード」 | main | ハイキュー!!第1話「終わりと始まり」 >>









キャプテン・アース #01
『アースエンジン火蓋を切る』
| ぐ〜たらにっき | 2014/04/06 7:39 PM |
キャプテン・アース 第01話 感想
 キャプテン・アース  第01話 『アースエンジン火蓋を切る』 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2014/04/07 5:21 AM |
キャプテン・アース 第1話「アースエンジン火蓋を切る」
キャプテン・アース 第1話の感想です テレビで目にした「円形の虹」に、幼い日の記憶を蘇 らせた高校2年生・真夏ダイチ。 夏休み初日、種子島へ旅立った彼は、そこで不思議な少女・エーリアルと出会い、さらに地下深くで巨大ロボット、アースエンジンと対面を果た
| あすたっと | 2014/04/07 8:25 AM |
キャプテン・アース 第1話 「アースエンジン火蓋を切る」 感想
地球を守る“キャプテン”となれ―
| wendyの旅路 | 2014/04/07 6:29 PM |
キャプテン・アース TokyoMX(4/06)#01新
第1話 アースエンジン火蓋を切る 公式サイトからテレビで目にした「円形の虹」に、幼い日の記憶を蘇らせた高校2年生・真夏ダイチ。 夏休み初日、種子島へ旅立った彼は、そこで不思議な少女・エーリアルと出会い、さらに地下深くで巨大ロボット、アースエンジンと対面
| ぬる〜くまったりと | 2014/04/07 7:26 PM |
キャプテン・アース #01「アースエンジン火蓋を切る」
(エウレカ+スタドラ+勇者シリーズ)÷3=キャプテン・アース!? どこかで見た要素がいっぱいですが、どうなるか楽しみ。 決してVVVの二番煎じに成らない様に!もうそこだけが心配だわ。 ・え?夫婦が敵なの!? 鈴村夫妻の会話の妙が良いなぁw つか、お二
| 制限時間の残量観察 | 2014/04/07 8:55 PM |
キャプテン・アース 第1話 「アースエンジン火蓋を切る」 感想
スタドラっぽい雰囲気出しまくりの第1話でしたね。 合体演出はよかったですよ。 戦闘シーンの演出にも期待したいです。 テレビで目にした「円形の虹」に、幼い日の記憶を蘇らせた高校2年生・真夏ダイチ。 夏休み初日、種子島へ旅立った彼は、そこで不思議な少女
| ひえんきゃく | 2014/04/07 11:02 PM |