<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

天皇の料理番 第1話

第1話




第1話 「〜時代を超える人間の愛と命の感動物語〜
 どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…」

時は1904年(明治37年)、福井県武生、
一人の男が戸板に乗せられて運ばれてくる。
男の名前は秋山篤蔵(佐藤健)。
法学部に通う兄・周太郎(鈴木亮平)とは違い、
何をやっても長続きしない性格。
そんな篤蔵の運命を変えたのは、
軍隊のコック田辺祐吉(伊藤英明)に
食べさせてもらった一枚のカツレツだった。
料理に夢を見て、周りの人間たちに支えられ続けた男の
愛の物語が今始まろうとしている。





篤蔵がどうしようもないダメな男だけど
憎めないタイプ。(佐藤健だからじゃなくて。)

なんにも長続きしたことのなかった篤蔵が
ついにみつけた夢中になれるものは料理。

あのカツレツをつくる過程から出来上がりまで
すべておいしそうでまさに飯テロ。
篤蔵が食べるときにこっちまでよだれでそうなくらいの
美味しそうな描写でした。そのあとのカレーも。
あれで心をつかまれるには充分。

そして料理を教えてもらっている姿は生き生きしてる。

ついには婿入りした家を飛び出して東京へ。
実際、とんでもないことをしでかしてるわけですが
嫁がまたいい嫁!
お兄さんも篤蔵のことをよくわかってるし
上手に導いてくれる。
篤蔵はまわりの人にも恵まれてます。

最初に目標にしていたレストランではないけど
お兄さんの先生のつてで華族会館で
料理修業の第一歩を踏み出すことに・・。

あの田舎で寺を破門されて追い出されてきた男が
天皇の料理番にまで上り詰めるとは・・
現実はドラマよりドラマチック。

とてもていねいな人物描写に
興味をひくストーリー。
篤蔵をとりまく人たちの姿もあわせて
楽しめそうです。

お兄さんの健康が心配・・。



秋山篤蔵…佐藤健
高浜俊子…黒木華
秋山周太郎…鈴木亮平
桐塚尚吾…武田鉄矢
田辺祐吉…伊藤英明
竜雲館の女将・お吉…麻生祐未
五百木竹四郎…加藤雅也
高浜金之介…日野陽仁
高浜ハル江…大島さと子
秋山ふき…美保純
秋山周蔵…杉本哲太
宇佐美鎌市…小林薫













2015.04.27 Monday 08:29 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 黒子のバスケ 第3期 #15 第66Q「勝利ってなんですか?」 | main | ジャンプ22・23合併号感想 >>









天皇の料理番 第1話
1904年(明治37年)の正月、福井の秋山家では、父・周蔵(杉本哲太)の元に弁護士を目指す長男・周太郎(鈴木亮平)も帰郷して、家族で祝いの膳を囲んでいました。 唯一の心配の種が、仏門に修行に入った16歳の次男・篤蔵(佐藤健)でした。 その不安は的中して、
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/04/27 11:52 AM |
【天皇の料理番】第1話 感想
篤蔵。 お前は、いっつもそうだな。 学ぶということができぬ。 できぬことがあるとすぐに我流を押し出す。 癇癪を起こし、揚げ句の果てにはできぬことをつまらぬと言いかえ、強弁する。 相場師でも坊さんでも、つまらぬと思わず続けていく人は大勢いる。 その人
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2015/04/27 12:33 PM |
天皇の料理番 #01
『〜時代を超える人間の愛と命の感動物語〜   どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…』
| ぐ〜たらにっき | 2015/04/27 12:41 PM |
「天皇の料理番」 第1話 〜時代を超える人間の愛と命の感動物語〜どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢・・・
 時は明治37年(1904年)福井県武生に「たわもん(怠け者)」で「のくてぇ子(おバカさん)」の「のく蔵」と呼ばれとるろくでもねぇ男がおった。 秋山篤蔵(佐藤健)、16歳。 剣道 ...
| トリ猫家族 | 2015/04/27 5:43 PM |
「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人1篤蔵は料理と出会った事で運命を感じ家を飛び出して東京で料理人としての一歩を兄周太郎の紹介で歩み出した
「天皇の料理番」は実在した料理人秋山徳蔵をモデルとしたドラマで地方の大地主の次男として生まれた男が破天荒な人生を歩みながらも天皇の料理番になるまでを描いた実話のストー ...
| オールマイティにコメンテート | 2015/04/27 11:22 PM |
天皇の料理番一話&ワイルド・ヒーローズ二話&ようこそ、わが家へ三話感想
■天皇の料理番一話 なかなか面白かったです。二時間長いなあ〜と観る前は思っていたんですけど、結構引き込まれた。主人公のキャラもよかったけど、その妻の俊子 (黒木華) が、特に良かったあ。なんか良き妻って感じで。 婿養子に入って若旦那になったにも関わらず、
| NelsonTouchBlog | 2015/04/28 12:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2015/04/28 12:33 AM |
天皇の料理番〜俊子役の黒木華さんの静かな演技が秀逸
 高浜俊子役の黒木華さんが上手いんですよね。 ・篤蔵(佐藤健)が美人の妹を結婚相手と勘違い〜俊子はそれを受け入れる。 ・変顔。 ・篤蔵が自分との結婚の喜びを語ってくれた時のうれしそうな顔。 ・のめり込みやすく、飽きやすい篤蔵のことを知った時の戸惑い。 ・
| 平成エンタメ研究所 | 2015/04/28 8:05 AM |