<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー鎧武 ガイム  第34話「王の力と王妃復活」

第34話「王の力と王妃復活」



「ユグドラシルタワーは オーバーロードの手におちた。

 沢芽市の外へつながるルートはすべて封鎖され

 孤立無援の状況に置かれている。

 紘汰たちの戦いの行方は・・?」


ガイムのガレージに集まるみんな。
紘汰や戒斗に鳳蓮たちも。
中で洗濯物干しも。

「ひとりで自由に出歩けないのって ストレスたまるよねえ。」

「なあ シャルモンのおっさん。

 本当にあの白いアーマードライダーは 別人なんだな?」

「当り前よ!(フランス語)アテクシの目に狂いはないわ。」

「はっ・・適当なこと言ってんじゃないの?」

「はあーっ!これだから素人は!」

鳳蓮、ペコに激怒。

「あーっ!」

「麗しのメロンの君を あんなだっさい偽物に

 みまちがうほうがどうかしてるわよ!」

「わかった!わかったから!」

城之内がしがみついて必死でとめるw

「あいつが貴虎じゃなかったら 一体誰なんだよ、

 なんであんな真似をするんだよ。」

心当たりがある戒斗と耀子。

「もしかすると・・。」

でもそこへミッチが帰ってきました。

「ミッチ!」「ミッチ!」

「連絡がないから心配したよ。」

「大丈夫だった?」

「はい すいません。

「はあー・・よかった。」

「ユグドラシルタワーに潜入して 中の様子を探っていました。

 やはりタワーはオーバーロードに

 のっとられているようです。」

「そうか。でも 本当に無事でよかったよ。

 まあ 座れよ。」

「それにしても なんだかにぎやかですね。」

「こんな状況だからな。みんなで協力しなくちゃ。なあ。」

「別に・・俺はなれあいたいわけじゃなくて

 その・・なりゆきで しかたなく・・。」

「あなたも素直じゃないわね。」

城之内をつきとばす鳳蓮。
壁まで飛んでいった城之内w

「えっ!?」

「おおっ おい!

「おっさん ガレージ壊す気かよ。」

ミッチに何か言おうとする耀子をとめ
自分がいく戒斗。

「どうした?居心地が悪そうじゃないか。」

ユグドラシルタワーの中のレデュエたち。

「アミャデバリェ。

 やっぱり ただの猿ではないみたいだ。

 むしろ工業技術や情報処理能力に関しては

 我々フェムシンムよりはるかにすすんでいる。

 おかげで楽しいおもちゃがつくれそうだよ。

 フフフフッ。」

ガレージから出てきた耀子と戒斗。

「放っておいていいの?」

「やつは信頼されすぎている。

 ここで何をいっても 奴の思うつぼだ。」

戻ろうとする耀子に声をかけるミッチ。

「どうしてここに?戦極凌馬に見捨てられたのかい?」

「君こそ 呉島貴虎になりすまして 

 今度は何をたくらんでいるの?」

「オーバーロードと話をつけた。
 
 今 僕と彼らは協力関係にある。」

「どういうつもり・・?」

「知恵の実は オーバーロードの王が持っている。

 僕に手を貸してよ。

 そうすれば 

 知恵の実を横取りするチャンスをあげる。」

「君は葛葉紘汰を排除するのに 私を利用したいだけ。

 でも 残念ね。

 誰もが君の思惑通りに動くわけじゃないわ。」

「知恵の実が欲しくないのか?」

「私はシドとは違う。

 王になりたいわけじゃない。

 王を この手で生み出したいのよ。

 王になろうとする人間の生き様を

 この目で見届けたいの。」

「何それ・・。全く理解できない。」

「君には何の魅力も感じないって言ってんのよ。

 お坊ちゃん 君は王の器じゃない。

 腰巾着が関の山ってところね。」

「出ていけ!ここは僕の居場所なんだ!

 関係のないあんた達が 

 土足で踏み躙っていい場所じゃない!」

「バカね。

 君の居場所なんて とっくの昔になくなってるわ。

 人を騙し続けてきた君が

 今さら 誰かと寄り添えるはずがないもの。」

ユグドラシルタワーの映像をロシュオにみせるレデュエ。

「シャンボリャム オビリェ。」

「アウレファ ルジュショジュション ショファウ。」

貴虎もいっしょ。

「グリンシャ。」

「シャシャフェ。」

「ジョショボリャカ ショディ レディエ。」

「アアディファ ミョミョフェ。」

「エシャウ」

レデュエたちがでていきました。

「今度は何をはじめるつもりだ。」

「人類の技術を使い

 我が后を蘇えらせるつもりらしい。」

「なんだって?」

「そうなれば もはや 知恵の実は無用。

 つまりは それが レデュエの狙いであろうよ。」

「まさか 貴様 奴に知恵の実を・・。」

「私は ただただ 愛する者の目覚めを望む。

 それ以外はどうでもよい。」

ユグドラシルタワーに戻ってきたレデュエ。
待っていたミッチ。

「どこにいってたんだ。」

「どうしたんだい?

 やけに機嫌が悪いじゃないか。」

「約束は守ってくれるんだろうな?」

「約束?」

「君が支配者になったら

 僕に人類の管理を任せる話だ。」

「フフフフッ・・ああ もちろん。

 私は新しいおもちゃで遊びたいだけ。

 あとは好きにするといい。

 邪魔ものをつぶすのも 

 愛する人を 救うのも。フフッ。」

「本当にうまくいくのか?

 だいたい どうしてロシュオは

 さっさと知恵の実を使わない?」

「理由は簡単さ。

 どうやって王妃にたべさせたらいいのか

 わからないんだよ。

 だって 王妃は とっくに死んでるんだからね。」

「つまり他に方法があれば

 知恵の実にはこだわらないってこと?」

「ああ。」

「自ら強大な力を手放すとは思えないけど。」

「ロシュオはね すっかり枯れちゃってるんだよ。

 王妃のこと以外は何も興味はないのさ。

 だから絶対にうまくいく。」

「フッ・・そうなることを願ってるよ。」

避難所。外にはインベスがうろうろ。

「総合医療メーカー ユグドラシルによる

 大規模テロの続報です。」

「やっぱりつながらない。」

携帯は使えない。

「橋が封鎖され 孤立状態になっている沢芽市ですが

 いまだ政府による打開策は示されておりません。」

「怖いよ。」と男の子。

「大丈夫 大丈夫だからね。

 この子をお願い。私は助けをよんでくる。」

「おあずかります。」

晶が外に出るとインベスむかってきますが
自転車を将棋倒しして逃げる晶。

フルーツパーラーにいる戒斗。
紘汰もやってきました。

「おっ 紘汰。」

「ああ。」

「どうした?なんかくってくか。」

「ああ・・ああ じゃ おんなじもん。」

戒斗の横に座る紘汰。

「黄金の果実ってなんだろうな?」

「どうした?藪から棒に。」

「サガラが言ってた。

 世界を救いたければ 黄金の果実を手に入れて

 支配者になれって。

 でも 俺 それが どんなことかもわかんないだ。」

「あいかわらず小さなことで悩んでるな。」

「全然小さくないだろ!」

「黄金の果実がどんなものかは俺にもわからん。

 だが それが 究極の力であることだけは確かだ。

 俺は それを手にする。

 そのためなら 誰とだって戦う。」

「俺は お前になら 黄金の果実を
 
 譲ってもいいと思ってる。

 お前の戦いがなんであってもかまわない。

 手に入れた力で 世界を救ってくれればそれだけで・・。」

「フッ・・そんな甘い考えでは

 どの道 黄金の果実を手にすることはできない。

 無意味な取引だな。」

「お前な・・。」

「ま 難しい話はあとにして まずは腹ごしらえだ。」

そこに突然レデュエからのメッセージ。

「全世界の人間たちに告ぐ。

 私はフェムシンムの将 レデュエ。

 お前たち猿どもの 新しいご主人様だ。

 もっと早くに挨拶しようと思ってたけど

 地球にある すべての言語を理解するのに

 手間取ってね。

 統一言語をつかいなよ。

 せっかくの情報処理能力も・・。」

避難所でもガイムのガレージでもみていました。

「なんだよ こいつ。偉そうなやつ。」

「しーっ。」

「我々は ヘルヘイムの植物を 自在に操る力がある。

 これから世界中のクラックを活性化させ

 1年以内に地球全域を ヘルヘイムに変える。」

「1年以内って・・。」

「抵抗は無駄だ。降伏してよ。

 そうすれば おまえたち人類の未来は保証する。

 私のおもちゃとしての未来だけどね。

 フフフフ・・アハハハハッ・・。」

「なめたまねしやがって!」

「おい!ザック!」

「考えもなしに飛び出しちゃって。

 追うわよ!」

「あっ はい!」

ザックを追ってでていく鳳蓮と城之内。

フルーツパーラー

「オーバーロードはあんな連中ばっかりかよ!」

「だけどよ 世界中が今の放送を見たんなら

 沢芽市にも救援がくるんじゃないか?」

「救援なんて当てになるもんか!

 甘い考えは 捨てたほうがいい。」

「とにかく こうしちゃいられない!」

そこへ晶が。

「誰かいますか!?助けてください!」

「姉ちゃん!?」

「紘汰?紘汰!取り残された人たちがいるの!」

ミッチとレデュエ。

「何を考えてるんだ。

 これじゃ 完全に宣戦布告じゃないか。」

「だって挨拶は大事だろ。」

「いきなり世界中を敵にまわすつもりか。」

「大丈夫だって 私を信じなよ。

 さて・・猿どもがどうするか 見ものだね。

 フフフッ・・。

 それより やっとできたんだよ。」

「その奇妙な機械が 王妃をよみがえらせる方法なのか?」

「たくさんの燃料が必要なんだ。

 でも問題ない。こっちの世界じゃ

 それがウジャウジャいるからね。

 グリンシャ。」

「ロエ。」

でていくオーバーロード。

ユグドラシルタワーをめざすザック。

「あそこにオーバーロードがいる。だったら・・。」

「止まりなさい!

 無計画に突っ込んでも 意味ないでしょ!」

「ああーっ!嘘!」

とまったザックに鳳蓮がぶつかりさらに城之内も。

「ちょっと!なんで急に止まるのよ!」

「っつうか あれみろ あれ!」

人々をさらっていくインベス。

「助けてー!」

「なんだ あれ?人さらい?」

「無駄話はあとだ!」

「クルミ」「ドングリ」「ドリアン」

変身して助けにいく3人。

「さっさと逃げろ。」

「大丈夫?」

「はい。」

「おりゃっ!逃げろ!」

「ねえ 見て!」

「なっ・・!?」

「ウジャウジャいるわ!」

インベスだらけ!

「戒斗からこいつを預かってる。つかってみるか?」

「いただき!」

「スイカ」

「おやめなさい!」

「ロックオン カモン」

「えっ!?なんだ これ!?」

「スイカアームズ」

逃げるグリドン。

「大玉ビッグバン」

「おい 大丈夫か?」

「全く 試してもいない武器をいきなりつかうなんて

 プロフェッショナルじゃないわよ。

 動けるの?」

「無理です〜〜!」

「仕方ないわね。フン よいしょ!
 
 さあ 坊や いくわよー!」

スイカをもちあげてふりまわすブラーボ。

「あっ あっ あっ あ〜〜!」

さらにスイカを蹴飛ばしたw

「いってらっしゃ〜い!」

お玉スイカがインベスを次々つぶして空へ。

「うわっ すっげえな。

 えっ って・・ちょ!?おい あぶねえ・・!」

上からおちてきて弾みながら
インベスをモグラたたきみたいにつぶす。

「おい 城之内 大丈夫か?

 こっち くんじゃねえ!」

「まあ〜 やるじゃない。」

ブラーボが投げキッス。

最後に割れた。

「目がまわった・・・。」

インベスが避難所へ。

「ジュビリェジエシュイ!」

男の子がつかまりました。
そこへやってきた紘汰たち。

「お姉ちゃ〜ん!」

「サトくん!」

「今助ける!変身!」

「オレンジ」

「レモンエナジー」

「ロックオン」

「ロックオン ソーダ」

「レモンエナジーアームズ」

「花道オンステージ」

「逃げろ!」

「うわー 助けて!」

「しまった!」

「ああっ!なんだ このバカ力!」

「なんだ このバカ力!」

インベスに殴りかかる晶。

「姉ちゃん!」

かわりにつかまる晶。

「離して〜!」

「お姉ちゃん!」

「姉ちゃん!」

「紘汰!その子をお願い!」

晶がさらわれていきました。

「ぜってぇ助ける!!」

「カチドキ ロックオン」

「カチドキアームズ いざ出陣!エイエイオー」

子どもを避難させる紘汰。

「ボク あの中に隠れてるんだ。」

「ありがとう。」

「フルーツバスケット」

「ロックオープン」

「極アームズ 大・大・大・大 大将軍

「ブドウ龍包」

「マンゴーパニッシャー」

「ハーッ!ハッ!」

バロンも加勢。

「無双セイバー」

「火縄大橙DJ銃」

「「ロックオン バナナチャージ」

「ソイヤッ!極オーレ」

しかしレデュエが救いました。

「なるほど。

 今のが デェムシュを倒した力か。」

「お前が邪魔したのか!」

 困るんだよねえ。

 生贄(えさ)集めの邪魔しないでくれよ。」

「生贄(えさ)だと!?」

「それが人さらいの目的か!」

「姉ちゃんもえさだってのか!」

「別にいいだろう?

 どうせ60億人も消すつもりだったんだし。」

「ふざけるな!」

「いいのかい?私なんかにかまってて。

 考えてもみなよ。

 私は世界中に宣戦布告したんだよ。

 だったら 人類のとるべき手は ひとつだ。」

「なんの話をしている?!」

「沢芽市ごとふきとばす気か?」

ユグドラシルタワーにやってきた貴虎とロシュオ。

「これはいったい・・?」

「この街は すでに 我らフェムシンムの領土だ。」

「なんだと?」

「だが それに対して人類は・・。

 四方の海から飛んでくる・・

 あれは兵器だな?」

「戦略ミサイル・・。」

沢芽市めがけて飛んでくるミサイル。

ユグドラシルにいるミッチ。

「繰り返してお伝えします。

 先ほど 12時46分ごろ 日本に向かって

 ミサイルらしきものが発射されたとの情報が

 入ってきました。」

紘汰たち。

「ミサイル・・!?」

「ハハハハッ・・!

 すごいね 人間って。

 目的のためなら 平気で仲間を犠牲にするんだね。」

「そんなわけないだろう!

 だって 沢芽市には

 まだたくさんの人がいるんだぞ!」

「ユグドラシルがしようとしたことを

 もう忘れたのか!」

「フフフッ・・お前たちは

 全世界から見捨てられたんだよ。

 ほ〜ら きたよ。」

空をみあげる貴虎。

「あれが・・。」

「ここはレデユエの口車にのってやるとしよう。

 フンっ!」

ロシュオの力でミサイルがとまりました。

「うっ・・・!」

ミッチめがけて飛んできたミサイルもその場でストップ。

「なんだ!?}

「みるがいい。

 我らが王の力を!」

「フンッ!」

今度はミサイルが消滅。

「消えた?」

「いったいどうなってる?」

「ハハハッ!」

尻もちをついているミッチ。

「これが 知恵の実を手にした力・・・。

 これじゃ 人類に勝ち目なんてない。」

その場に寝そべって笑うミッチ。

「フッ・・フフフッ・・。

 やっぱり僕の判断は正しかった。

 居場所なんていらない!

 世界が終わったあとに 僕の手で

 理想の場所をつくればいいんだ。

 ハハハッ・・・。」



ミッチが順調に壊れてる〜〜。
最後の危なく笑ってるシーンは
予告でみたとき正体ばれかと思ってたのに
まだだったか。とことん堕とすのね・・。

真相を知ったら紘汰はどう出る?
貴虎お兄ちゃんは?
ふたりともショックはうけても
ミッチを見捨てない気がするんだけど。

それにしても知恵の実の力がすごすぎて
たしかに人類に勝ち目なし。

死んでいる后を蘇らせたいって
人柱がどれほどいるんだろう。
そういえばウィザードでも同じようなことしようと
してた人がいるな・・。
もういっしょに仲良く眠ったらいいのに、ロシュオ・・。

けっこうな危機的状況でありながら城之内たちは
ギャグパート。スイカはほんと楽しいわw



仮面ライダー鎧武 葛葉紘汰 佐野岳
仮面ライダーバロン 駆紋戒斗 小林豊
仮面ライダー龍玄 呉島光実 高杉真宙
高司 舞 志田友美
仮面ライダー斬月 呉島貴虎 久保田悠来
仮面ライダーブラーボ 鳳蓮・ピエール・アルフォンゾ 吉田メタル
仮面ライダーグリドン 城乃内秀保 松田凌

チャッキー 香音
リカ  美菜
ラット  小澤 廉
ザック 松田 岳
ペコ   百瀬 朔
葛葉 晶 泉 里香
DJサガラ  山口智充
仮面ライダーデューク 戦極 凌馬 青木玄徳
仮面ライダーマリカ 湊耀子 佃井皆美
デュデュオンシュの声  上田耀司
レデュエの声 津田健次郎
ロシュオの声   中田譲治
ナレーション 大塚芳忠









仮面ライダー鎧武/ガイム 第七巻 [Blu-ray]

仮面ライダー鎧武/ガイム 第八巻 [Blu-ray]

仮面ライダー鎧武/ガイム 第九巻 [Blu-ray]


2014.06.22 Sunday 10:37 | comments(3) | trackbacks(15) | 
<< 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第17駅 「雨上がりの空に」 | main | ハイキュー!! 第12話「ネコとカラスの再会」 >>
ミチコ (2014/06/22 1:10 PM)
honeyさん こんにちは、とうとう 次回は紘汰が真・斬月の正体を知る時が来ますがはたして どうなってしまいうでしょうか?
syou (2014/06/22 2:06 PM)
ものすごく、ものすごく好みな展開が続いて、とても楽しい日曜日を毎週過ごしていますsyouです。
スイカ、本編では久々の登場ながら、圧倒的な存在感(笑)
ミッチが来週には正体を明かしますが、兄さんも紘汰もどう動くかも楽しみですが、お姉さんもどうなるか…。

そして、鳳蓮さんが楽しすぎました(笑)
honey (2014/06/22 7:29 PM)
>ミチコさん

 こんばんは。
 来週が楽しみすぎますね。

>syouさん

 こんばんは。
 ガイム毎回楽しいです!
 スイカ、おかしいけどすごい破壊力w
 城之内もまた活躍できてなによりです。

 来週待ち遠しい!!









仮面ライダー鎧武 第34話「王の力と王妃復活」
仮面ライダー鎧武の第34話を見ました。 第34話 王の力と王妃復活 斬月・真が偽者だと見抜いた凰蓮の言うことが正しいのであれば、一体誰が変身しているのかと首をかしげる紘汰に耀子は、光実ではないかと告げようとするが、そこへ光実が合流してくる。 「ど
| MAGI☆の日記 | 2014/06/22 10:53 AM |
仮面ライダー鎧武 第34話
仮面ライダー鎧武 第34話 「王の力と王妃復活」。スイカは乱暴に転がすと割れます(苦笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG V | 2014/06/22 10:55 AM |
仮面ライダー鎧武 第34話★湊耀子がミッチに「君の居場所なんてとっくの昔になくなってる」
仮面ライダー鎧武 第34話 「王の力と王妃復活」 ユグドラシルタワーをオーバーロードに占拠されて周囲から孤立してしまった沢芽市。 紘汰(佐野岳)らビートライダーズと耀子(佃井皆美)、凰蓮(吉田メタル)や城乃内(松田凌)チーム鎧武(ガイム)らの面々も
| 世事熟視〜コソダチP | 2014/06/22 11:06 AM |
仮面ライダー鎧武 第34話「王の力と王妃復活」
第34話「王の力と王妃復活」 街にインベスが溢れ、外出も出来ない。 チーム鎧武のガレージはすっかり賑やかになってるねぇ。 そこで洗濯物を干すという生活観溢れるガレージ内。 斬月・真が偽物だと見破った鳳蓮を疑うペコ。 地雷踏んだwww
| いま、お茶いれますね | 2014/06/22 11:35 AM |
今日の仮面ライダー鎧武 第34話
「王の力と王妃復活」 ユグドラシルタワーがオーバーロードに選挙され、沢芽市は封鎖され孤立無援状態。 残っているビートライダーズ達はチーム鎧武のガレージに集まっています。 紘汰は凰蓮に斬月・真に変身しているのは貴虎では無い別人で間違いないのかと問
| 地下室で手記 | 2014/06/22 11:37 AM |
仮面ライダー鎧武 34話「王の力と王妃復活」
ユグドラシルタワーをオーバーロードに占拠され、周囲から孤立してしまった沢芽市。 その中で紘汰らビートライダーズと耀子、凰蓮や城乃内は一致団結。 そこへ、何食わぬ顔でミッチ(光実)が帰ってくる。 ガレージの外で耀子と二人きりになったミッチは、オーバーロ
| 大吉! | 2014/06/22 11:50 AM |
仮面ライダー鎧武 第34話 感想
仮面ライダー鎧武第34話 「王の力と王妃復活」 ガレージに戻ってきた光実そこには自分の裏の顔を知っている戒斗や耀子もいるわけで。耀子を自分側に引き込もうと交渉するが軽くあしらわれ「君は王の器じゃない、腰巾着が関の山」と罵倒される レデュエは人類
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2014/06/22 12:00 PM |
仮面ライダー鎧武 第34話 「王の力と王妃復活」
?仮面ライダー鎧武第34話「王の力と王妃復活」脚本 虚淵 玄     銅屋 ジン(ニトロプラス)          監督 諸田 敏紘汰、姉を連れ去られるレデュエの宣戦布告 ...
| スーパーヒーロー駄作戦 | 2014/06/22 1:07 PM |
今週の仮面ライダー鎧武「第34話 王の力と王妃復活」
世界各国とミッチが覚悟完了。沢芽市の明日はどっちだ
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2014/06/22 3:48 PM |
仮面ライダー鎧武 第34話 「王の力と王妃復活」
もう湊さんの相場眼が素晴らしくて拍手喝采してしまったよw 前回の紘汰評といい、今回のミッチ評といい・・・。 しかし、湊さんの導き出した答えが戒斗というのは、ご愛嬌ww ...
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2014/06/22 6:00 PM |
仮面ライダー鎧武 〜王の力と王妃復活〜
仮面ライダー鎧武 アームズアクション鎧武4 10個入 BOX (食玩・清涼菓子)(2014/07/09)バンダイ商品詳細を見る   『仮面ライダー鎧武第34話『王の力と王妃復活』のあらすじは公式サイトでご確認ください。  「燃料」が人の命とは! ありがちな設定に愕然とするので
| ガヴァドンなボログ | 2014/06/22 6:47 PM |
仮面ライダー鎧武 第34話「王の力と王妃復活」
フェムシンムの宣戦布告。 本当に大きく出たなぁ。
| 大海原の小さな光 | 2014/06/22 11:17 PM |
仮面ライダー鎧武 第34話「王の力と王妃復活」
仮面ライダー鎧武 第34話「王の力と王妃復活」
| Hybrid-Hills | 2014/06/23 12:57 AM |
仮面ライダー鎧武の34話をみる
こんばんは。今日は仮面ライダーの鎧武を見ましたです。今週は、レデュエが人類に宣戦
| くにづくり日記まーく3 | 2014/06/26 12:36 AM |
鎧武「王の力と王妃復活」
 引っ越してる間に沢芽市がオーバーロードに支配されちゃってた。ライダーたちの協力体制も確立している模様。いや、カイトはまだ我が道を行っている様子だが。  どうしてもドタバタを入れずにはいられないんだね…。まぁ、ドリアンたちは結局、コメディ要因なんだろ
| blog mr | 2014/06/27 11:35 PM |