<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

信長協奏曲 第6話 第7話

第6話 第7話



6話

 サブロー(小栗旬)の居城に明智光秀(小栗旬・二役)が
家臣になるとやって来た。光秀は他の家臣たちに信長だと
悟られぬよう覆面姿で、彼の手土産は上洛の良案だった。
足利義昭(堀部圭亮)を将軍と擁立するという大義名分をもって
織田の上洛を朝廷に了承させようと言うのだ。竹中半兵衛
(藤木直人)もこの策を認めたため、家臣一同了承。しかし
池田恒興(向井理)が問題点を指摘。それは織田の人々が
京での作法を知らないこと。さっそくサブローは家臣たちと
作法を学ぼうとするが上手くいかない。すると、光秀が
妙案を持ちかけた。
 京に上った織田勢だが、サブローはのんきに街でお買い物。
義昭とともにみかどと対面したのは、覆面を取って信長に戻った
光秀だった。思い通りに征夷大将軍をみかどから拝命した義昭は、
光秀と再度“信長"を入れ替わったサブローに副将軍を任命する。
だがサブローは断り、さらには自分が天下を獲ると宣言した。
 京からの帰り道、サブローたちは市(水原希子)が嫁いだ
浅井長政(高橋一生)の小谷城に立ち寄ってから自身の城へと帰った。  

サブローが帰蝶(柴咲コウ)に京土産を渡していると、家臣たちが
鬼が来たと騒ぎだす。サブローがのぞきにいくと、背中に鬼
を背負った松永弾正久秀(古田新太)がいた。松永は義昭が
信長を討伐するよう全国の大名に布令を出したと教える。
サブローは念願の上洛を果たしたものの義昭の怒りを
買ってしまったのだ。




 「京都にいきたいかーー?!」「おー!!」のあたりは
大笑いしたのですが、話はけっこうシリアス。

長政が本当は信長を裏切りたくないのに
国のため民のため、そうせざるを
得なくなってしまっててつらい。
夫と兄との間にたつ市もつらいし
長政を信じてた信長も信じられない気持ちでいっぱいに・・。

敵に囲まれて退却する中しんがりを申し出た藤吉郎は
そこで信長を討つ気満々だし、のんびり楽しそうにみえても
この世界、やはり気を抜けない戦国の世。

松永まで未来人だったとはw
たしかにこっちのほうがやりやすそう。





7話

 サブロー(小栗旬)たちは、市(水原希子)から浅井長政
(高橋一生)の裏切りを伝えられて退却を始める。
木下藤吉郎(山田孝之)は、自ら最後尾で浅井勢を抑えると
申し出た。それは浅井の追っ手に加担し、憎き信長を討とうとする藤吉郎

の策だった。しかし、手なずけた蜂須賀小六
(勝矢)らの兵とともに藤吉郎が最後尾に向かおうとすると、
竹中半兵衛(藤木直人)たちが加えて欲しいと現れる。
藤吉郎は自分の真意を半兵衛らに気づかれるわけにもいかず、
意に反して浅井勢と戦うはめになった。
 一方、次々と切り崩される兵の犠牲をともないながらも、
サブローはわずかな手勢とともになんとか帰城。出迎えた
帰蝶(柴咲コウ)に安堵の笑みを浮かべるサブロー。だが、
次の瞬間、銃声が轟く。何者かがサブローを撃ったのだ。
駆けつける帰蝶の腕の中で血に染まるサブロー。遅れて
帰城した池田恒興(向井理)も顔色を失ってしまう。
 そのころ、長政は市にサブローに急を報せたのだろうと
尋ねていた。夫と兄が戦わなければならないことを悲しむ市。
サブローが逃げ切ったことを知る市だが、久政(村井國夫)から
朝倉義景(小市慢太郎)の間者に撃たれたと聞かされ絶句する。
 一命は取り留めたが、意識の戻らないサブローを帰蝶と
ゆき(夏帆)が必死に看病する。だが、ゆきの様子はどこか
おかしい。なぜならゆきこそが朝倉の間者。
ゆきは信長の命を必ず奪うことを命じられているのだ。




長政に裏切られ、さらにはゆきにも裏切られ
すっかり心折れてしまった信長を支えてくれたのは帰蝶。
信長が畑を耕し、帰蝶がご飯をつくる・・そんな
普通の暮らしは実際には夢みたいなものだけど
互いに生きているだけでいい、そのためのめおとだと
言ってくれる帰蝶に信長は、というかサブローは
どれだけ心いやされたことか。

裏切りもののゆきを呼び戻して
今度はその命を帰蝶を守るために
つかってほしいと頼む信長。
一度は命を狙われた相手だけど
それでも信じようとするところがサブローです。

光秀の顔をみてしまった藤吉郎はどう出る?







サブロー  小栗旬
帰蝶     柴崎コウ
池田恒興  向井理
伝次郎   山田孝之






2014.11.25 Tuesday 08:49 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< ダイヤのA 44巻 | main | 鬼灯の冷徹 16巻 >>









信長協奏曲「裏切りの銃弾!撃たれた痛みは心の痛み…」
しんがりを申し出、虎視眈々と、信長(小栗旬)を狙ってた、木下藤吉郎(山田孝之)なれど、竹中半兵衛(藤木直人)たちが加わり、見張られて、暗殺計画は頓挫。帰蝶(柴咲コウ)の待ち構える前で、銃弾に倒れてしまいますが、撃ったのは、朝倉の間者のゆき(夏帆)結局
| のほほん便り | 2014/11/25 10:41 AM |
【 信長協奏曲 】第7話「裏切りの銃弾!!撃たれた痛みは、心の痛み…戦国で生きるということ」 感想
俺さ、何かコツつかんだみたい。 戦国で生きてくコツ。 何かさ、このまま天下取れちゃう気がするんだよね。 きっとこのまま勝ち続けていけるってそう 思うんだ。 そんなふうにさ、この先ずっと勝ち続けていったら…。 そしたらいつかはさ。 いつかは慣れる
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2014/11/25 11:56 AM |
信長協奏曲 第7話
サブロー(小栗旬)たちが、浅井長政(高橋一生)の裏切りを知って退却する中、しんがりを名乗り出た藤吉郎(山田孝之)は、手なづけた蜂須賀小六(勝矢)たちと共に浅井勢に加わり、「信長」であるサブローを討とうとしていました。 しかし、半兵衛(藤木直人)たち
| ぷち丸くんの日常日記 | 2014/11/25 12:29 PM |
信長協奏曲 #07
『裏切りの銃弾!!撃たれた痛みは心の痛み…』
| ぐ〜たらにっき | 2014/11/25 12:43 PM |
「信長協奏曲」第7話
  第7話「おぬしには、わらわがおるではないか…」簡易感想で…しんがりを務め、信長を討とうとしていた藤吉郎でしたが…半兵衛がしんがりに加わり、その目論みは失敗〜半兵衛、...
| 日々“是”精進! | 2014/11/25 2:13 PM |
「信長協奏曲」歴史に疎い高校生7浅井に裏切られゆきに撃たれた事でサブローは人を信じすぎる事への甘さを痛感し合戦へと舵を切った
「信長協奏曲」第7話はサブローは朝倉の罠に掛かり、浅井に裏切られた事で窮地に陥る。命からがら逃げきったと思ったが直前で撃たれて瀕死の重傷で死の淵を彷徨う。辛うじて命は ...
| オールマイティにコメンテート | 2014/11/26 5:57 AM |