<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ #04

 #04

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


春歌は藍が主演する映画撮影の見学。
那月と翔も共演。

撮影にカットがかかると声をかけました。
主題歌のうちあわせにきたそうで
春歌がいるとがんばれるとふたりとも嬉しそう。

でもそれをきいた藍は
ひとりでいるほうがずっと効率がいいそうで
誰かがそばにいることがありがたいという
映画の中のセリフも理解できないらしい。

まだ一度もNGを出していないのに
セリフの意味がよくわからないという藍。

藍の書いた歌詞をみて
胸が暖かくなったという春歌の言葉も
ピンとこないらしい。

嶺二のノリに誰ものってくれない^^;

春歌はその雨の中、藍がセリフの練習を
しているのを目撃。
そのとき藍が倒れてしまい
そこへやってきた那月と翔もいっしょにかけよると
すごい熱。
部屋に運んでベッドに寝かせました。

すると突然目をあけてその目が一瞬機械のように・・。
おきあがった藍は自分がロボットだといい
その場の3人はびっくり!

藍はアイドルロボット。
社長が自分の理想とするアイドルをつくるために
出資して作ったそうですが、そんなことより
長時間雨にうたれたことでパワー不足になり
映画の撮影の終わりまでもたないかも・・?

那月も翔も春歌もできることはないかと
手伝いを申し出ますが、君たちにできることは
何もないとそっけない返事。

雨の中、撮影再開。
藍が倒れたのは演技だったか。

撮影の合間には藍を心配して
やってくる3人。
額に手をあてると熱い。
熱暴走なら冷やせばいいんじゃないかと
春歌が台本であおぎはじめ
那月と翔もいっしょにぱたぱた。

那月と翔がよばれていき
ふたりのNGが午後は劇的に減ってるという藍に
藍のためだという春歌。

撮影続行。
カットがかかると藍に傘をさしかけたり
もっと自分たちを頼れというふたり。
困っているやつがいたらそうするのはあたりまえ。

心配する春歌に、「ありがとう、そばにいてくれて」
という藍。ずっとこのセリフの意味がわからなくて
同じようなシチュエーションならわかるかと
雨にぬれていたらしい。

ロボットの自分んにとって
感情は演技の完成度をあげるための
道具のひとつでしかない。

今でもひとりでいるほうがずっと効率がいいと思うけど
AIが学習して相手を知れば知るほど
なじむことができる。
それは人間と同じだという春歌。

那月と翔もやってきて演技について
アドバイスをもとめますが
この2人との関係もかなりよくなってきていて
藍も少し笑顔に・・。

残りはあとクライマックスシーンのみ。
でも藍の具合はよくなさそうで
撮影を延期しろという3人。
藍のことが心配だから、と訴える言葉に
あのセリフの意味がわかったような気がするという藍。
これが春歌の言っていた胸が暖かくなるような気持ちなら
僕は撮りたい・・と歌も歌いながら演技開始。

「ありがとう そばに・・いて・・くれて」

感情のこもった素晴らしい演技を終えたあとは
春歌の膝枕でやすむ藍。




えーと・・藍がロボットだったというのを
今ごろ那月たちも知るとは・・
他のメンバーはどうなんでしたっけ。
ロボットでもかわいい後輩たちと春歌のおかげで
人間らしい感情表現をみごとに会得。

それにしてもものすごい高性能なロボット・・。



(七海春歌)沢城みゆき
(一十木音也)寺島拓篤
(聖川真斗)鈴村健一
(四ノ宮那月)谷山紀章
(一ノ瀬トキヤ)宮野真守
(神宮寺レン)諏訪部順一
(来栖翔)下野紘
(愛島セシル)鳥海浩輔
(寿嶺二)森久保祥太郎
(黒崎蘭丸)鈴木達央
(美風藍)蒼井翔太
(カミュ)前野智昭
(月宮林檎)中村悠一
(日向龍也)遊佐浩二
(渋谷友千香)今井由香
(シャイニング早乙女)若本規夫





2015.04.29 Wednesday 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 戦う!書店ガール 第3話 | main | 映画 シンデレラ >>