<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ペルソナ4 ザ・ゴールデン 第3話「I have amnesia, is it so bad?」

第3話「I have amnesia, is it so bad?」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


7月4日 月 晴れ

夏で水着で海!!

みんなで海へいくことに。
マリーは海が初めてということで
陽介が水着をお見立て。
なんかまずい予感がする・・w


8月23日 火 晴れ

みんなバイク。
千枝たちも免許とったのか。

完二とクマはチャリ。

女子の水着が素晴らしい。
雪子、千枝はいうまでもなくりせちもいる!

陽介チョイスの布部分が少ない

マリーの水着姿・・・!


クマはマリーと初対面。
ナオン・・ていつの言葉だw

クマの半分はやさしさでできています。

クマの中から人間体登場。

こちらもキラキラ輝きながら
やってきた完二の水着もきわどすぎ。

さっそく海に入るみんな。
夏だ!青春だ!

鳴上くんと陽介が砂浜にいると
クマが女子の水着に悪さしてるようで
声しかきこえない。
完二がクマを抱えてあがってきましたが
完二が水着はいてない!!!

クマで隠してるけどクマいやがってじたばた。

女子もあがってきてたいへんまずい状況!!

とっさに鳴上くんが何かをなげました。

「完二 これを!」

ヴィーナスの誕生wwww

わかめwwwww


豪華な鳴上くんの手作り弁当おいしそう。

マリーにあれこれ質問するみんな。
いきなりきかれすぎておもわず声を荒げてしまったマリー。

気まずくなっていってしまったのを
追っていく鳴上くんがフォロー。

記憶がなくたってみんなといろいろみてまわるのは
楽しいというマリー。

みんなもやってきてあやまってくれました。

デリカシーとでか尻が雪子のツボにはまった!

あっというまに夕方。
ヴィーナスの誕生もふくめて
青春の一ページ。

「青春て何?」とたずねるマリー。

「今日みたいに みんなで遊んだり

 な 悩みとか 打ち明けあったり・・」

「なんで青春するの?暇だから?」

「いや やっぱ楽しいじゃん。

 本当の自分をみてくれるやつと

 いっしょにいるのってさ」

めずらしく語ってる陽介。
完二も柄にもなく海にきてるけど
キャラらしくないことをするのが楽しい。

「キャラっつーのは自分でつくっちゃっる

 壁みたいなもんだし

 そりゃ 壁ん中いれば 楽だろうけど」

「ああ。楽と楽しいは違う。」

と鳴上くんも陽介に賛成。

マーガレットといっしょにいるマリー。
自分とみんなとは何が違うのか。

「あなたもみていたはずです。

 彼らが 自分自身とむきあう姿を」

「みたよ。でもそれってそんなに必要なこと?」

「では 彼らに直接きいてみては」

「直接・・」


8月30日 火 曇りのち晴れ

さっそくみんなにきいてみるマリー。

「本当の自分と向き合うってどういうことですか?」

「ガッカリ王子というキャッチフレーズをどう思いますか?」

ビデオカメラ越しのようです。

次は千枝。

「考えるな。感じるんだ・・なーんて」

「肉ガムって本当に美味しいんですか?」

1枚くれました。

雪子はポイズンクッキングしてる。
みている鳴上くんの顔がおもしろい。

それのどこがお素麺?!!!

次は菜々子ちゃん。
あいかわらずのかわいさ。
すごいレベルの高い工作中。

完二も作業に集中。

りせちは「インタビューは事務所を通してくれます〜?」

クマは眼鏡職人の話。

みんなにきいてみたけど
マリーにはやっぱりわからない・・。

夜は打ち上げ花火を鑑賞。

菜々子ちゃんが一足先に
おとうさんとかえっていきました。

もう夏もおわりだなあといっていると
クマと陽介が花火を準備していました。

「夏休み最後の思い出 つくろうぜ〜!」

おいてあったビデオをみつけ
再生してみるおじさん。
菜々子ちゃんによばれそのままに。
陽介のさっきのインタビューの続き。

「本当の自分か。

 って なんかまた

 こっぱずかしいかんじになりそうだけどさ

 こいつらと仲良くなる前は

 田舎暮らしがたいくつで

 うざくて まわりに気つかって

 からまわりしてさ

 でも それも自分だって認めなきゃ

 いつまでたってもかわれないだろ。

 ここはいいとこだし

 まわりのやつも最高だって気づけないまま

 腐ってたと思う。」


千枝。

「大好きな友達なのにさ

 自分の心の中

 実は けっこう ドロドロしてて

 けど そういうとこが

自分にあるってわかってるとさ

 逆に 自分の気持ちに 

 自信が持てるような気がするんだよね。」


雪子。

「敷かれたレールの上を歩いてるから

 ダメだと思ってたの。

 でもね 一番ダメなのは

 そのレールを歩くかどうか

 自分で決めてないことなんだって

 今は思う。」


完二。

「男のくせに とかいわれても

 これが俺だからな。

 俺はこれからも

 てめえを曲げるつもりはねえ。

 おめえも今度つくるか?あみぐるみ。」


りせち

「地味で 暗い自分が嫌いで

アイドルになったのに

 今度は アイドルじゃない 

本当の自分をみてほしい

 ・・なんて  

結局ずっと逃げてたんだと思う。

 でも どんな私だって 

本当の私なんだよね。」


クマ

「クマはね 

本当の自分がわからないんだ。

 マリーちゃんもわからないかな。

 そっか 怖いよね 不安になるよね。

 でも きっと 大丈夫クマ。

 だって 先生やみんながいっしょだから。

 クマも マリーちゃんも ひとりじゃないクマ。

 だから きっと いつかみつかるクマ。」


みんなといるマリーも笑顔。

夏休みは今日で終わりだけど
次は冬休みにみんなでスキーにいこうという陽介。
気がはやすぎ。
マリーもいっしょにいこうと誘われて

「行く。楽しみにしてる。」

という答えに鳴上くんもちょっとびっくり。

しめは線香花火・・本当に青春。

「あのさ

 思いだして・・みようかな 記憶」

「ああ 協力するよ」

「そうして」

「頼りにしてるね」

星空も美しい。



ペルソナキャラの楽しい夏の日でした。
みているだけで楽しそう。

本当の自分とは何かと問うマリーに
みんながそれぞれまじめに答えてくれて
マリーも本当の自分をみつける気に。
鳴上くんとみんながそばにいるから大丈夫!







(鳴上悠)浪川大輔 (花村陽介)森久保祥太郎 (里中千枝)堀江由衣
(天城雪子)小清水亜美 (巽完二)関智一 (久慈川りせ)
釘宮理恵 (クマ)山口勝平 (白鐘直斗)朴ろ美
(堂島遼太郎)石塚運昇 (堂島菜々子)神田朱未
(足立透)真殿光昭 (イゴール)田の中勇(特別出演)
(マーガレット)大原さやか (マリー)花澤香菜









2014.07.25 Friday 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 黒執事Book of Circus 第3話「その執事、採用」 | main | USJのワンピース・サマーアドベンチャー 2014 その1 プレミアショー他 >>