<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

新テニスの王子様 13巻

新テニスの王子様 13巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


跡部様のカラーイラストつき。
作者様の写真、小さすぎる。


Golden age 120 覇王


 コートの後ろの壁に大きな穴があき
 中学生たちもびっくり。

 「ちっ・・アウトかよ」

 1セット目は7−6で徳川さんがとったけど
 誰が見ても平等院さんの優位は明白。

 「すまねぇ・・俺が ヤツの海賊を

  呼び覚ましちまった!!」

 と悔やむ鬼先輩に

 「約束を果たす・・それだけです」

 と2セット目にのぞむ徳川さん。

   『徳川よ・・体感するがいい!』

 「別次元のテニスを―――っ!!」
 
 


 骸骨の海賊姿となった平等院さんが
 剣を手に襲いかかる!!
 

 (注・ここはテニスコートです。)

 雨嵐の中、ユニフォームごと体が切り刻まれ

 
 ついには  後ろから胸を貫かれる徳川さん!  

 嵐の海の上の海賊船。空からは雷鳴。
 倒れる徳川さんを見下ろす骸骨の海賊。

 
 (ここはテニスコート・・・。)



 Golden age 121 最期の覚悟 


 場面はテニスコートに戻って
 倒れている徳川さん。

 「命を懸けて挑んでこの程度か・・」

 なんとか立ち上がる徳川さんを責め続ける平等院さん。

 「お頭は2年前の敗戦から・・・」

 「勝利に対して異常な執着を持ちました

  戦った相手が2度と

  立ち向かって来れない様に屈辱を与え

  自信を打ち砕き

  服従させる覇王のテニス」

 「世界で外国人シバきまくっとったらしいわ」

 「負けた選手は絶望でテニスをやめてしまう

  ケースも少なくありません」

 でも何度もたちあがる徳川さん。

 「俺の前に2度もあらわれたのは徳川だけだ

  褒めてはいない・・・」

 『あの時は鬼と入江が助けたから

  完全に心を打ち砕けなかった』

 「キサマの軽々しい覚悟で・・

  テニス人生をお前に懸けたバカ共2人

  無駄死にだったな」

 『―――俺は命懸けで 

  この戦いに挑むんじゃなかったのか?

  何を躊躇しているんだ!

  俺は・・・』

 鬼先輩と入江さんからアドバイスをうけていた徳川さん。

 球を打つ前にスイングすることで
 空間を削り取る・・
 
 ブラックホール。

 「平等院がどんな凄まじい球を打ってきても・・・

  削り取った空間が全てを止める!」

 でも身体に相当な負担がかかるため
 やれば確実に選手生命を縮めてしまう。

 危険な技なので身体がもって30分。

 「勝利が見えた時だけ使え・・

  ・・・出来れば・・・使うな・・」

 と言われた技。



 Golden age 122 決断 


 舞台は再び海賊船。
 海賊に立ち向かう徳川さんは
 その剣を指でおさえることに成功。

 「空間を削り取って・・

  打球を止めたぁぁっ!?」



 「ブラックホール」

 たしかに空間が削り取られていますが
 何がおこっているのかわからないよ・・。

 あおりの「目には目を!!別次元には別次元を!!」
 に笑いがとまらない。

 どこまでいくんだろう、テニプリ。

Golden age 123 強き者達


 「また出るぞ 徳川さんの・・・」

 『削り取った空間が全てを止める!

  これが俺の覚悟・・

  ブラックホールだ!!』

 「平等院の剛球を徳川は削り取った空間に捕え
  
  打ち返してる!!?」

 と文字で読んでも絵でみてもよくわからない状況で
 ゲームは3−3。

 「・・たしかに キサマは強くなり過ぎた

  危険な男だ・・排除する」

 平等院さんは世界の技で応戦。
 でも徳川さんは余裕。

 「言ったでしょう・・全てを止めると!」

 アラビア語までつかえる平等院さん博識。

 「徳川の削った空間を避け

  上空からブラックホールを破るつもりだ!!」

 それに対して徳川さんは

 「ブラックホールを2つ!?

  自分の上にも作った!?」

 全ての世界の技をブラックホールで返す徳川さん。
 一歩もひかない。

 「この勝負 まさに命の削り合いだっ!!」

「ちっ 徳川よ・・

  世界は広ぇーぞ」

 「Pirates of the World!!」


 徳川さんにせまるたくさんの球。

 『無限の打球が―!

  だが 今の俺には・・・関係ない!!』

 全てをブラックホールで返す。

 「無駄だ・・」

 『こ こいつ・・・!!』

 その頃、リョーガと打ち合っているリョーマ。
 ふたりにもメインコートのほうから爆音がきこえ
 
 「あっちも盛り上がってるみたいだね」

 と驚くこともなくあっさりした感想のリョーマ。

 「そういや アイツ・・無茶してねぇかな」

 リョーマをかばって光る球をうけた徳川さん。
 あの打球は後から内臓にくるそうで
 徳川さんを心配するリョーガの言葉に
 走り出すリョーマ。

 『お前は・・死んでも倒したい奴はいるかい?』

 徳川さんはコートの上で吐血!!



Golden age 124 未来の僕らへ

 「と 徳川ぁぁぁぁ!?」

 「しっかりしろ!」

 「ま まだだ・・

  まだ・・ ・・終わってはいない」

 盛大に血を吐く徳川さん。
 
 ブラックホールの限界の30分にはまだで
 昨夜のダメージが限界をはやめたとのこと。

 「そのバカは俺の『光る球』を

  腹に受けやがった

  ガキ(中学生)一匹守るためにな」

 「ば 馬鹿野郎!

  大事な決戦前に何やってんだ徳川!」

 「軽率だよ!鬼がどんな思いでキミの事を・・!?」

 とせめる鬼先輩と入江くん。

 「将来有望な男を・・

  放っては置けなかった

  あなた達が俺にしてくれた様に・・」

 やってきたその有望な男=リョーマ。
 倒れる徳川さん。

 「ガキ一匹助ける為に復讐をフイにするとは

  どうやら時間の無駄だった様だな鬼よ」

 「アンタ・・最低だよ」


 徳川さんのかわりについにリョーマが対戦?!
 でもテニスで戦うのかどうか。

 徳川さん、ここまで戦ったのに
 吐血とか、、このまま病院行き?
 
 今月も殺人テニスがとまらない。

Golden age 125 サムライ

 徳川さんを助けにでてきたリョーマ。

 「アンタ・・・ 最低だよ」

 「何だ お前は・・?

  事と次第によってはただでは済まさんぞ!」

 「へぇ そう やってみれば」

 「え 越前リョーマ・・

  お 俺の・・死んでも倒したい奴はここにいる

  邪魔をしないでくれよ

  ・・頼む」

 立ってるだけで精いっぱいのボロボロ状態なのに。

 「あと1ポイント・・あと1ポイントなんだ・・」
 
 ゲーム5−3徳川リード 0−40から再開。
 平等院さんのボールを無意識でラケットにあてる 
 命を懸けている徳川さん。

 「無駄な時間はここまでだ!!

  キサマの人生と共に砕け散れーーーーっ!!」

  徳川さんに救われたことを思い出して
  平静ではいられないリョーマをとめる跡部様。

 「樺地を思い出せ!!

  試合に加勢すれば 合宿から追放されるぞ」
 
 「・・上等!!」

 リョーマのかえしたボールが
 むこうの壁をぶちこわしました。

 「ねぇ・・テニスをなめんなよ」

 リョーマの姿にサムライがみえ 
 驚く1軍の選手たちや鬼先輩。

 「規定により 越前リョーマくんの

  合宿退去を命じます!」

 「・・あっそ」



 
 このままおとなしくひきさがるとも思えません。
 平等院さんとの決着はぜひつけていただきたいし
 平等院さんだけ悪者っぽくおわるのも・・。

Golden age 126 合宿退去

 徳川さんをかばってコートにはいったリョーマは
 規定により合宿退去。

 心配そうに見守る青学先輩たちや
 抗議の声をあげる桃先輩や金ちゃんたちに
 「たわけ」と真田くんが一言。
 跡部様も「全てアイツがわかってやった事だ」とクール。

 去っていくリョーマに「待てぃ」とよびかけ
 リョーマの名を呼びながらボールを打つ平等院さん。
 
 ボールは建物の上にある給水塔の柱にあたり
 上から落ちてきた給水タンクがリョーマの万前へ。

 「小僧・・ 命拾いしたようだな」

 ぬれた帽子の水滴をおとしてからかぶり

 「次 会った時 アンタを倒すから待ってなよ」

 というリョーマ。

 「お前に次はない 二度とな・・・」




Golden age 127 束の間の休息

 ベッドでめざめた徳川さん。
 そばには入江先輩と鬼先輩。
 リョーマは退去になり2軍が勝ったのは
 初戦のみでジーニアス10の圧勝という
 結果をきかされました。
 
 サムライがバックに見えるリョーマを思いながら

 「アイツ・・楽しみですね」

 と徳川さんがいうと

 「バカ言え そりゃお前もだ」

 という鬼先輩。

 鍛えてもらったのにすみませんでしたと
 謝ると、次勝ちゃいいといってくれる先輩。

 「だから兎に角ゆっくり休め

  本当に良く頑張ったな 徳川・・

  ありがとな」

 鬼先輩がひっそり涙。
 それを入江先輩に指摘されて汗だと 
 ごまかすところもかわいい。


 合宿から帰ったリョーマはバス停で
 咲乃にばったり。

 「んじゃちょっと竜崎・・・

  付き合ってくんない」


Golden age 128 おみくじ

 リョーマと咲乃の楽しいゲーセンデート。

 テニスゲームをしているうちに平等院さんを思い出し
 つい本気になってパネルを破壊し、咲乃の手を
 ひっぱって逃げる!

 咲乃はリョーマが日本代表に選ばれて欲しくて
 必勝祈願のお参りをしていたそうで
 おみくじをひいたら大凶・・。
 かばんをぶちまけたら大凶がいっぱい。
 どうやったらこんなに大凶ばっかりひけるのでしょう。

 でも大吉をリョーマにみせる咲乃。

 「大丈夫だから

  最後きっといい事あるから」

 地元まで戻ってきて別れたあとに

 「あのさ竜崎  

  サンキュー」

 うまく気晴らしができた様子。


Golden age 129 誘い(いざない)

 
 家に帰ったリョーマは父の問いかけにも
 そっけなく裏のテニスコートで壁打ち。

 すると鐘のところにリョーガが!

 「なぁ チビ助・・アイツを倒したいか?」

 「だったら?」

 でもあの合宿には戻れないし戦う場所がない。

 「今度U-17W杯が開催される

  そこで俺と一緒に戦おうぜ

  アメリカ代表としてよ」




 平等院さん 施設破壊しすぎ。
 まだ合宿続いてんのに給水塔破壊しちゃったら・・
 あ、ここには跡部様がいらっしゃるから
 ノープロブレムか。
 しかし同じ日本代表同士なのに
 命のとりあい・・おそろしや〜。
 こんな怖いチームに各国の高校生対抗できるの? 
 それとも世界には平等院さんよりさらに上が?

 鬼先輩はあいかわらずいい人・・!
 徳川さんを鍛えずとも鬼先輩も十分戦えそうなのに。

 そして久々の・・じゃなくて新テニで咲乃ちゃんがはじめてどころか
 女性キャラが初とかw
 あれだけ大凶をひくのはある意味才能。
 そして大吉をみせたあたりで
 クールなリョーマも心が動いたのでは。

 日本代表めざしてたのにその日本代表のトップと
 戦うためにアメリカ代表にとはいつもながらフリーダム。

(ジャンプSQ H26年4月号〜8月号)



バレチョコランキング2014
獲得個数ver.

 キミ様の君的ヤロォーハンターが
  ブン太アシスタントでお届け。

 1位 跡部様
 2位 不二周助
 3位 観月さん
 4位 忍足侑士
 5位 亜久津
 6位 蓮二
 7位 幸村
 8位 リョーマ
 9位 ブン太
 10位 岳人
 以下 ユウジ 白石 柳生 謙也 羽生一斗 千石
 遠野 大石 甲斐 千歳・・・163位まで
 1個の人の名前・・誰?ってひとがけっこういる。

 総数180189個!!
 跡部様と不二先輩はそれぞれ個人の方から
 2万個以上のチョコがおくられてきたそうで・・。

 いろんなプレゼントの写真や似顔絵お菓子
 バレンタインアワード2014の発表も。

 来年もシクヨロ!でやる気満々・・。

 1人1票ver.があったからもしや個数別では
 跡部様が・・?!と思ったけど
 両方堂々の1位。さすがキング。








2014.08.04 Monday 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ハイキュー!! 第18話「背中の護り」 | main | HERO 第4話 >>