<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 第3期 #22 第72Q「忠告だ」

第72Q「忠告だ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


誠凛の反撃開始。
でもシューター日向くんはまだベンチ。

野生の山猫 コガの粘りで
玲央姉の三種のシュートの攻略法をみつけた
日向くんは頼もしい言葉を残して
コガとこぶしをあわせベンチへ。

小金井くんよくがんばりました。

玲央姉に日向くんに油断しないようにいい
根武谷くんには木吉くんを警戒するよういい
小太郎にもはっぱをかけるけど
黛くんには何もなし。
使い捨てにされている黛くんは赤司くんに
何か違和感を感じている様子。

木吉くんは膝が気になるようですが
リコもきづいているのかいないのか
でも何も言えない。

気合いをいれて第4Q。
20点差だけど誠凛はまだあきらめていない。
ジャイアントキリングに大事なのは気持ちだという笠松くん。

日向くん、かっこよく声出ししてたけど
4ファウルで手の震えがとまらず、
リコに背中を叩いてもらって
気合いをいれてもらっていました。
おかげで4ファウルへの不安もなく
キレのいい動き。
日向くんがはいるとチームもひきしまる。

玲央姉と日向くん。

玲央姉の動きをよんでいる日向くん。
跳ぶ直前までフォームに違いはないけど
重心の動きがわずかに違うと見抜いた日向くんは
ファウルをすることなく玲央姉を邪魔し
木吉くんも同じく気合いで根武谷くんをとめようと
膝が不安でも今この瞬間に全力をかける。
でも根武谷くんが動かない。


『そんなこったろうと思ったよ。

 どんだけ言っても お前は無茶しちまう。

 無理やりひっこめても

 リコを泣かせてでてきちまう。

 もうとめねえよ!』

「木吉 てめえ!何年センターやってんだ!

 んな筋肉バカに負けてんじゃねえ!!」

日向くんの叫びに動きがかわり
ポジションをとってボールを奪い
そこから火神くんのシュートへつなげました。

玲央姉も日向くんに宣戦布告。
順平ちゃんとちゃんづけで呼ぶなと日向くんも言い返す。
キレても冷静さを失っていない玲央姉にくらべ
根武谷くんは怒り爆発で
小太郎に蹴りをいれられました。
自分と同じでカッとなりやすいから気をつけろと忠告。

玲央姉VS日向くんまたまた。
日向くんを危険と判断し虚空で勝負しようとする玲央姉。
プライド全てをかけての虚空。

それをみている氷室くんも虚空の技を見抜き
解説してくれました。

リコの手形の残る背中の痛みに
チーム全員ぶんの思いを背負いながら
日向くんがとぶ!

「五将だろうがなんだろうが知らねえよ!
 
 どれだけおまえらが強くても

 このシュートだけは 絶対とめてやる!!」

日向くんがボールを奪い黒子くんを経由して
木吉くんのもとへ。
根武谷くんがディフェンスに飛ぶと
冷静に日向くんへ。

完璧な3ポイントは緑間くんの評価も高い。

赤司君が何もしないことを不審に思う黛くん。
そのわけは火神くん。
火神くんのゾーンの威力で赤司くんでさえ
従わざるを得ない状況?


ウィンターカップの試合前日。
誠凛と桐皇の試合
火神くんと青峰くんのゾーン対決をみて
青峰くんが自らの力で意図的にゾーンに入ったことが
おもしろいという赤司くん。
自分も巨大な扉の前でゾーンに入ることが可能だと
悟りました。

そこへやってきたチームメイト 玲央姉と
根武谷くんと小太郎相手に3対1で試合を挑む赤司くん。
3人相手に圧勝で化物扱い。

でもこれは切り札で、これを出す時には洛山の危機。
さらにこの状態になるトリガーとは・・・。

ゾーンに入った火神くんは無敵。
仲間の全力のプレイで10点差につめる。

次の攻撃は4人で攻めろという赤司くん。
指示通り、4人がいきますが赤司くんが動かない。

あのトリガーとは自分が動くことによって
必ずもぎとるという意志。
自分で戦うときめ仲間をみかぎったとき。

「身分の違いを教えてやろう。

 この場にいるもの すべてに」

ゾーンに入った赤司くんは誰にもとめられない。

「ここまで僕にはむかったんだ。

 ただ転ぶだけではたりないな。

 跪け。」

そのままゴールへいきディフェンスにとんだ
火神くんと黒子くんをおきざりにシュート。

「そのまま讃える姿で思いしれ。

 おまえたちの敗北は 絶対だ。」

ひとりでゴールからゴールへもっていき
仲間をまったく必要としていない赤司くん。

誠凛、タイムアウト。
火神くんが「俺がやる」といい
日向くんも伊月くんも木吉くんもそのまま了承。

キセキの世代とやるなら
必ずこういう状況がくる。
エースに託さないとならないときが。
誠凛には託せるエース 火神くんがいる。
それで充分だという日向くん。
そして全員から託されました。

青峰くんが火神くんをみてゾーンが深くなっていると
言っていた意味をたずねる今吉先輩。
あくまでイメージだけど深い水の底にいくと
さらにデカい扉があってそこには誰かが
門番のように立っている。
そこを開けた先はゾーンを超えたゾーン。
火神くんが赤司くんに勝つ可能性があるとしたら
第二の扉をあけたときだけ。



ゾーンの赤司くんに対抗できるのは
エース火神くんだけ。
もう最後の最後、第4Q。
終わりがみえてきているのがさびしいけど
決着も楽しみ。

それにしても赤司くんのゾーンは
期待を裏切らないなw


 



黒子テツヤ 小野憲章
火神大我 小野友樹
黄瀬涼太 木村良平
緑間真太郎 小野大輔
青峰大輝 諏訪部順一
桃井さつき 折笠富美子
紫原敦   鈴村健一
赤司征十郎 神谷浩史
根武谷 永吉  藤原貴弘
実渕 玲央   羽多野渉
葉山 小太郎  増田俊樹
黛 千尋     逢坂良太










2015.06.07 Sunday 11:00 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 仮面ライダードライブ 第33話「だれが泊進ノ介の命を奪ったのか」 | main | 天皇の料理番 第7話 >>









黒子のバスケ BS11(6/09)#72
第72Q 忠告だ 小金井のプレーに実渕攻略の糸口を見つけた日向。奴の3種のシュートは見切った、小金井のお陰だ。第3Qが終わって出場を決意する日向だった。しかし5ファールは退場のリスクを背負っているので手が震える。リコ監督が背中を叩いて紅葉を開花させた。 第4Q
| ぬる〜くまったりと | 2015/06/10 12:54 PM |
黒子のバスケ #72「忠告だ」 感想
彼が自ら動く時。 チームという体が失われていく・・・。 「忠告だ」 あらすじは公式からです。 いよいよ最終第4Q!ウインターカップ覇者が決まる10分間が始まった。 小金井のプレイによって実渕攻略の糸口を見つけた日向は、5ファウルによる 退場のリ
| おぼろ二次元日記2 | 2015/06/11 1:29 AM |
黒子のバスケ #72
日向の復活! そして、赤司の底知れない力が発揮されます!誠凛と洛山の試合も、第4クォーターに突入です。小金井のディフェンスがきっかけとなり、日向は玲央への対策を
| 日々の記録 | 2015/06/11 2:55 PM |
黒子のバスケ EXTRA_GAME 第22話(72)「忠告だ」 ついに見せる赤司のゾーン
跪いたり、称えたり。 さっすが赤司さんですわ。 まさにあいつ1人に任せておけばいい状態。 以下ネタバレあり。
| こう観やがってます | 2015/06/11 10:01 PM |