<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

シドニアの騎士 第12話(最終話)「帰艦」

第12話(最終話)「帰艦」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


「推定ガウナ本体数 およそ200個体。

 全長は 本艦の20倍。

 体積は8000倍です!」

「なんて大きさなの。」

「対惑星誘導飛翔体・・

 あいつがあとで 俺たちのいるところに。

 しかも今回は 小惑星の重力下だぞ。」

「これを抱えて重力下で戦うなんて・・。

 また生還率がかきかえられるわ。」

「掌位解除。全機 周回軌道へ突入!」

「了解!」

「撃てぇ!」

「地上から ヘイグス粒子砲!」

「各機 隊形を崩すな!

「うわぁ〜〜!」

「被弾した!」

「えっ?」

「第二小隊長からの信号・・消失!」

「ダメだ!回避不能!」

「第二小隊の機体からの信号・・
 
 すべて 消失しました。」

「ぜ・・全滅・・。」

「対惑星誘導飛翔体着弾まで

 あと 一時間!」

「飛翔体 軌道最終修正 開始。」

「これから

 シドニアの高出力粒子砲で

 ガ542の正面に突破口を開く。

 そこから内部へ突入し

 主本体を破壊して。」

「やるしかない。」

「ヘイグス粒子砲 発射用意。」



OP



「着弾まで10(ヒトマル)。」

「うわ・・おおっ・・」

「ガ542 エナ 大きく欠損。

 内部構造 露出。成功です!

 衝撃波拡散。ヘイグス粒子 干渉による

 通信障害が 想定を上回っています。」

「各機きこえる?近くの衛人から 急いで突入して。」

「了解。」「了解。」

「時間がない・・。」とつぶやくユハタ。

ぐるぐる落下していくイザナ。

「うわぁ〜〜!」

「くっ!ああっ・・。

 はっ!」

なんとかたてなおしましたが通信障害。
きこえてくる通信。

「ガ542 エナ 大きく欠損。

 内部構造 露出。成功です!

 衝撃波拡散。ヘイグス粒子 干渉による

 通信障害が 想定を上回っています。」

「近くの衛人から 急いで突入して。」

「了解!」


「ナガテは?」

ナガテと仄。

「レンは 負傷した仲間の救出をたのむ!」

「谷風はどうするの?」

「継衛の背部推進機関には 新型ヘイグス機関の

 試作機が入ってるんだ。

 俺一人なら間に合う!」

「谷風。またお前だけ 特別な装備だな。ずるい。」

「ああ。だから この先は 俺一人で行く。」

「あっ。」

「待って。谷風。

 これ ホウの仇をとるために

 一発だけ残しておいたの。

 私のかわりに ホウの仇をとってくれる?」

「わかった。」

レンからガウナ本体貫通弾を預かって一人でいくナガテ。

「エナ 再生しています。

 開口部がふさがるまで あと3分!」

飛んでいくナガテをみつけるイザナ。

「あっ!ナガテ。」

「艦載ヘイグス砲 臨時分配路からの復旧 未達。」

「第一小隊 開口部から突入する。」

「開口部からガウナの反応。」

「何?」

そこにいた紅すずめ。

「ウフフフフッ。」

「なっ。」

「高速移動するガウナ反応 検出。

 べ・・紅すずめです!」

「止まるな 振り切るぞ!」

「そんな・・あと少しなのに。」

「くそ!」

「サマリ!今いく!」

「来るな!」

「ウフフフッ。」

そこへかけつけたナガテ。
サマリを救いました。

「アッ。」

「継衛。」

「ここは俺にまかせてください。

 主本体の破壊を頼みます。」

「しかし お前一人で・・。」

「継衛には 対ヘイグスコーティングがあります。」

「開口部のエナが 急速に再生しています!」

「早く!」

「わかった!全機 突入!」

第一小隊が中へ。
ナガテは紅スズメに。

「ウフフフッ」

「はっ。」

「ウフフフッ」

「くっ。」

「あっ きゃあ〜!」

「開口部 閉じました!」

「通信途絶!

 逐一状況報告は不能です。」

「各居住域へのヘイグス流路分配 復帰。」

「あとは祈るしかない・・か。」

「ガ542に動き。

 ヘイグス粒子密度が 前方で急上昇しています!」

「まさか 直前で 飛翔体を迎撃するつもりなの?」

ナガテと紅スズメ。

「ぐぐぐっ! あっ!ぐっ!」

「ウフフフフッ。」

「うおぉぉ〜〜〜!!」

「アッ。」

「ぐわっ!」

「谷風さん!」

「機体損傷 軽微。

 ただし 操縦士 意識不明!」

「落ちる・・。」

「あの高度じゃ助かりません!」

「谷風機 応答して!谷風!」

「ナガテ〜〜〜〜!!」

ナガテに近づくイザナ。

「くっ!」

継衛をつかみました。

「イザナ君。」

「科戸瀬機 荷重限界です。このままでは

 機関暴走して爆発します!」

「ナガテ!目を覚まして!ナガテ!」

「このままじゃ 爆発する。イザナ君!」

「うっ!ぐぐ・・。」

「ナガテの命は消さないよ。

 シドニアの・・希望の光。」

「科戸瀬機 上昇。

 ガ542体表から離脱していきます。」

「よかった。」

「よかった・・。」

「科戸瀬機後方から 紅スズメ急接近!」

「えっ?」

「紅スズメから 高密度ヘイグス粒子反応!」

「イザナ君 逃げて!」

「あっ!」

気がついたナガテ。

「くっ・・イザナ!」

「ウフフフッ」

「くっ!」

「飛翔体  着弾まで10分!」

「主本体は あの壁のむこうだ。

 これさえ壊せば・・。」

「ダメだ・・ヘイグス粒子残量が 1割を切りやがった。

 これじゃあ・・。」と弦打。

「帰りのヘイグス残量を気にする必要はない。

 そうだろ?」とサマリ。

「あっ・・。ははっ そうだった!」


CM




「ううっ!ぐっ!はあっ!」

「ウフフフッ」

「飛翔体 阻止限界線 通過。

 着弾まで 5分を切りました。」

「第一小隊は?」

「いまだ 反応なし。」

「くっ。」

紅スズメとナガテ。

「当たれ〜〜!」

「くっ!」

「継衛のガウナ本体貫通弾 残弾ゼロ!

 紅スズメのエナ 完全回復しました。」

「谷風さん!」

「はっ!」

仄にもらった弾を思い出すナガテ。

「ウフフッ。

 ホシジロ イッキ ゲキハ。」

「谷風機 弾体加速装置 大破。

 紅スズメ ゆっくりと接近してきます。」

「くっ・・。」

顔をそむけるユハタ。
見守る艦長。

「ぐっ!」

「ウフフッ。ウフフフッ。」

「お前なんて・・・

 星白でも 人間でもない!

 いけぇ〜〜〜〜!!!」

「えっ?」

「ええっ!?」

紅スズメに直接貫通弾をたたきつけたナガテ。
紅スズメがくずれていきました。

ナガテも落下。

第一小隊。

「見えた!あれが主本体だ!」

「撃てぇ!」

第一小隊が主本体を攻撃。

「ガ542の泡状分解を確認!」

「ああっ!」

「飛翔体 到達まで 何分?」

「あと2分を切りました。」

「衛人隊 識別信号 未確認。

 まだ脱出できていません。

 全騎で掌位しても 間に合うかどうか・・。」

「間に合う!

 彼らなら 必ず間に合う!監視を続けて。」

ナガテと第一小隊のみんなとは通信障害。

弦打の機体出力低下。

「ぐ・・ぐぐぐ

 勢威 サマリ 俺は放って 先に行け!」

「命令だ。あきらめるな!」

「もう少しだ!」

「飛翔体 小惑星表面に着弾!

 中心核到達まで 5秒。

 3 2 1。

 中心核到達。爆縮します。」

「あっ!」

「爆破 成功!」

「お願い・・。」

とみつめるユハタ。

気を失って漂っているイザナ。

「んん・・。」

仄が助けにきました。

「あっ。」

「みんなは?」

黙って首をふりました。

「うぅ ううう・・。

 ナガテ・・。

 あ・・。」

泣いていたら、上の蓬に気づくイザナ。

「崩壊する小惑星の中から飛び出した

 飛行物体を確認!」

「開口部実況 拡大して!早く!」

「これは・・衛人です!

 一機・・いや 七機掌位の 衛人隊です!」

ナガテ、勢威 弦打 サマリ 炉 耀 宅

「うわあ〜。」

歓声があがりました。
ユハタも涙をうかべて笑顔。

嬉しそうにみあげるイザナたち。

七機掌位の美しい衛人隊。

シドニア。
ニュースをみるクナト。

「小惑星を内包した巨大ガウナ ガ542は

 超高速で シドニアに侵攻。

 本艦は 衝突の危機にさらされました。

 シドニア軍は この事態に対し

 衛人隊によるせん滅作戦を展開。

 出撃 四十八機中 撃墜三十八機という

 甚大な損害をこうむりながらも

 継衛搭乗の谷風ナガテ操縦士をはじめとした

 衛人操縦・・。」


『俺は いったい・・。』

そこでチャイムがなり
クナトをたずねてきたナガテ。

「うわぁ〜〜。」

その大きな家にびっくりしてみあげていると
クナトが顔を出しました。

「あっ クナト!

 え〜っと・・

 操縦士をやめるって 本当なのか?

 お前が知ってるかどうかわからないけど

 俺 生まれてずっと  地下で生活してたんだ。

 じいさんが死んでからは
 
 一人だったし 孤独で・・。

 あんまり 食べ物のない生活をずっとやってた。

 そんなことが あったからかもしれないけど

 俺 シドニアの いろんな料理や生き物が

 シドニアで暮らしてる人たち 全部が大好きで

 大事で大事で しかたがない気持ちでいっぱいなんだ。

 正直に言ってしまうけど

 俺は お前を許せないという気持ちは まだある。

 だけど クナト

 お前も俺の大好きな シドニアの人間の一人なんだ!

 それに・・クナト

 お前は いい操縦士だ!

 また一緒に シドニアを守るために戦おう!

 あっ・・。」

クナトは何も言わず中へ。

「あっ 待ってくれ!

 今晩の週一食 よかったら いっしょにどうだ?

 今日でなくてもいい。

 いつかいっしょに・・。」

ドアの内側で泣いているクナト・・。

イザナとナガテのところにおりてきた仄。

「レンだよ。

 エンのことがあって 谷風には
 
 素直になれなかったんだ。
 
 あれは 事故だったのに・・。

 ごめん。」

「あっ いや・・。」

「私たち 実年齢は まだ5歳くらいなんだ。
 
 特殊な方法で 圧縮された知育は受けたけど

 やっぱり まだ未熟なんだと思う。」

「そんな・・俺の方こそ。

 そうだ レン。レンがくれた貫通弾

 すごく 役に立ったよ。ありがとう。」

「谷風こそ 約束を守ってくれて ありがとう。

 あんな使い方 谷風にしかできないよ。」

「えっ いや ああ ・・。」

楽しそうなふたりをみて
イザナがまたおもしろくない顔してる。

落合と艦長。

「ガ542との戦闘中 脱出艇の準備が

 されていた形跡があります。

 おそらく 不死の船員会の・・。」

「どこまでも生き恥をさらす過去の遺物どもめ。

 補助脳から 全記録をすいだせれば

 ヤツらなど もう このシドニアに

 必要なくなるだろう。」

外生研に鼻歌をうたいながら
本をもっていくナガテ。

「へへっ。」

エナ星白がいる場所みているヌミ。

ながてと書いた文字のみ。



ED



あれあれあれ。
まったく最終話になってないよ!!
小惑星のガウナはせん滅しても
ガウナ全せん滅じゃないし
エナ星白はあいかわらずナガテ好きそうだし
(しかも相思相愛?)
船員会のしくみとかいろいろ謎満載なまま。

海苔夫が涙を流していたのが驚きでした。
そんな悪いやつでもなかったのかな。

と思っていたら

タビハツヅク

シドニアアニメ第二期制作決定!!

ばんざーい\(^o^)/


楽しみに待ってます。
シドニアの騎士 おもしろかったです。

そしてアニメ一期終わるまで待ってたけど
原作一気買い&一気読みする!!





谷風 長道(たにかぜ ながて) 逢坂良太
科戸瀬 イザナ(しなとせイザナ) 豊崎愛生
星白 閑(ほしじろ しずか) 洲崎綾
岐神 海苔夫(くなと のりお)  櫻井孝宏
仄姉妹  喜多村英梨
緑川 纈(みどりかわ ゆはた) 金元寿子
サマリ イッタン 田中敦子
勢威 一郎(せいい いちろう)  坪井智浩
弦打(つるうち)   鳥海浩輔
小林(こばやし)   大原さやか
落合(おちあい)   子安武人
ヒ山 ララァ(ひやま ララァ)  新井里美
斉藤ヒロキ 小山力也
科戸瀬ユレ  能登麻美子
田寛ヌミ 佐藤利奈
佐々木 本田貴子
丹波新輔  阪 修













2014.06.27 Friday 14:09 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< 少女ファイト 11巻 | main | 月刊 flowers (フラワーズ) 2014年 08月号 >>









シドニアの騎士 第12話(最終回)「帰艦」★お前なんて星白でも人間でもない!
シドニアの騎士 第12話(最終回)「帰艦」 シドニアとの衝突コースにある体積8000倍「超巨大奇居子ガ542」との息もつかせぬ攻防!! 『シドニアの騎士』素晴らしい。 −◆− すでに第二小隊24機を失い第一小隊も残り14機。 対惑星誘導飛翔体着弾ま
| 世事熟視〜コソダチP | 2014/06/27 2:48 PM |
シドニアの騎士 #12 最終回
『帰艦』
| ぐ〜たらにっき | 2014/06/27 8:23 PM |
シドニアの騎士 #12「帰艦」
シドニアの騎士の第12話を見ました。 #12 帰艦 第二小隊が全滅し、第一小隊の面々はシドニアの全へイグス粒子を使って主本体を破壊するために奇居子の内部へと侵入しようとするが、紅天蛾が邪魔に現れる。 長道は煉と共に負傷した衛人の救出をしていたが、
| MAGI☆の日記 | 2014/06/27 9:14 PM |
シドニアの騎士 第12話(最終回) 「帰還」 感想
熱い戦いでしたね。 2期製作決定!は嬉しいですね。 冬作品となりそうで、来年1月が楽しみです。 対話不能の異生物・奇居子に破壊された太陽系。 かろうじて生き残った人類の一部は、小惑星を船体とした巨大なる宇宙船 シドニアで繁殖しながら宇宙を旅する道を選
| ひえんきゃく | 2014/06/27 10:07 PM |
シドニアの騎士第12話 『帰艦』 あらすじ〈画像〉と感想 … 【神回!】継衛VS紅天蛾! イザナも活躍!! そして、海苔夫の涙(T_T)
【最終話のあらすじ】 小惑星をも飲み込む巨大ガウナに苦戦する衛人隊。 纈はシドニアのヘイグス粒子砲により開いた穴への突入を命ずる。 サマリら第一小隊が人類の存亡をかけたこの大博打を請け負う。 長道は班を離れ、単独行動を取る。 煉は烽
| RelaxMediaPark | 2014/06/28 6:35 AM |
シドニアの騎士 TBS(6/27)#12終
最終回 第12話 帰艦 高圧縮ヘイグス粒子砲で連結型奇居子の胞衣に穴が開いた。仄は兵の救出係となり長道に残しておいた貫通弾を手渡す。イザナは弾き飛ばされて通信障害発生、受信可能状態。胞衣が空いた穴を閉じようと収縮を始める。サマリ小隊は開口部から内部へ侵
| ぬる〜くまったりと | 2014/06/28 8:54 AM |
シドニアの騎士 第12話「帰艦」 キャプ付感想
熱きバトルの最終回! そして2期発表きました♪ シドニアの旅はまだつづく(笑)   連結型ガウナを内部から破壊するため第2小隊は突入。 長道は紅天蛾と戦うが…  
| 空 と 夏 の 間 ... | 2014/06/28 10:22 AM |