<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

PSYCHO-PASS サイコパス 2  第6話「石を擲つ人々」

第6話「石を擲つ人々」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


軍事ドローン相手に戦う朔夜たち。
今ドローンを遠隔操作しているのは
一般市民だとつきとめた志恩。
国防省のドローンがのっとられただけでなく
不特定多数に遠隔操作されるとは前代未聞。
当人たちに自覚はなく、国境警備オペレーターがつかう
保護プログラムが利用されているそうで
サイコパスが悪化しないように現実とは違う映像を
ゲーム画面にみせかけているそう。

『殺意なき人々・・

 彼らの色は何色か

 そういうことなの?

 鹿矛囲。』



ゲームは複数のサイトで公開され
削除しても数分で再登録。
あちこちで知らずに子どもたちもゲームしていて
港のドローンがすべてのっとられるのも
時間の問題。

サーバーの場所をさぐるのも時間がかかりそうで
なんとかプレイヤーの増殖をくいとめてもらうことに。

とにかくここから全員脱出をめざす朱たち。

雑賀と議員。

「お前は 公安を狩りに誘い込んだ。

 いや それだけじゃないな。」

鹿矛囲はドミネーターの機能を追求していて
でコンポーザーでドローンを無力化できるのは
わかっていたはず。
何か別の目的が・・?
朱は何か心当たりがあったよう。

逃げる蓮池は犯罪係数が超えていて
酒々井監視官のドミネーターで撃たれました。

眼帯をしてすっかりりりしくなった酒々井のそばには
鹿矛囲が・・。

「鹿矛囲のつくる世界には 猟犬はいらない。」

驚きの目をみひらいで死んでいく蓮池。

酒々井はとても澄んだ気持ちで、サイコパスが
クリアなままなのが自分でもわかると笑顔。

「それこそ 君が本来持っていた心だ。

 君は解放された。

 おめでとう。」

鹿矛囲に感謝する酒々井。
目のこともまったくうらんでいない。

鹿矛囲にその目が・・。

「完璧だ。

 これで このドミネーターは

 僕を 君だと認識し続ける。」

「あなたの目になれて嬉しい。

 役に立つなら 私のからだをいくらでもつかって。」

朱と朔夜。

目的は執行官の殺害ではなく
今までの事件を考えれば答えはひとつ。
さらに雑賀も同じ結論にたどりついていました。

「ドミネーターの回収」

朔夜の部屋にしのびこんだ美佳。
朱のサイコパスの変化を記録している形跡があり
気持ち悪いと叫んでいるとそこに弥生から呼び出し。

酒々井監視官が起動した2丁のドミネーターが
別々に動いていて、彼女になり変った誰かが
ドミネーターを扱っているという志恩。
美佳が来次第、応援にいくという弥生をとめる朱。

「だめよ。

 敵にドミネーターがある以上

 執行官はくるべきじゃない。」

執行官や警官が次々撃たれました。

酒々井監視官のドミネーターの位置を教えてと
たのむ朱。
朔夜とギノさんには現場から撤退するよう指示。

「まさか ひとりでいくつもりか?」

「ドミネーターでは監視官は殺せない。

 鹿矛囲は 私がとらえてみせます。」

それをきいてまた文句を言っている美佳。

「何勘違いしてんの。

 執行官をさがらせて 前線に立つなんて。

 ちょっとサイコパスがクリアだからって調子にのって。

 濁っちゃえばいいのに。

 あっ・・。私・・何言ってるんだろ・・・。」

確実に濁ってきてる・・。

ドミネーターの周囲はドローンだらけで無謀だという志恩。
そこにやってきた雑賀はゲームのサーバーはどうだと
言ってくれました。

国防省のドローン管理サーバーがビンゴで
ゲームプログラムをクラックしてサイコパス保護のホロを
解除して現実の光景をみせることに。
雛河がその作業をすることに。

「おねえちゃん 助けなきゃ。」

ドローンの位置を教えてもらいながらすすむ朱。
囲まれたところを須郷さんが助けにきてくれました。
軍事ドローンを排除するとゲーム画面ではゲームオーバー。

そこへ朔夜とギノさんも!

「おもりは監視官の仕事だぞ。

 逆なんて やらせるな。」

須郷さんがもともとここにいたときの知識を生かして
作戦を提案。
ドローンの大半を無効化できるかもしれないし
失敗しても自分が死ぬだけ。
でもそれを自分がやるという朱。

新城からSOSの電話がはいりますが
そこへ酒々井があらわれてやられてしまいました。

須郷さんに指示をと命令する朱。

「常守。お前がやる必要は・・。」

「早く!これ以上犠牲が出ないうちに!」

運用試験場へ移動するとさっさといってしまうふたり。
その後ろ姿にドミネーターをかざす朔夜。

「この状況で なんて美しい。」

目が赤くなっていてとても怪しい・・。

「だからこそ 黒く染めてやりたい。」

ますます怪しい。


ドローンは朱に標的をしぼっていて
それを利用するという須郷さん。

ドローンにドミネーターをむけひきつけ
とっさにそこから移動。
ドローン同士で撃ちあって
ゲームをしていた学生たちはゲームオーバー。

酒々井監視官のところに5丁のドミネーターが
集まっているという志恩。
軍事用ドローンの持っていた銃を持ちだす朱。

「鹿矛囲はドミネーターで裁けない可能性が高い。」

「サイコパスを濁らせたいのか?」

「お守りですよ。」

そのとき他の場所でもドローンが操られはじめました。
ゲーム再開。
一般道路や病院内でも。

雛河の作業が完了しホロ解除することに。
そんなことをしたら現実画面をみた人の
サイコパスが濁ると反対する美佳。

「そいつは お前さんの仕事だ。

 このまま 全てのドローンが

 コントロールを奪われたら

 どうなると思う?」

「そんなの・・公安のやることはない!」

「マニュアルどおりじゃ どうにもならないこともある。」

ドローンから逃げながら移動する朱たち。

ホロがとかれ現実に撃たれた人がゲーム画面にうつり
それをみて驚く人々。

ドローンの動きはとまりますが
エリアストレス警報が発生。

「だから言ったのに。

 こんなの全部対処しきれるはずがないじゃん!」

「泣きごと言うな。

 監視官だろ。」

出動しましょうという弥生。

「集団的なサイコパス汚染か。

 まるで シビュラによる秩序の弱点を

 ひとつひとつ確認してるみたいだな。」

海から逃げる鹿矛囲と酒々井をみつけた朱。
ドミネーターを向けました。

『ドミネーターが認識すらしないなんて・・。

 透明人間。』

鹿矛囲も朱にドミネーターをむけました。

「犯罪係数 28 

 執行対象ではありません。

 トリガーをロックします。」

「これが君の色。

 やはり驚くほどクリアだ。」

「あなたは何者?

 何が目的なの?」

「常守監視官。

 君に 裁きを見届けてほしい。」」

「裁き?

 待ちなさい!」

「君が撃てないのは知ってる。」

朱から銃をうばう朔夜。

「汚れ仕事は 我々の役目だ。」

銃をかまえる朔夜の姿がコウガミさんにみえた朱。

「ダメ!!」




朔夜、やっぱりシビュラ側?
朱をどうしたいの。
2期の朱はずっとたくましいですが
今回も本当にりりしい。
美佳はあいかわらずでこのままかわらずにいたら
濁る一方なのでは。

鹿矛囲の正体も怪しいし。
ゲーム感覚で人を殺してもなんとも思わないし
サイコパスも濁らないままで、たまにそういう人も
でてくるんだろうけど、他の人のサイコパスもクリアに
してしまえるのはどうしてなのか。
酒々井はすっかり操られてますが薬とか?




常守朱: 花澤香菜 
宜野座伸元: 野島健児 
霜月美佳: 佐倉綾音 
東金朔夜: 藤原啓治 
雛河翔: 櫻井孝宏 
六合塚弥生: 伊藤静 
唐之杜志恩: 沢城みゆき 
鹿矛囲桐斗: 木村良平 









2014.11.14 Friday 10:50 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< ディア・シスター 第5話 | main | 俺物語!!7巻 >>









PSYCHO-PASS 2 #06
『石を擲つ人々』
| ぐ〜たらにっき | 2014/11/14 12:48 PM |
「PSYCHO-PASSサイコパス2」第6話
  #6「石を擲つ人々」「常守監視官…君に裁きを見届けて欲しい」簡易感想で…鹿矛囲の目的はドミネーターの回収でしたさらにはすっかり鹿矛囲に洗脳されてしまった酒々井が戦力...
| 日々“是”精進! | 2014/11/14 2:34 PM |
PSYCHO-PASS 2 第6話「石を擲つ人々」
「常守監視官、君に裁きを見届けて欲しい」 ついに顔を合わせる事になった鹿矛囲と朱! ドローン乗っ取り事件の目的は――…    【第6話 あらすじ】 軍事ドローンは容赦なく刑事たちを追いつめる。そこにドミネーターを持った人物が現れ、犯罪係数が悪化した
| WONDER TIME | 2014/11/14 8:09 PM |
PSYCHO-PASS 2 フジ(11/13)#06
第6話 石を擲つ人々 鹿矛囲を追いかけてきた朱。しかし国防省のドローンが乗っ取られて 朱たちを襲う。一般人がドローンを制御していた。保護プログラムを利用されてホロで幻想を見せられている。唐之杜がゲームを削除してもコピーされてしまう。サーバーを突き止めて
| ぬる〜くまったりと | 2014/11/14 8:31 PM |
『PSYCHO-PASS 2』#6「石を擲つ人々」
「集団的なサイコパス汚染か…。まるで シビュラのによる秩序の弱点を一つ一つ確認してるみたいだな」 鹿矛囲を見つけるために、軍事ドローン研究場に向かった朱たちだったが、 ドローンが一般市民に操作され、ゲーム感覚で人々が殺され始めた。 どうやらサイコパ
| ジャスタウェイの日記☆ | 2014/11/14 9:28 PM |
PSYCHO-PASS サイコパス2 第6話「石を擲つ人々」
第6話「石を擲つ人々」 ゲーム画面もホロ・・・ こりゃ鹿矛囲と雛河くんのホロ対決とかありそう。 国防省のドローンをハッキングしてゲームとリンクさせた鹿矛囲。 相変わらずザルセキュリティかよw
| いま、お茶いれますね | 2014/11/14 10:33 PM |
【アニメ感想】PSYCHO-PASS? サイコパス 6話
前回の感想 原作に虚淵氏がいたからって、仲間を殺し過ぎじゃない? なんていうか色々残念。ドミネーターを奪うにしてももっと賢いやり方があるだろうに。 酒々井監視官がシビュラシステムに泳がされているなら、大量に取りに行くこともできるんじゃないか? (
| R.U.K.A.R.I.R.I | 2014/11/14 10:58 PM |
PSYCHO-PASSサイコパス2〜#6「石を擲つ人々」
 人間の心理状態が数値化され、それをもとに裁かれる世界。治安維持にあたる刑事たちの物語「PSYCHO-PASS」のセカンドシーズン、第6話ゲームは複数のサイトで公開。削除しても数分で...
| ピンポイントplus | 2014/11/19 5:38 PM |