<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アオハライド 第10話

第9話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


洸と悠里の間に何があったのか
気になってしかたない双葉。

洸が勉強しないようになったのは
勉強が嫌いになったんじゃなくて
必要なくなったから・・。
必要ないのにやることないと洸がいと
ちゃんとやっとなかなきゃだめだと力説する悠里。

みんなでいっしょに進学もしたいし
夏休みもいっぱい遊びたい。
修子も乗り気じゃないけどスケジュール確認はしてくれる。

勉強会の帰り道にもう一度、悠里に何かあったかと
たずねますが、やっぱり何もないと言われてしまいました。

でもどうしても気になる双葉は洸の家にひきかえし
あれこれ理由をごまかしながら結局、直球で質問。

「洸さぁ・・悠里となんかあった?」

洸は何もないといいますが返事するまでに
悠里と同じ間が・・。

この話はおわり、といわれるけど

「洸が変わった理由が・・知りたい」

とくいさがりました。

「昔の俺さがすのやめろって

 前に言ったよな?」


「探してない。

 もう あの頃の洸は探してない。

 ちゃんと 今の洸を知りたいだけ。

 洸にあったことも 全部知りたい。」


たいていのやつははぐらかせばあきらめるのに
双葉はあきらめない。
洸も教えてくれる気になりました。

和室にあったのは母の仏壇。

「こんなことしらされても 言葉につまんだろ。」

それにそんな顔させたくなかったし・・という洸。
悠里も今の双葉とまったく同じ顔してたそうで
悠里は洸の秘密を勝手に話すわけにはいかないから
何もなかったといっていたのに
二人の仲をかんぐって焦った自分を反省する双葉。

『洸も双葉も ちゃんと自分以外の人の気持ちを

 ちゃんと考えてるのに

 私は 自分のことばっかりだな』

ぽろぽろ涙を流す双葉の頭にポンと手をのせて
頭をなでてくれました。

「学校 やめないよね?

 洸は みんなといっしょにいたくないの?

 私は・・洸と いっしょに いたいよ。」


ますますはげしく泣く双葉のその涙をぬぐって
その手を頬に添える洸。

このあとキスするかのようなシーンですが
そこに田中先生がw

すっかり誤解して真っ赤になって隠れる田中先生。

「そういうんじゃねえから。

 母さんのこと知ったら 泣いちゃった。」

「そっか。」

洸はこのあとバイトだそうで
田中先生が車にのせてってやろうかというのを辞退して
かわりに双葉が送ってもらうことに。

洸はとっさにしたあの行動が
自分でもよくわかってないようで・・。

田中先生が言うには、洸はたぶん自分が許せないのだそう。
離婚したとき「母さんを頼む」といったのに
いちばんたいへんなときに洸に全部まかせてしまった。

母が入院したとき、教師になったばかりで
なかなか病院にいけず
会うたび痩せていく母親をみるのはつらくて
病室にはいるのがすごくこわかった。
でもそんな思いを洸は毎日、たったひとりで・・。

「洸は ほんとは

やさしくていい子なんだ。

 だから・・」


「知ってます。

 知ってます・・。」


とまた泣いている双葉。

「そうでしょ。

 あいつ いい子なんだ。

 ありがとう。」


先生におくってもらいました。
大事なものをつくるとしんどくなるといっていた洸。

『あれは なくすことの怖さを

 知ってる人の言葉

 そうやって 今の洸があるんだね』

「洸・・・。」

『私の知らない夜を 歩いてたんだね。

 だから・・

 でもね 
 
 洸には抜かりがあって

 いくら適当ぶったり

 ぶっきらぼうにふるまっても

 最後には 絶対優しいって 知ってる。』



翌日、屋上で悠里に謝る双葉。
洸からお母さんのことをきいて
一人で勝手にもやもやして
みっともないよねという言葉に
洸と双葉が仲がいいと不安になるという悠里。
洸のお母さんのことを言わなかったのも
双葉より特別になれたような気がしたから
そんなふうに謝られるとつらいと
こちらも率直な気持ちを。

「あ〜あ もうなんか やだね。

 なんでうちら 同じ人なんか

 好きになっちゃったんだろうね。

 もうやだ!!」


「双葉ちゃん・・。」

「でも 悠里。 大好きだからね!!」

「私も双葉ちゃん 大好きだよ!」

抱き合って泣く女子ふたり。

すっきり笑顔で仲直り。

洸に数学のまとめをわたす小湊くん。
いらねえと言いながらもちゃんとかばんにしまう洸。

『ほらね。

 いくらぶっきらぼうにしてても

 最後には そうやって優しい。』


次の勉強会の計画もどんどんすすめるみんな。

『洸が もし 

今も夜を歩いているなら

 出口の目印には 私たちがなるよ』




洸と悠里の間に何があったかは
双葉が思ったようなことではなかったけど
ならあんなに赤面しなくても、、^^;

友達と同じ人を好きになって
もっとドロドロするかと思われるところ
お互いけっこう積極的に動いてるし
文字通りうらみっこなしなのかも。

洸は多感な時期につらい経験をして
心が傷ついたままみたいで
お兄ちゃんもわかってるけど
どうにもできないでいる状態か。
やっぱりここは友達の出番・・!
双葉がその押しの強さでガンガンいくのは
いいかもしれない。

 



吉岡双葉  内田真礼
馬渕 洸  梶 裕貴
横田悠里  茅野愛衣
村尾修子  小松未可子
小湊亜耶  KENN
田中陽一  平川大輔














2014.09.09 Tuesday 17:04 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< HERO 第9話 | main | GTO 第10話 >>









アオハライド #10
アオハライド PAGE.10
| ぐ〜たらにっき | 2014/09/09 7:53 PM |
アオハライド 第10話 感想
アオハライド第10話感想。洸の過去が明らかになったアオハライド第10話。悠里の思わせぶりな態度が双葉を不安に。田中先生が素敵。
| あずきブログ | 2014/09/09 10:42 PM |