<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー鎧武 ガイム 第42話「光実!最後の変身!」

第42話「光実!最後の変身!」



「世界を救う覚悟を決めた紘汰は

人間を超えた力を発揮し レデュエを倒す。

王 ロシュオも倒れ

オーバーロードは滅びの道をたどった。

そして 黄金の果実は舞の体の中へと託された。」

とらわれていた人たちはみな無事。

「元気出して。」

そこへ紘汰がやってきました。

「みんな!」

姉とも再会。

「紘汰!」

「姉ちゃん!無事か!?

 よかった。本当によかった。」

「ごめんね 心配かけて。」

ラットとリカも。

「紘汰さん。」

「ラット!リカ!よかった。

 みんな 本当にありがとう。」

「どうってことねえよ。」

「安心するのは早くてよ。

 みんなを街の外へ避難させないとね。」

「ああ そうだな。」

「私は残って手伝うわ。人手がいるでしょ?」

お姉ちゃん、助かったばかりなのに元気。

「でも・・・。」

「大丈夫。」

そこへインベスが。

「早く逃げろ!

 城乃内 シャルモンのおっさん 

 みんなを頼む!」

「ダッコー!気張りなさいよ!」

「みんな 向こうだ!」

「さあ 立って!」

鳳蓮たちがみんなを避難させました。

「よし、やるか!」

ザックと耀子は変身準備。
でも

「ここはまかせろ!」

ととびだしていく 紘汰と戒斗。

「紘汰!」

「お姉さん!」

「変身!」

「レモンエナジー」

「ミックス」

「ジンバーレモン!ハハーッ!」



OP



ガイムのガレージにいる舞。
ペコとチャッキーが看病。

「ありがとう。」

「ひどい目にあったのか?」

「大丈夫だよ・・・。」

そこへミッチが。

「舞さん!」

「ミッチ・・。何しに来たんだよ!?」

「ミッチ・・。」

おきあがってミッチをみる舞ですが
目が赤くひかり、苦しそう。

「舞さん!」

「ちょっと 大丈夫!?しっかりして!」

舞のほうにいこうとするミッチをとめるペコ。

「おい 帰れよ!」

ペコをふりきり舞のそばへ。

「どうしたんですか 舞さん!?大丈夫ですか?」

舞の胸からまぶしい光がでて
気を失う舞。

「今のって 何?」

「やっぱり 黄金の果実が・・・。」

そこに今度は凌馬がやってきました。

「みせてみろ。」

「戦極凌馬・・ どうしてここに?」

「おい・・・!」

「まずい。このままだと舞くんの体がもたない。
 
 ここでの治療は無理だな・・・。

 どこか病院へ運ぼう。

 君たちも 手伝ってくれないか?」

「そんなこと言っても

 今の沢芽市じゃ医者なんかいないよ!」

「私が なんとかしよう。」

舞を見つめるミッチ。

インベスと戦っているガイムとバロン。

「レモンエナジースカッシュ」

「オレンジオーレ」

インベスを倒し変身解除。

姉たちもやってきました。

「紘汰 大丈夫?」

「ああ。」

「やるなあ!」

「ああ・・。

 でも・・・。オーバーロードがいなくなっても

 ヘルヘイムの侵食は終わらないのか・・・。」

「ええ。オーバーロードはヘルヘイムの侵食を早めただけ。

 倒したところで止まりはしないわ。」

「やっぱり・・俺が この手でヘルヘイムを止めなきゃ。」

「なぜ止める必要がある?

 今の世界にこだわることはない。

 むしろ ヘルヘイムをも取り込んで

 進化するべきだ。」

という戒斗。

「それじゃあオーバーロードと同じだろ!」

「奴らは弱かった。だからヘルヘイムに負けた。

 人類も 弱ければ同じ道をたどる。

 それだけだ。」

「何で 今さらそんなこと言うんだよ!?

 一緒に街を守って戦っただろ!」

「俺はただ オーバーロードの横暴が気に入らなかっただけだ。

 何を守ったつもりもない。」

「おい戒斗 待て!

 話はまだ終わってねえぞ!おい!戒斗!」

戒斗をおっていく耀子。

「まあ とりあえずみんな無事でよかったじゃないか。」

「ああ。舞は?

 先に戻ってるはずなんだけど。」

「じゃあガレージの方じゃねえのか?」

「舞ちゃんを迎えに行ってあげないと。」

「そうだな。ザック、姉ちゃんを頼む。」

「まかせとけ!あ 坂東さんの店でおちあおう!」

「わかった!」

紘汰は舞のもとへ。

その舞は病院へ運ばれていました。

「ボロい病院だな。」

「奥だ。」

ガレージについた紘汰。
でも誰もいない。

「舞!チャッキー!ペコ!」

戒斗と耀子。

インベスがいて変身しようとしますが
腕の痛みにしゃがみこんでしまう戒斗。

「どうしたの 戒斗!?」

「ああっ・・!うっ・・!あっ・・ああ・・」

「見せなさい!」

「うっ・・ 離せ!ああっ!」

腕をめくってみると傷跡がいっそうひどく。

「これって・・・。」

雷が鳴り雨も降ってきました。

「なんでもない・・気にするな。」

病院で待つペコとチャッキー。

「あ〜あ 何で俺たちは

 こんなとこで待たなきゃいけないのかな。」

「えっ・・?鍵かかってる。」

「えっ?やっぱり あんな奴信じるんじゃなかった!

 おい 開けろって!おい!開けろよ!」

「ミッチ!」

処置室で舞の体を調べる凌馬。

「間違いない。やはり舞くんの体の中に 

 黄金の果実が埋め込まれている。」

「どうして・・・。

 なぜ よりにもよって舞さんなんだ?」

「うん・・・問題はそこだ。

 ロシュオはなぜ 舞くんに渡したんだろうね?」

そこへ現れたのサガラ。

「そいつは 始まりの女になるんだよ。」

「サガラ・・・。」

「始まりの女が選んだ男こそが

 黄金の果実を手に取る 英雄となる。

 黄金の果実は 

 種族の神話になぞって 与えられるべきだ。

 そして 始まりの女に果実を渡す。

 それが・・・この俺の務め。」

「あんた 一体何者なんだ?」

ミッチが視聴者がききたかったことをきいてくれた。

「我らは永遠にはびこるもの。

 空を超えて茂るもの。

 古き民に変革を促すものであり

 あるいは ただ単に 蛇と呼ばれたこともある。」

「蛇?」

「ああ。そうだな。

 お前たちがくれた呼び名で名乗るのもいいかもしれない。

 そうなると 我が名は 

 ヘルヘイム ということになるか。」

「サガラ 君はヘルヘイムそのものだというのか?」

サガラは眠っている舞の意識と会話。
場所はガレージ。

「私・・・一体どうなるの?」

「ロシュオが言っていただろう。

 見届ける役目を託すとな。」

「見届ける?何を?」

「終わりと始まりだよ。

 新しい時代を始めるためには

 今ある古い世界は 滅びなければならない。」

「嫌よ!私・・世界の滅びなんて見たくない!」

「そうは言ってもな・・・。

 動き出した未来は 止められないのさ。

 そう・・・誰にもな。」

精神世界おわり。

「ふざけるな!

 あんたがヘルヘイムそのものだっていうなら

 どうして人類を滅ぼそうとする!?」

「滅びそのものは手段に過ぎない。

 お前たち人類が

 新たな段階に進化するためのな。」

「そんなことをしてなんにになる?」

「魚にはトカゲになってほしい。

 猿には人になってほしい。

 なぜと問われても困る。

 俺は そのように生まれ

 そのように無数の世界を変えながら 

 宇宙を渡ってきた。」

「そんなことは関係ない!

 僕はただ 舞さんを守りたかった。

 それだけなんだ!」

「今さら引き返すことはできないぜ。

 お前は・・ 運命を選んでしまったんだ。

 葛葉紘汰も駆紋戒斗も

 自ら選んだ道を突き進んでいる。

 お前たちが最後にどこにたどり着くのか

 俺は いつでも見守ってるぜ。」

姿を消すサガラ。

フルーツパーラーにいる城之内たち。

「あ〜あ・・俺たち 勝ったんですよね?

 もう大丈夫なんですよね?」

「おバカ。クラックが消えたわけじゃないのよ。

 何も解決しちゃいないわよ。」

「俺たち これから どうなるんだろうな?」

「とにかく食え!お前ら!食え!食え!食え!」

阪東さんがカレーをだしてくれました。

「人間 飯さえ食えれば 何とかなるもんだ。」

「それにしても紘汰たち 遅いわね。」

雨の中、舞たちを探す紘汰。

「舞!チャッキー!ペコ!」

戒斗と耀子。

「そんな状態で よく生きてるわね。」

「このドライバーをつけていれば

 とりあえず症状は抑えられる。」

「限度があるでしょ!

 あなた・・ このままじゃ死ぬわよ。」

「だとしたら俺は 

 しょせん その程度の男だったということだ。」

「さっきの言葉は本気なの?」

「何の話だ?」

「ヘルヘイムの侵食を止める必要はない。

 本気で そう思ってるの?」

「ああ。俺は世界を救う気など 全くない。

 かつて 平和だった頃のこの世界には
 
 俺の求めているものなど 何ひとつなかった。

 きっと俺の居場所は

 全てが滅んだ その向こう側にしかない。

 世界が終わるか 俺が終わるか。

 一体どっちが先だろうな・・・。」

戒斗もびしょぬれ。

「どうした?貴様も葛葉同様

 俺が間違っていると思うか?」

「そうね・・。まともではないわね。

 それでも私は 

 あなたを最後まで見届けると決めたわ。」

「勝手にしろ。」

凌馬とミッチ。

「このままでは 舞くんは人間ではなくなるかも。

 黄金の果実によって

 オーバーロードになる可能性が高い。」

「舞さんが化け物に・・・?」

「彼女を救うには
 
 体内の果実を摘出するしかない。」

「そんなことができるのか?」

「私にまかせたまえ。

 だが 1つ問題がある。

 葛葉紘汰だ。」

「どういうこと?」

「彼は世界を救うために 黄金の果実を必要としている。

 だから舞くんが 始まりの女になることを望むはずだ。」

「世界を救うために

 舞さんを犠牲にするっていうのか?バカな。」

「君は甘い。葛葉紘汰は異常だ。

 彼は自らオーバーロードになろうとしている。

 そんな人間が舞くんのことをためらうと思うかい?

 葛葉紘汰に舞くんの治療を邪魔されたくない。

 だが 彼の力は圧倒的だ。

 ゲネシスドライバーをもってしても

 今の彼を止めることは難しい。そこでだ・・・。」

ロックシードをみせる凌馬。

「それは?」

「かつて あまりにも危険すぎるため

 封印した試作品だ。

 装着者の生命力を吸って

 強大なエネルギーを発揮する。

 ヨモツヘグリロックシード。

 これが葛葉紘汰に対抗できる唯一の手段だ。

 もちろん命の保証はない。

 愛する者のために命を捧げる・・・。

 光実君 君にはその覚悟はあるかな?

 大事なことだ。よく考えるといい。」

ロックシードを手にするミッチ。
舞のそばにいきました。

「ねえ 舞さん。

 そんな顔しないでよ。

 もっと昔みたいな顔してよ!」

泣きだすミッチ。

「何でだろう・・・

 思い出せないや・・。

 あなた・・・ 昔は どんな顔してたっけ?

 僕は 何を守ろうとして・・

 何のために戦ってたんだっけ・・・?」

貴虎の幻がまた出現。

「その目で しっかりと焼き付けろ。

 これが お前が成してきたことの結果だ。

 人を騙し続けてきたお前が

 今さら 誰かと寄り添えるはずもない。」

「それでも あなたは 

 僕にとって最後の光だ。

 あなたのためになら

 こんな命・・・ 投げ捨てたってかまわない。」

「お前の命に価値はない。

 彼女の命と釣り合うはずがない。

 お前は 何も成し得ないまま終わるだろう。」

「もう黙っててくれよ。」

ロックシードを握るミッチ。

ペコとチャッキーはシーツを縄のかわりにして
窓から脱出。

「よし・・!」

「気をつけて。」

みんなをさがしている紘汰。

「舞・・ 一体どこ行った?」

そこへミッチがやってきました。

「光実・・・。」

「葛葉紘汰。あなたは この僕が止める。」

「もうやめよう。

 俺たち 本当は 傷つけあう必要なんてないんだ!」

「結局 僕は何も勝ち取ることができなかった・・。

 それでも あの人だけは・・!」

「なんだ?そのロックシード。」

「舞さんだけは 何としても守りぬいてみせる!

 そのためなら、僕の命なんか・・!」

「ヨモツヘグリ」

空に黒い雲がひろがりいかにも怪しそう。

「おい 命って・・・お前、一体!?」

「ロックオン」

「変身。」

「ハイー!ヨモツヘグリアームズ!」

「冥 界・ ヨミ ヨミ ヨミ」

苦しそうなミッチ。

「おい!大丈夫か!?」

「ヨモツヘグリアームズ 

 冥 界 ヨミ ヨミ ヨミ」

「うわあーーー!」

紘汰に襲いかかるミッチ。

「やめろ 光実!」

ミッチ、すごく苦しそう。

「そのロックシードはやばい!早く変身を解け!」

「自分の命だからって・・ 惜しむものか!」

「何 バカなこと言ってんだ!」

「ヨモツヘグリスカッシュ」

紘汰も変身。

「カチドキアームズ!いざ出陣!」

「エイエイオー!」

「やめろ!」

「ヨモツヘグリスカッシュ!」

「うわあっ!」

しかしミッチ、立っているのも苦しそう。

「うっ・・あっ・・ぐっ・・」。

「あっ・・・!おい、光実!」

「やめろ!これ以上はお前の体がもたない!

 なあ、やめよう?なっ!おい!」

「僕には 何も残されていない!

 もう舞さんだけなんだ!」

「光実・・。」

「うわあっ」

「うっ」

「舞さんだけは 失うわけにはいかないんだ!」

「うりゃ!」

「ああっ・・」

倒れてもたちあがるミッチ。

「うっ・・ううっ・・ううっ・・」

「それほどの覚悟なのか?

 俺も 覚悟するしかないのか?」

極ロックシードをつかう紘汰。

「フルーツバスケット]

「ロック オープン 極アームズ 」

「大・大・大・大・大将軍」

「ハアッ」

「ハアッ!」


ミッチとぶつかりあう紘汰。




ミッチーーーー!!
ミッチ、すごいひどいことしてきたし
悪いやつなんだけど、黒ミッチなんだけど
かわいそうにみえてしょうがない!
お兄ちゃん、幻影でそんなにせめてないで
やさしくしてあげてーー。
あの予告・・ミッチ、やっぱりもうだめなの。

名前からしてやばすぎるヨモツヘグリ。
使ったら人間じゃいられなくなるような代物ではないですか。
うまくミッチをのせてつかわせる凌馬が本当の悪い人。
ミッチの命なんかどうとも思ってないよね。
あんな危なそうなロックシードなのに
ヨミヨミ・・って変身音はちょっと笑えました。
凌馬さんのセンスってw

サガラ、宇宙を渡るとかすごいスケールの大きい話に
なっておりますが・・魚はトカゲになってほしいとか
そんな神様みたいな力があるなら黄金の果実で
王妃の命くらい蘇らせるのなんて簡単じゃないの?
王妃の意識体と会話してたくらいだし。

物語がすすむにつれていいかんじに変わってきていた戒斗が
なんだか昔に戻ったようになってしまってたけど・・なんで・・。
耀子、それでも戒斗がいいのか。




仮面ライダー鎧武 葛葉紘汰 佐野岳
仮面ライダーバロン 駆紋戒斗 小林豊
仮面ライダー龍玄 呉島光実 高杉真宙
高司 舞 志田友美
仮面ライダー斬月 呉島貴虎 久保田悠来
仮面ライダーブラーボ 鳳蓮・ピエール・アルフォンゾ 吉田メタル
仮面ライダーグリドン 城乃内秀保 松田凌

チャッキー 香音
リカ  美菜
ラット  小澤 廉
ザック 松田 岳
ペコ   百瀬 朔
葛葉 晶  泉 里香
角居裕也  崎本大海
DJサガラ  山口智充
仮面ライダーデューク 戦極 凌馬 青木玄徳
仮面ライダーマリカ 湊耀子 佃井皆美
ナレーション 大塚芳忠
















2014.08.25 Monday 17:22 | comments(2) | trackbacks(5) | 
<< ジャンプ39号感想 | main | HERO 第6話 第7話 >>
ミチコ (2014/08/25 5:57 PM)
honeyさん こんばんは、私も昨日のガイムを見ましたが次回はミッチーとバロンが・・・、
honey (2014/08/25 7:58 PM)
ミチコさん、こんばんは。

次回のミッチ危うしですね。
戒斗もどうなるんでしょう。









今日の仮面ライダー鎧武 第42話
「光実!最後の変身!」 オーバーロードが滅び、黄金の果実が舞の体の中に埋め込まれたという事で新たなというか最後の展開へ。 紘汰はお姉さんの無事を確認、みんなを街の外に避難させないといけないという状況は続き、お姉さんは街に残って手伝うと決めた所にイ
| 地下室で手記 | 2014/08/25 8:54 PM |
鎧武「光実! 最後の変身!」
 ガイムのガレージにやってきたりして、完全に後先考えられない状態になってるミッチ。  そんなんだから、プロフェッサーの言葉にあっさり乗せられてしまう。  コウタはミッチの覚悟とやらを受け止めて戦うことを決心したらしいが、理屈がよくわからん。
| blog mr | 2014/08/27 9:50 PM |
仮面ライダー鎧武の42話をみる
こんばんは。近頃NHKBSで平成ガメラの三部作をやっていたのですが。地味に毎週見
| くにづくり日記まーく3 | 2014/08/27 11:08 PM |
仮面ライダー鎧武 第42話「光実!最後の変身!」
仮面ライダー鎧武の第42話を見ました。 第42話 光実!最後の変身! 光実は鎧武のガレージで舞と再会するのだが、舞は突然苦しみ始めると、その場に倒れ込んでしまう。 このままでは舞が危ないと、駆けつけた凌馬の言葉に従い、光実は舞を病院へと運ぶ。
| MAGI☆の日記 | 2014/08/28 6:03 AM |
仮面ライダー鎧武 第42話「光実!最後の変身!」
仮面ライダー鎧武 第42話「光実!最後の変身!」
| Hybrid-Hills | 2014/08/29 3:24 AM |