<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒子のバスケ 第3期 #24 第74Q「お前だったんじゃねーか」

第74Q「お前だったんじゃねーか」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


復活した赤司くん。
根武谷くんにあやまる姿にみんなびっくり。

「もう一度力を貸してほしい。

 誠凛に勝つために」

火神くんは赤司くんに変化に気づき
さらに集中を強めますがその火神くんを抜き
黒子くんもかわし、レオ姉に完全なパスを出し
レオ姉がシュート。

キセキの世代は赤司くんが昔の赤司くんに戻ったことを
すぐ見抜きました。
本来の赤司くんはなおさら手ごわい。

小太郎も気分よくシュート。
黛くんのパスも生きてみんないきいき。

誠凛も点はとれていてもなにか違和感を感じるリコ。
火神くんも赤司くんを警戒。

赤司くんがアシストして点をきめているようにみえるけど
それだけじゃなく赤司くんのパスをうけた選手の動きが
どんどんよくなっている。
エンペラーアイで味方の潜在能力を限界まで
ひきだしている赤司くん。

赤司くんのゾーンを警戒する誠凛ですが
赤司くんは少し前の自分に戻っただけ。
ただし他の四人は別。

ゾーンが5人全員・・・!!

誠凛も観客もびっくり。

赤司くんの力で限界まで力がひきだされている状態で
それができるのは五将ならでは。

花宮にまで気の毒がられてしまう誠凛。

根武谷くんをとめようと飛ぶ火神くんですが
もう体力の限界・・・。
手足が重く息が苦しく、火神くん抜きでは勝ち目はなく
何か手はないかと思うリコ。
あきらめずシュートする日向くんだけど
キレが落ちていて、木吉くんもポジションがとれない。
小太郎をとめようとする伊月くんも今度はかわされ
疑似エンペラーアイをつかった黒子くんも
プッシングのファウルをとられました。

火神くん以外の全員の限界が近いのに
相手は赤司くんのおかげで絶好調。
もはや万事休す・・?

そのとき観客席から声が。

「がんばれ 黒子ーー!!

 あきらめるなーーー!!!!」

それは萩原くん!!

『萩原くん・・

 でも 僕は 君に・・』

あのときのことを思う黒子くんですが
萩原くんはバスケットボールを
持って笑顔をみせてくれました。
それをみて黒子くんも泣き笑い。

青峰くんも立ち上がる!

「おら!テツ!火神!!

 てめえら俺らに勝ったんだろうが!

 洛山くらい倒さねえと ぶっ殺すぞ!」

黄瀬くんも。

「言っとくけどうちもっすからね!

 勝てーー!誠凛!」

緑間くんも!!

「倒してこい!赤司を!洛山を!!」

氷室くんが紫原くんに「敦はいいのかい?」
と言ってくれますが

「やるわけねーし。」

会場から誠凛への声援の声がわきあがりました。
全身で感じる誠凛メンバー。

萩原くんが笑顔で見守ってくれていて
誠凛メンバーも気合い入り直し。

「黒子。応援てのは しみじみ元気でるなあ」

「はい。」

火神くんにみえたゾーンの奥の扉。
そこに立っていたのは・・・。
火神くんはみんなに何か話を。

ゾーンを超えたゾーンを火神くんは開けられるのか。
青峰くんでも開けられなかった扉。

火神くんもゾーンに入るまでは戻っておらず
他の4人も体力の限界が近いのに
すごい圧力を感じる洛山。

小太郎のシュートをとめに飛ぶ火神くん。
予想していた小太郎がダブルクラッチするのを
今度は日向くんがとめた。

火神くんの動きにあわせて連携がとれていて
それをみて笑いだす青峰くん。

「なんだ そういうことか。

 そういうことだったのかよ。」

「まさか・・本当のゾーンとは・・」

「そうさ

 俺だけで戦うんじゃない。

 みんなと戦うんだ!!」

青峰くんにはあけらなかった扉。

「あかねえわけだ。

 なんせ俺はすてちまったんだからよ。

 門番なんかじゃなかった。

 扉の前に立ってたのは

 お前だったんじゃねーか テツ。」

青峰くんの目から流れる涙。

火神くんのスピードにあわせた超スピード連携。
ダイレクトドライブゾーン。
考えず直観にゆだねる。

『信じるんだ 俺たちの絆を!!』

速すぎて目がおいつかないほど。
扉の先、ゾーンを超えたゾーン。
これが本来あるべき真のゾーン。

キセキのみんなも見守り
萩原くんもいつか誠凛とやってみたいと
感想をもらしました。

ひとつになった誠凛が押し気味で
その速度は洛山を上回り、3点差は射程圏内。
勝利まであと少し。
ベンチも声をはりあげて応援。

しかし赤司くんは手ごわい。
ここでシュートをきめました。

「勝つのは 俺だ。

 洛山をうつのは 100年はやい!!」





クライマックスーーー!
こんなところでおわって
MBS、最終回は30日の深夜ってどういうことーー?

ゾーンの先のゾーン。
仲間を頼らず個人のみで戦ってきた
キセキのメンバーには開けられない
真のゾーンの扉。
誠凛だからこそできたことですね。

客席からの萩原くん、そして
キセキメンバーからの声援に感涙・・!

誠凛も洛山もあとは全力でぶつかるのみ。
待ち遠しいけどおわるのさびしい。



黒子テツヤ 小野憲章
火神大我 小野友樹
黄瀬涼太 木村良平
緑間真太郎 小野大輔
青峰大輝 諏訪部順一
桃井さつき 折笠富美子
紫原敦   鈴村健一
赤司征十郎 神谷浩史
根武谷 永吉  藤原貴弘
実渕 玲央   羽多野渉
葉山 小太郎  増田俊樹
黛 千尋     逢坂良太










2015.06.21 Sunday 10:10 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 手裏剣戦隊ニンニンジャー  〜忍びの17 「グッバイ、スターニンジャー!」 | main | 天皇の料理番 第9話 >>









黒子のバスケ BS11(6/23)#74
第74Q お前だったんじゃねーか 見苦しい姿を見せたとチームメイトに頭を下げる赤司。誠凛に勝つために力を貸して欲しい。久し振りだね、黒子。赤司から繰り出されるパスは完璧なパス。各自が欲しい時に欲しい場所にパスが届く。 昔の赤司に戻ったと感じる旧帝光中メン
| ぬる〜くまったりと | 2015/06/24 10:59 AM |
黒子のバスケ #74「お前だったんじゃねーか」 感想
勝利を願う諦めない気持。 みんなの声が後押ししてくれる! 「お前だったんじゃねーか」 あらすじは公式からです。 自問自答の末に覚醒した赤司は、チームメイトに謝罪して試合にのぞむ。 そのプレイを見た「キセキの世代」たちは確信した。昔の赤司に戻
| おぼろ二次元日記2 | 2015/06/24 5:27 PM |
黒子のバスケ #74
黒子と火神の連携の前に、赤司は崩れ去ったかに思えましたが、その時真の赤司が目を覚ましました!攻防において黒子と火神に敗れた赤司は、意外なほどの脆さをみせました。
| 日々の記録 | 2015/06/25 9:39 PM |