<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦う!書店ガール 第7話

 第7話



「頑張ろうね、亜紀ちゃん、俺も応援するよ!」
吉祥寺店の閉店をなんとか阻止しようと直談判する
理子(稲森いずみ)に対し、社長の二郎(山中崇)は
売上を20%アップさせたら閉店を撤回すると明言。
亜紀(渡辺麻友)は作戦会議を開こうと、麻美(鈴木ちなみ)らを
自宅に招待し、売り上げアップにつながる企画を考えることに。
そこへ亜紀の恋人で編集者でもある小幡(大東駿介)も
やって来るが、ひょんなことから二人の将来に対する考え方に
温度差があることが発覚し、気まずい雰囲気になってしまう。
一方の理子もまた、田代(田辺誠一)との距離を急速に縮めるが、
ある晩、田代の思わぬ行動にショックを受ける。
そんなある日、三田(千葉雄大)が吉祥寺店オリジナルの
ブックカバーをつけたらどうかと提案する。すると、それを聞いた
漫画家のあがちなお(浅利陽介)が、連載中の人気漫画の
スピンオフ漫画を描くと協力を申し出るが、それには版元である
一ツ星出版に話を通す必要がある。あがちは難色を示す
担当の小幡に「なんとかするのが担当の仕事」と
プレッシャーをかけ、亜紀にも「小幡くんがきっとやってくれる」
と伝えてしまう。実現すれば売上アップ間違いなしの企画だけに、
亜紀をはじめ、理子らも大喜び。ところがそのころ小幡は
上司の植松(池田鉄洋)からこの企画を全否定され、
「おまえがうまくやめさせろ」と命じられ…。






売上20%以上アップのために、あがち先生が協力してくれたけど
人気作品ゆえにマンガ家さん本人の意向だけで通すには
かなり無理があったようで、でも亜紀のために力になりたい
小幡さんは会社での自分の立場よりそちらを優先。
亜紀が小幡さんの気持ちを尊重してくれているのを
きいてしまったためなおさらだけど、結果、企画は大成功で
売上アップも条件をクリアしたものの、小幡さんは左遷と
いう結果になったよう・・。
あがち先生がかけあってもダメなのかな。
他の書店への立場もあるしそう簡単にはいかないか。
亜紀がそばにいてくれれば編集から総務に移動になっても
かまわない・・というにはまだこの先の人生も長いし
亜紀も納得できないだろうし。
そこらへんはふたりで乗り越えてもらうしかないけど
書店のほうも今回の件でまたおいつめられていたような?

社長もあんなやる気のないエリアマネージャーを残すより
やる気あふれる吉祥寺店の書店員を残すようじゃなきゃ。
見る目ないなあ。

ところで書店限定のブックカバーとか
地方民からみたら垂涎の的。
こんな一店舗だけじゃなくけっこう大々的にやってる
キャンペーンでもお目にかかれないことが多いので
もう近年はあきらめモードでみないふりしてる。
都会の本屋さん楽しそう。




北村亜紀   渡辺麻友(AKB48) 
西岡理子    稲森いずみ    
三田孝彦   千葉雄大 
小幡伸光    大東駿介 
田代敏之   田辺誠一
萩原まみ   鈴木ちなみ 
日下圭一郎  伊野尾慧(Hey! Say! JUMP) 
尾崎志保   濱田マリ
野島孝則   木下ほうか
屋良部守   マキタスポーツ
遠野由香役  木ゆりあ(AKB48)
西岡達人   井上順










2015.05.27 Wednesday 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ようこそ、わが家へ 第7話 | main | うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ #08 >>