<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ゴーストライター 第7話

 第7話



 ゴーストライター裁判はリサ(中谷美紀)の勝訴に終わり、
世間やマスコミからバッシングを受けた由樹(水川あさみ)
は心労で倒れ、入院する。
 退院した由樹は小田(三浦翔平)に付き添われて
真奈美(菜々緒)の部屋に戻る。テレビの情報番組では、
レポーターが由樹の実家に押し寄せている映像
が流れていた。由樹は、食欲もなく、婚約者だった
尾崎(小柳友)からの電話にも出られず…。
 一方、リサは引退を決意していた。神崎(田中哲司)は、
このタイミングでの引退発表は余計な臆測をよぶと
難色を示すが、リサは“切り札がある"と言い切る。
 後日、リサの記者会見が行われることとなった。
小田から連絡を受けた由樹は、テレビで会見の様子を
見つめる。そして会見が始まった…!
 会見の付き添いを終えて編集部に戻ってきた
神崎のもとへ小田がやってきた。由樹を傷つけたことを
責める小田に、神崎は原因は小田にもあると冷静に返す。
 騒動がひと段落すると、神崎は鳥飼(石橋凌)から
休暇を与えられた。その休暇を利用して
旅行に行かないかという神崎の誘いに、
リサは戸惑いながらも了承するが…。






裁判はあっというまにおわり由樹は敗訴。
思いこみのはげしい人と世間からみられ
実家や元婚約者のもとにもマスコミがつめかける。
由樹が事実を明らかにするには書き続けるしいか
ないと思うけどもともとはただの一般人なので
こんなストレスにたえられず精神状態も本当に
不安定になり、小説を書くことができない状態に・・。
それもこれも出版社のせい。
神崎はいうまでもなく、結局由樹を守れなかった
小田もひどい。

遠野リサの名前は守ったものの
母はあいかわらずだし息子も自分から離れ
小説ももちろん書けない。
神崎だって自分を愛してくれているわけじゃない。
りさは旅行先の火事で逃げずにそのまま死のうと
思ったようですが、火の中にすわる姿は
異様な迫力がありました。

命は助かり、息子もかけつけてくれて
死んで楽になろうと思うなとい言われたけど
これは息子なりにちゃんと愛情あり?
なんでこんなに反発してるんだろ。

一度死んだりさはテレビで
由樹がゴーストライターだという事実を公表。
これは・・由樹にとっては救いだけど
りさは地獄におちるはじまりですかねえ。
心は軽くなっただろうけど。

ほんとはあの母親が娘をそのまま受け入れてくれて
息子がそばにいてくれたら、名声も何も
いらないだろうに。






遠野リサ(女流小説家): 中谷美紀 
川原由樹(リサのアシスタント): 水川あさみ 
小田颯人(文芸雑誌編集者): 三浦翔平 
塚田真奈美(文芸雑誌編集者): 菜々緒 
岡野慎也(単行本編集長): 羽場裕一 
坪田智行(文芸誌副編集長): 水橋研二 
尾崎浩康(由樹の婚約者): 小柳友 
遠野大樹(リサの息子): 高杉真宙   
田浦美鈴(リサの秘書): キムラ緑子   
遠野元子(リサの母親): 江波杏子 
鳥飼正義(常務取締役): 石橋凌 
神崎雄司(文芸雑誌編集長): 田中哲司












 
2015.02.25 Wednesday 09:49 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< デュラララ!!×2 承 第7話「モスクワは涙を信じない」 | main | まっしろ 第7話 >>









ゴーストライター「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」
裁判は、リサ(中谷美紀)と駿峰社の完全勝利。また、世間には、認知症の母(江波杏子)の介護のため、と、休業宣言します。裁判で倒れて入院し、退院した由樹(水川あさみ)は、小田(三浦翔平)の配慮で、真奈美(菜々緒)の部屋で居候するも、メディアでも、ネットで
| のほほん便り | 2015/02/25 11:06 AM |
ゴーストライター (第7話・2/24) 感想
フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第7話『私は消えたい…勝利のシナリオの結末』の感想。 マスコミに追われる由樹(水川あさみ)は、外出もままならず、小田(三浦翔平)から励まされても、小説を書くこともできなくなる。一方のリサ(中谷美紀)は
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2015/02/25 11:18 AM |
ゴーストライター 第7話
ゴーストライター裁判は、リサ(中谷美紀)の勝訴に終わり、由樹(水川あさみ)は心労で倒れて入院することになってしまいます。 退院した由樹は、小田(三浦翔平)に付き添われて、真奈美(菜々緒)の部屋に戻りますが、テレビを付けると由樹の実家に押し寄せるレポ
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/02/25 12:08 PM |
『ゴーストライター 』『 まっしろ 』第7話 ツイッターつぶやき感想まとめ(2/24)
レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します〜! ゴーストライター  第7話 ku
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2015/02/25 12:13 PM |
ゴーストライター #07
『私は消えたい…勝利のシナリオの結末』
| ぐ〜たらにっき | 2015/02/25 12:30 PM |
ゴーストライター 第7話★これは私が書いた小説ではありません
ゴーストライター 第7話 マスコミに追われる由樹(水川あさみ)は、外出もままならず、小田(三浦翔平)から励まされても、小説を書くこともできなくなる。一方のリサ(中谷美紀)は、神崎(田中哲司)の反対を押し切り休筆を発表。母親の元子(江波杏子)が認知症で
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/02/25 5:07 PM |
「ゴーストライター」身代わりの作家7偽りの勝訴でリサは由樹を追い込んだが孤独感に襲われ全ての罪をテレビでカミングアウトし偽りの勝訴を認めた
「ゴーストライター」第7話は裁判で勝訴したリサは何とか世間のバッシングを由樹に向ける事に成功したが由樹は心労で倒れてしまう。由樹は退院するも実家にはマスコミが押し寄せ ...
| オールマイティにコメンテート | 2015/02/26 12:04 AM |