<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ゴーストライター 第5話

第5話




 映画の原作となる小説「エターナルレシピ」が書きあがり、
リサ(中谷美紀)は主演の女優・菅原可奈(西内ひろ)との
トークショーに出席する。帰宅したリサは、連載小説を
書いていた由樹(水川あさみ)に、トークショーで受けた
拍手の半分は由樹のものであり、私たちはふたりで
遠野リサだと話す。
 編集部で、リサの連載小説「窓際の席で待っています」の
原稿を読んでいた小田(三浦翔平)は、文中にあったある言葉に
目を留め、疑念を抱く。
 由樹を食事に誘った小田は、「窓際の席で待っています」の
キャラクターを批判する。ムキになって反論する由樹を見て、
疑惑が確信に変わった小田は、小説を書いているのは
リサではなく由樹ではないかと切り出した。助けになりたいと
申し出る小田に由樹は…。
 そんななか、編集部にリサの担当者宛ての荷物が届いた。
小田が荷物を開けると、そこには手りゅう弾が入っていた。
すぐに手りゅう弾は偽物であることが判明するが、
警察に呼び出されたリサは、同封されていた
脅迫文ともとれるメッセージを見て顔色を変え…。





ずっとふたりで共犯者のまま
続けていくと思っていた由樹なのに
遠野りさは引退を決意。
ただ原稿をもらうだけでもう書けない状態を続けていくのも
限界だし、反抗的な息子の母親にちゃんと戻りたいとの
思いもあってのことですが、かわりに由樹を育ててくれるかと
いうとそれは無理だと言われてしまい、遠野りさの引退=
由樹の作家人生の終わり。

結婚もやめて名声も捨てゴーストライターをやってきたのに
それはあまりにもひどい。
結婚して幸せな家庭を築いたら・・と言われても
元婚約者はもう別の人と結婚がきまり
そんな道ももう閉ざされてしまった。

そりゃあ逆ギレもしますわ・・・。
そもそもこの出版社じゃなくてもかまわないんだから
暴露してよその出版社にいけばいいのに。

遠野りさ引退を発表する場でいきなり舞台に立ち
自分は遠野りさのゴーストライターだと宣言。

作品プロットや書きかけの原稿とかが証拠になるのかなあ。
そもそも由樹は書けるし、りさはもう書けないんだから
真相はすぐあきらかになりそうですが
予告をみたら法廷で論争に。

由樹が小田に何か相談してたけど小田も味方?

りさはもう後がないしどん底にまで落ちるしかない。
でもそんな母になら息子が戻ってくるか・・。

由樹は才能があるんだし正当に評価されるべき。




遠野リサ(女流小説家): 中谷美紀 
川原由樹(リサのアシスタント): 水川あさみ 
小田颯人(文芸雑誌編集者): 三浦翔平 
塚田真奈美(文芸雑誌編集者): 菜々緒 
岡野慎也(単行本編集長): 羽場裕一 
坪田智行(文芸誌副編集長): 水橋研二 
尾崎浩康(由樹の婚約者): 小柳友 
遠野大樹(リサの息子): 高杉真宙   
田浦美鈴(リサの秘書): キムラ緑子   
遠野元子(リサの母親): 江波杏子 
鳥飼正義(常務取締役): 石橋凌 
神崎雄司(文芸雑誌編集長): 田中哲司












 
2015.02.11 Wednesday 11:27 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< デート〜恋とはどんなものかしら〜 第4話 | main | まっしろ 第5話 >>









ゴーストライター #05
『舞台に上がったゴースト。逆襲の始まり』
| ぐ〜たらにっき | 2015/02/11 12:35 PM |
『ゴーストライター 』『 まっしろ 』第5話 ツイッターつぶやき感想まとめ(2/10)
レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します〜! ゴーストライター  第5話 kuku
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2015/02/11 2:39 PM |
ゴーストライター「舞台に上がったゴースト。逆襲の始まり」
前回、予告とサブタイトルがあまりにも思わせぶりだった為、「どういう展開で、そうなるの?」とドキドキリサ(中谷美紀)、書けなくなったこともあるけれど、息子・大樹(高杉真宙)の反発をかい、気を引こうと、かなり悪質な悪戯をしたことから「母として生きる」覚悟
| のほほん便り | 2015/02/11 3:49 PM |
「ゴーストライター」身代わりの作家3、4、5リサは深みにハマる前に引退を決意し由樹を切ろうとするが傲慢なやり方に失うものが無くなった由樹はリサのゴーストである事を暴露した
「ゴーストライター」第5話はすっかりリサのゴーストライターになっていた由樹は全ての連載小説を任されていた。そんな中リサは自らの引退で由樹との関係を清算しようと考えてい ...
| オールマイティにコメンテート | 2015/02/11 11:55 PM |
ゴーストライター 第5話★映画の原作は私が書きました。
ゴーストライター 第5話 ‘共犯者’として強い信頼関係で結ばれたリサ(中谷美紀)と由樹(水川あさみ)。リサはトークショーなどで表舞台に立ち、由樹は精力的に作品を執筆し続けていた。小田(三浦翔平)は由樹のことを不審に思い始める。そんなある日、編集部にリサ
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/02/12 1:44 PM |
ゴーストライター五話&問題のあるレストラン五話感想
■ゴーストライター五話 一番いい所で終わってしまった五話。自分がゴーストライターだとマスコミに暴露するタイミングとしては絶妙な場だったわけだけど、暴露するまでの過程を引っ張る引っ張る。。 リサ(中谷美紀)の台詞が、由樹(水川あさみ)の心を切り刻んだよ
| NelsonTouchBlog | 2015/02/13 1:08 AM |