<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

デート〜恋とはどんなものかしら〜 第1話

第1話



 東大大学院を卒業し、内閣府の研究所で働く藪下依子(杏)は、
徹底的に効率を重視する超合理主義者。そんな依子が、
30歳を目前にして父親の俊雄(松重豊)から見合いをすすめられる。
今まで男性と付き合ったことはないが、亡くなった母親の小夜子
(和久井映見)が29歳の時には結婚も出産もしていたこと、
子供が生まれれば国の少子化対策にも貢献できると考えて
それを承諾。しかし、結婚を相手との「契約」ととらえる依子は、
ことごとく見合いに失敗してしまう。
 一方、「高等遊民」を自称するが、実際はニートと変わらない
日々を送る谷口巧(長谷川博己)は、自宅で美術教室を営む
母親の留美(風吹ジュン)と2人暮らし。昼過ぎに目覚めると、
新聞を読みながら食事を済ませ、ソファに座り気取ったポーズで
小説を読み始める。無職のため当然収入はなく、すべてを
留美に頼っているが、働く代わりに文学や芸術の世界に
好きなだけ触れられる自分の生き方に誇りを持っている。
 そんな巧を心配して幼なじみの島田宗太郎(松尾諭)が、
結婚相談所の資料を持ってくるが、巧は猛反発。それでも
内心では、母親に万一のことがあれば路頭に迷ってしまう自分を
不安に感じていた。
 一度は結婚をあきらめた依子だが、俊雄が責任を感じている
ことを知り、結婚相談所に登録。そこで、一目ぼれした人と
デートをすることにした、と報告する。その相手こそ、
出版社勤務と経歴を偽った巧で…。





痛い女と痛い男でたいへんお似合いw

とにかく理詰めで細かいことにこだわって融通聞かない
痛いリケジョ(差別用後) 依子と世間からみたらニート
本人に言わせると高等遊民の文系男 巧が
それぞれの事情から結婚をめざすことに。

最初のデートから変w
依子のこのこだわりは、ドラマだから大げさに
描いてあるのかもですが専門的な病名がついても
おかしくないくらいの変わりぶり。
巧のほうは現実とむきあおうとせず
好きなだけしているある意味うらやましい生活ですが
デートをみている限りでは依子の方が痛いかも・・。

ふたりとも変だけどお互いに相手を痛い女・痛い男と
おもってて、それでもデートを続行。

船の上でもとんちんかんな会話が
かわされつつ、キスをする流れになったところで
邪魔がはいってあわや海に転落・・の流れから
今まで女性と付き合ったことがないと
自分の気持ちをすべて告白する巧。
そこからの勢いがすごかったw

「ああ そうですよ!

 僕は 生まれてこの方 35年

 女性と付き合ったことなんかありません!」

「一度もないの?」

「ないよ! 悪いか!」

「いや…。見え透いた嘘を。」

「嘘じゃない!」

「では やはり 異常性癖…。」

「違います!もっ もう この際だから

 ぜっ 全部 正直に言いますね。

 僕は 小説や映画や漫画やアニメの世界が好きで

 現実の女性にあんまり興味がないんです。

 人と接するのも 苦手なんです!」

「じゃあ 何で デートなんか?」

「友人に女性と付き合えば人生が変わるって言われて

 半ば強引に…。

 でも やっぱり 駄目でした。

 もう デートが苦痛で苦痛で しかたがない…。」

「藪下さん…。」

「僕は 確かに あなたのことを痛い女だって言いました。

 そのことは謝ります。

 もう すいませんでした。


 このとおり本当に痛いのは 僕なんです。

 僕が 痛い男なんですよ。

 僕なんかに付き合わしちゃってすいませんでした。」

「まあ 事情は分かったけど

 結局 好きでもないのに好きなふりしてたわけだろ?

 根本的に間違ってるよ。

 好きだから付き合う。好きだからデートをする。

 そうでなければ 相手に失礼だろ。」

そこにいた船長も否応なくまきこまれ

「まあ 色々あるでしょうがこれもいい経験になることでしょう。

 では 本日は ご乗船誠に ありがとうございました。

 お気を付けて。行きましょう。」

とこの場をおさめようとしてくれたのに
巧の告白に同調する依子。

「谷口さん 謝る必要はありません。私も同じだからです。」

「そろそろ時間がね。」

「私も あなたのことを好きではないのです。

 いえ 最初は 好きだと思いました。

 数ある男性の資料の中から

 谷口さんの資料を見たとき

 なぜだか無性に 胸がときめいたんです。

 ああ 一目ぼれとはこういうものかと思いました。

 ですが こうしてお会いしてみるとまったく ときめかない。

 はっきり分かりました。

 私 あなたのデータにときめいていたんだと。」

「データ?」

「ほら。

 1979年7月23日生まれ181cm 67kg。

 好きな数字ばっかり!」

「すっ 数字?」

「全部 素数なんです!」

素数www

「こんなに素数が並ぶなんて奇跡ですよ。

 宇宙の真理が潜んでいるようでわくわくします!

 いつも こうなんです。

 生身の人間には興味が持てないんです。

 私も 痛い女なんです。

 楽しいふりをしてはしゃいでいましたがやはり 駄目でした。

 デートなんて 何が楽しいのかさっぱり分からない。」

「本当ですよね。

 みんな よくこんなこと普通にやれてると思いますよ。」

「はいご乗船ありがとうございました。

 もう 次の出航の準備をね。」

「依子さん 大丈夫ですよ。

 依子さんも いずれすてきな男性に出会って

 恋をするときが来ます。」

「そうかしら?

恋をしたいなんて 全然 思わない。」

「僕も そうだな。」

ふたり、息があってきたw

「恋愛をすることは 大事なことで人間的にも成長できるし。」

「しないと 凶悪犯罪に走る?」

「えっ?」

「社会学者が言っていました。」

「ハッ。 いいかげんなことを言うやつがいるもんだ。

 そんなのは まったくの嘘です。何の関係もありません。」

「そうですよね?」

「そうですよ。

 恋愛なんかしたって何の成長もしませんよ。

 むしろ そんなのにうつつを抜かしてる連中ほど

 精神的次元が低いと僕は思いますね。」

「同感です。 やれ 合コンでどうした元カレがどうしたと

 他に語り合うことはないのかと思います。」

「もう くそのような連中だな。

 人生には もっと大事なことがたくさんあります。」

「そのとおりです。」

「教養のないバカ女なんかと付き合う暇があったら

 本の一冊でも読んでる方がはるかに有意義だ。」

「幼稚なバカ男と付き合う時間なんて

 貴重な人生の浪費でしかない。

 もっと価値の高いことに使うべきだわ。」

すっかり息のあうふたりにまだ邪魔が入る。

「待った! 価値が 高いとか低いとか ないとかじゃなくて

 恋をするっていうのは素晴らしいことで…。」

「出た出た出た。」

「何だよ。」

「レベルの低いテレビドラマやがき相手の映画ばかり

 見て育ったんだろう。

 現代の幼稚な文化に毒されると

 こういうのが出来上がるという典型例だ。」

「何だよ その言い方は!」

「藪下さん本当に痛いのは 僕らじゃない。

 彼のような人種ですよ。」

「僕が 間違ったことを言ってるか!」

「恋愛なんてものはな 性欲を美化した表現にすぎないと

 芥川 龍之介も 言ってるよ!」

「恋愛をしなければ結婚だってできないだろ!」

「本来 恋愛と結婚は 別物だ。

 昔は 家と家が勝手に決めるのが普通だった。

 結婚式当日に初めて顔を見たなんてケースも珍しくなかった。」

「そんなのは 不幸な時代の話だろ!

 相手を自分で選べないなんておかしい!」

「そうかしら?

 そのころは 今より はるかに離婚率は低かったはずよ。」

「そっ それは いろんな要因が…。」

「恋愛結婚が増えるに従い未婚率と離婚率が増え

 出生率が低下している この現実をどう説明するんですか?」

「そっ それは だから…。」

「すいませんが もう 次の出航…。」

「船長 あなた ご結婚は?」

「うっ うちは大恋愛の末に結ばれたよ。」

「素晴らしい。」

「でも 2年前に離婚した。」

「 くそ〜。」

「フランスの哲学者モンテーニュは こう言っている。

  「美貌や愛欲によって結ばれた結婚ほど 失敗をする」

  「沸き立つような歓喜は何の役にも立たない」」

「共感します。私 かねがね結婚とは

 お互いが有益な共同生活を送るための契約に

すぎないのではないかと考えていました。」

「真理ですね。 フランスの哲学者 サルトルと

 ボーヴォワールが 提唱したものもまさに それです。」

「私 間違ってませんよね?」

「間違ってない。 恋愛なんてくその役にも立たない。

 結婚は契約です。」

 「契約という明確なルールを遂行することは

 誰よりも得意だという自負があります。」

「素晴らしい。 むしろくだらない恋愛感情に左右されない

  あなたや僕は本来最も結婚に向いてるといえますね。」

「えっ? 何?ちょっ ちょっと待った。

 れっ 冷静になりましょう依子さん。

 お互いに好きじゃないんですよね?」

「好きじゃないわ。」

「僕も好きじゃないな。」

「ですよね。

身長や体重は変動するから必ず素数になるとは限らない。

 そう考えると 何一つ魅力のない人物にしか見えない。」

「僕の理想のタイプは ヘプバーンと原 節子と

 峰 不二子と メーテルを足して 4で割った女性なんだけ

 どどこにも かすってない!」

「明らかに好きじゃない。」

「好きじゃないね。」

「ですよね。でも 結婚ならできそう。」

「できるね。」

「できるわけないだろ 愛情がなきゃ。」

「愛情などという数値化できない不確定要素を 基盤に

 人生を設計するなんて非合理的よ。

 その点 私と谷口さんなら感情を排除し

 割り切った契約を結ぶことができる。」

「ベストマッチかもしれませんね。」

「いやいやいや おかしいって。」

「試しに結んでみます? 契約。」

「やぶさかではありません。」

「待った 待った 待った!冗談ですよね?」

「 問題は双方が納得できる契約内容が

 作成できるかということですが。」

「何とかなるんじゃないですかね。

何事も努力ですから。」

「ええ。」

「マジで結婚するの?」

「では 今後は結婚に向けての協議を積み重ねるということで。」

「その方向で進めましょう。」

「絶対おかしいって!

 お互いに好きじゃないんですよね?」

「うっとうしいやつだな!

好きかどうかは関係ないと言ってるでしょう!」

「え〜…。

 おかしいですよね?」

「お前ら 早く帰れよ! 頼むから!」

あれよあれよというまに契約することに決定。
最後、船長の叫びで終結するところまでふくめて
お見事としか言えませんw

「いや〜 ついに 日本にも

 こういう女性が現れたかという思いですよ。」

「みんなが私たちのような考え方になれば

 わが国の 未婚問題や少子化問題も解決するかもしれないのに。」

「それでこそ先進国ですね。」

「今後は 自分を偽ったり ふりをしたりするのは やめましょう。」

「はい。できるだけ 本音でいきましょう。」

「じゃあ 早速頭の花 すごく変です。

 たぶん胸に着けるやつじゃないかと思います。」

「そうじゃないかと思っていました。チ」

「ークも塗り過ぎだしあと 人を にらみ付ける癖

 直した方がいいですよ。」

「私 にらみ付けたりしませんよ。」

「やってますよ。

自覚ないんですね。」

「谷口さんこそ 人と話すときは

 相手の目を もっと見た方がいいと思います。

 それから念のため言っておきますが

 人間を 足して 4で割ることはおそらく 不可能です。」

「分かってます。」

「なら よかった。

 今後は そういったお互いの意向も契約内容に反映させましょう。」

「もう少しどこかで話していきますか?」

「入浴時間が迫っているので帰ります。」

「じゃあ 今度 会う約束だけでも…。」

「メールします。

 では。」

最初のデート終了。

「やっぱり展開についていけない…。」

と視聴者目線と同じ人が代弁w

依子のほうは父に心配をかけないためという
動機だったからまだいいものの
巧のほうは母がいなくなったときのために
次の寄生先を探すための結婚。

「お母さんの代わりに寄生するために彼女と結婚するんだ。

 国家公務員だから福利厚生もしっかりしてる。倒産もない。

 寄生相手としては理想的だ。

 働かなくて済む。」

「筋金入りのニートね。」

「高等遊民だよ。」

依子がその条件で契約してくれるかどうか、ですね。
仕事は嫌いではなさそうだから、結婚して
子どもをつくって少子化阻止に貢献できれば
相手は二ートでもいけるか。



おぼえるのがたいへんであろう膨大なセリフで
ポンポンすすんでいくストーリー。
なかなか新しい恋愛ドラマで杏と長谷川博己の
キャストもはまっててこれは毎回月曜日が楽しみになりそう。



藪下依子: 杏 
谷口巧: 長谷川博己 
島田佳織: 国仲涼子 
鷲尾豊: 中島裕翔(Hey!Say!JUMP) 
島田宗太郎: 松尾諭 
藪下小夜子: 和久井映見 
谷口留美: 風吹ジュン 
藪下俊雄: 松重豊










2015.01.20 Tuesday 08:43 | comments(0) | trackbacks(11) | 
<< ジャンプ8号感想 | main | 仮面ライダー鎧武/ガイム 第十二巻<完> [Blu-ray] >>









デート〜恋とはどんなものかしら〜「恋の仕方がわかりません!!契約で結婚が出来ますか!?」
万人ウケでは無いかもしれませんが、私は楽しくて可笑しかったです。だって、杏と長谷川博己という、天下の美男美女が、“恋愛力ゼロで恋愛不適合者”の男女に扮し、トホホな役どころを熱演してるんですもの。しかも、天下の月9… おふたりして、いや、この枠自体が、
| のほほん便り | 2015/01/20 9:30 AM |
デート〜恋とはどんなものかしら〜第1話★ヘプバーンと原節子と峰不二子とメーテルを足して4で割る
デート〜恋とはどんなものかしら〜第1話 依子(杏)は社会に奉仕する仕事に情熱を燃やす国家公務員。効率的かつ規則的な生活を好む依子は、人付き合いが苦手で、父・俊雄(松重豊)が男性を紹介しても興味を示さない。ある日、俊雄が亡き母・小夜子(和久井映見)の遺
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/01/20 9:35 AM |
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-5792.html
フジテレビ系『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(公式) 第1話(初回15分拡大)『恋の仕方がわかりません!!契約で結婚が出来ますか!?』の感想。 愛情抜きで結婚すると決めた依子(杏)と巧(長谷川博己)。だが、俊雄(松重豊)や鷲尾(中島裕翔)から早
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2015/01/20 10:01 AM |
デート〜恋とはどんなものかしら 第1話〜痛いヤツ、非リア充の反撃! 恋愛至上主義を打ち砕け!
「恋愛なんかしたって何の成長もしませんよ。むしろ、そんなのにうつつを抜かしてる連中ほど精神的次元が低いと僕は思いますね」 「同感です。やれ合コンでどうした元カレがどうした、と他に語り合うことはないのかと思います」 「教養のないバカ女なんかとつき合う暇が
| 平成エンタメ研究所 | 2015/01/20 10:04 AM |
【 デート〜恋とはどんなものかしら〜 】第1話 感想
フランスの哲学者・モンテーニュはこう言っている。 「美貌や愛欲によって結ばれた結婚ほど失敗をする」 「沸き立つような歓喜は何の役にも立たない」 共感します。 私、かねがね結婚とはお互いが有益な共同生活を送るための契約に すぎないのではないかと考えて
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2015/01/20 11:52 AM |
デート〜恋とはどんなものかしら〜 #01
『恋の仕方がわかりません!!契約で結婚が出来ますか!?』
| ぐ〜たらにっき | 2015/01/20 12:55 PM |
デート 〜恋とはどんなものかしら〜 - 杏 長谷川博己
デート 〜恋とはどんなものかしら〜 月曜 21:00 フジテレビ 2015年1月19日〜 [キャスト] 杏 長谷川博己 国仲涼子 中島裕翔 松尾諭 和久井映見 風吹ジュン 松重豊 ほか [スタッフ] 脚本:古沢良太 主題歌: chay「あなたに恋
| 新ドラマQ | 2015/01/20 2:40 PM |
デート〜恋とはどんなものかしら〜 第1話
東大大学院を卒業して、国家公務員として内閣府の研究所で働く藪下依子(杏)は、30歳を前に父・俊雄(松重豊)から見合いを勧められます。 超合理主義な依子は、今まで自分の立てた計画通りに人生を歩んで来たようですが、亡くなった母・小夜子(和久井映見)が29歳
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/01/20 3:32 PM |
【デート〜恋とはどんなものかしら〜】第1話プチ感想と視聴率
【初回(第1話)の視聴率は1/20(火)追記予定】 「恋の仕方がわかりません!!
| ショコラの日記帳・別館 | 2015/01/20 4:05 PM |
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」 第1話 恋の仕方がわかりません !! 契約で結婚ができますか !?
 いや〜楽しかった!さすが古沢良太さんの脚本。 そしてオープニング、ザ・ピーナッツの『ふりむかないで』に合わせてたどたどしく踊る二人が素敵!(* ̄m ̄) もっと見たいわぁ〜 ...
| トリ猫家族 | 2015/01/20 5:43 PM |
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」コミケ障害の付き合い方1肉食リケジョ対ニートオタクのお見合いはそれぞれの世界観を知って意気投合し2度目のデート契約を交わした
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」は恋愛不適合者同士のぎこちないデートをする事になり次第に意気投合していくストーリーである。デートはそれなりに話が噛み合わないと難し ...
| オールマイティにコメンテート | 2015/01/20 8:48 PM |