<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 第3期 #23 第73Q「諦めませんか」

第73Q「諦めませんか」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ゾーンにはいった赤司くん。
それに対抗するのは同じくゾーンの火神くん。

赤司くんはディフェンスもたったひとりでこなす!!
目からビームのふたりが人間じゃないw

ゾーンな赤司くんの恐ろしさを肌で感じる
誠凛メンバー。

目からビームの火神くんもかわされ
シュートをきめられてしまいました。

赤司くん無双・・・。

一応、メンバーに声はかけるものの
もう期待はまったくしていないらしい。

赤司くんの最大の脅威はエンペラーアイ。
ゾーンに入った者同士の一騎打ちは
今は赤司くんが圧倒的に上。

このままではダメだと思う火神くんは
ゾーンのさらに奥・・そこにみえている扉が
あかないと苦悩。
その火神くんに

「諦めませんか?一度」

と声をかける黒子くん。

試合を諦めるのはなく火神くんだけで戦うこと。
一緒に背負わせてほしいという黒子くんに
一度は反論しようとしますが、その申し出をうけました。

「やるぜ ふたりで。

 赤司を倒すぞ!」

ふたりをみて他の誠凛メンバーもふんばる!

赤司くんがボールを運んでいくのを
火神くんと黒子くんがとめようとしました。

エンペラーアイを出し抜くことはできないと思う赤司くん。
火神くんと赤司くんの差はエンペラーアイがあるかどうか。
なら自分がその役をするという黒子くん。

黒子くんが赤司くんが行こうとした場所にいて
驚く赤司くん。

黒子くんは火神くんだけをみて
火神くんの動きを予知し火神くんと逆方向に動き
火神くんの動きを予知した赤司くんに追いついた。

ミスディレクションのために養った観察眼と
ずっといっしょに戦ったチームメイトだから
できたこと。敵には使えない、使えるのは信頼のある味方のみ。

仲間の未来をみる黒子くんだけのエンペラーアイ。

黒子くんが赤司君をとめ歓声が。

火神くんは誰にもとめられない。
赤司くんは立ちつくしたまま。

やられた怒り爆発の赤司くんが
すごい勢いで火神くんの前までやってきますが
ここでもまた黒子くん。
アリウープで火神くんがとび
赤司くんがそれでもとぶ!!

『まかせろ!みんなの思いをしょってんだ!

 絶対に 決めてみせる!!』

赤司くんの上から火神くんがきめ
想像しなかったその姿に洛山のメンバーも驚愕。

深い信頼のある黒子くんと火神くんだからこそできた
エンペラーアイ破り。

赤司くんがここまでやられたのは高校で初めてじゃないか
という氷室さんですが、中学で紫原くんに
一度負けそうになったときも
最後は赤司くんの勝利だったし
負けを感じているのはたぶん生まれてはじめてだという
紫原くん。

動揺のあまりシュートもはずす赤司くん。
ゾーンもとけてしまい誠凛が優勢に。


赤司くんの脳内。
別人格から「諦めろ」という声が・・。

赤司くんのプレイはガタガタ。
小太郎ににらまれるくらい。

その間にどんどんおいあげる誠凛。
ワンゴール差にまでなって
根武谷くんに胸元をつかまれて
怒鳴られても反論もしない赤司くん。

ベンチに戻った赤司くんをみて
ここまでもろい選手だったのかと監督も驚きをかくせず
メンバーチェンジしようとしますが
それをとめる黛くん。

「無様だな」

偉そうなことをいっといてこんなもんか?と煽る黛くん。

「屋上ではじめてあったときとはまるで別人だ

 つうか 誰だ?おまえ。」

その言葉に反応する赤司くん。
生まれた時の赤司くん。
やさしいお母さんに厳しそうな父親。
お母さんにもらったバスケットボール。

『僕は 誰だ?

 僕は 誰だ?』

「お前は俺の弱さだ」

母の祭壇。
名門にうまれ、常に人の上にたち
勝つことを義務付けられてきた。
唯一の安息を与えてくれた母を失っても
立ち止まることは許されなかった。

バスケットボールも勝利する限りは
父も許してくれ、帝光中で全中二連覇。
勝利至上主義になったバスケ部と
どんどん成長するキセキの世代。
おいていかれることへの恐怖とあせり。
紫原くんに負けそうになったときに
負けることなど許されないと思った赤司くんの中から
でてきたもうひとりの別人格。
そして全中三連覇。
キセキの世代が敵になっても勝ち続ける。

赤司くんの人格はもう必要ない。
勝つこと以外に繋ぎとめる方法を知らず
勝つことのみを求めそれ以外を切り捨て
今また同じ過ちを繰り返そうとしている。
敗北するならそれでもいいと思ったけど
そうはいかない。
相手が黒子くんだからなおさらか
勝ちたい衝動が抑えきれない。

そして赤司くんの人格がふたたびひとつに・・?

立ちあがる赤司くん。
その顔をみて驚く黛くん。

「誰とは心外だな。

 俺は赤司征十郎に決まっているだろう。」





ふたりとも目からビームの赤司くん火神くん対決は
かなりシュールな図でしたが
黒子くんとの絆にかなわなかった赤司くんが
インナーワールドへ・・。

ここからの赤司くんはさらに強敵になるし
火神くんは黒子くんだけじゃなく誠凛メンバーも
ついてることだしあの扉をあけよう!!

ああ、終わりが近い。






黒子テツヤ 小野憲章
火神大我 小野友樹
黄瀬涼太 木村良平
緑間真太郎 小野大輔
青峰大輝 諏訪部順一
桃井さつき 折笠富美子
紫原敦   鈴村健一
赤司征十郎 神谷浩史
根武谷 永吉  藤原貴弘
実渕 玲央   羽多野渉
葉山 小太郎  増田俊樹
黛 千尋     逢坂良太










2015.06.14 Sunday 11:08 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 仮面ライダードライブ 第34話「だれが泊英介の命を奪ったのか」 | main | 天皇の料理番 第8話 >>









黒子のバスケ BS11(6/16)#73
第73Q 諦めませんか 赤司がゾーンに入ると一人で攻撃する。お前たちの敗北は絶対だ。チームメイトでさえも期待しない赤司は一人でゾーンを守備する。相手からボールをスティールしてシュートして得点する。チームメイトにも3ポイントだけを警戒しろ、出来なければ 俺
| ぬる〜くまったりと | 2015/06/17 1:57 PM |
黒子のバスケ #73「諦めませんか」 感想
一人で戦うんじゃない。 オレ達は力を合わせて戦うんだ! 「諦めませんか」 あらすじは公式からです。 チームメイトを見限った赤司は、自らの力でゾーンに入り、オフェンスだけでなく ディフェンスまでも一人でこなし始めた。 その圧倒的な強さに対抗し
| おぼろ二次元日記2 | 2015/06/17 5:56 PM |
黒子のバスケ #73
ゾーンに入った赤司は、驚異的な力をみせました。それに対抗するため、黒子と火神は力を合わせます!自らの意思でゾーンに入った赤司の力は、驚異的なものでした。ゾーンに
| 日々の記録 | 2015/06/18 10:28 AM |