<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

医師たちの恋愛事情 第10話

第10話



 守田春樹(斎藤工)は、これまでの度重なるルール違反行為を
理由に、経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)と第一外科教授の
白石久仁子(床嶋佳子)から退職勧告を言い渡される。
すると近藤千鶴(石田ゆり子)は、人件費削減が目的ならば
春樹の代わりに自分が辞めると言い出す。その夜、春樹は
千鶴に謝罪した。千鶴は、ちょうどいいタイミングだったから
気にする必要はないと返すと母親の肝臓移植を執刀したい
という思いを諦めないでほしいと春樹に告げる。
 そんなある日、思わぬ事件が起きる。渡辺が、病院内で
意識を失って倒れていたのだ。発見者だった春樹は、
渡辺の検査を行い、彼が末期の肝臓がんであることを知る。
高橋宗太郎(平山浩行)ら第一外科のスタッフもショックを
隠せなかった。しかし渡辺は、治る見込みのない顧客が
ベッドを埋めるのは無駄だと主張し、ただちに退院手続きを
するよう春樹に命じる。春樹は、せめて食事が取れるように
なるまでは入院してほしいと説得するが。
 別の日、千鶴と市川友子(板谷由夏)は、河合奈々(相武紗季)と
彼女の息子・真人(加藤瑛斗)に付き合って公園を訪れる。
実は、奈々、そして友子も、それぞれ大きな決断をしていた。
ふたりから話を聞いた千鶴は・・・。




最終回にむけて着々とすすんでます。
本部長は末期がんと判明して手術も拒否しますが
春樹に緊急オペをしてもらってその熱意にうたれ
ついにデレた。本部長がお金お金というのにも
ちゃんと理由があったわけで。
いい人化したのは教授代理も。
アメリカの病院にいくことになって
これはこれでやりたいことのために自分の信念を
つらぬくかっこいい女性、みたいな雰囲気で
千鶴先生の気持ちにまで影響を及ぼして
颯爽と退場。
まあこの人はそこまで悪者だったわけでもないけど。

一度はあきらめようとした奈々も高橋先生と
息子と三人で仲良く生きていけそうだし
友子先生は大学をやめて子どもをひとりでうんで
育てると決意。
大学をやめるつもりなのは仁志先生も同じで
逆上した妻がてっきりあの包丁できりかかってくるのかと
ドキドキしましたが、ローストビーフを
ガシガシ切り刻んでるだけで流血沙汰はまぬがれました。
絶対別れないとか高額の慰謝料要求されても
おかしくないところだし。
(実家も金持ちっぽいし慰謝料はいらないか)

一度あきらめたといえば一度身をひいた千鶴先生も
自分の気持ちに正直に。
やっと春樹と結ばれてふたりとも幸せそう。

最終回、友子と仁志先生のところが
どうなるのか・・このかんじだと
すべてうまいこといきそうな雰囲気。






2015.06.12 Friday 08:41 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< アイムホーム 第9話 | main | アルジャーノンに花束を 第10話(最終話) >>









医師たちの恋愛事情 #10
『ふたりの約束』
| ぐ〜たらにっき | 2015/06/12 12:32 PM |