<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

デュラララ!!×2 転 #15「縁は異なもの、味なもの」

#15「縁は異なもの、味なもの」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


6年前
ケンカが強くそれだけで世の中を渡り歩いてきた男。
でも罪歌と出会ったことで人生が変わった。
今回は赤林の話のようです。

クスリを求める女性たち。
値段が倍になっていて
ヤバいバイトを紹介しようとしているところに
トイレの個室から音が。
中にいたのは赤林。

強さは圧倒的で
あっというまに2人のしてしまい
残った一人は赤林だと気づき土下座。
警察に行くか腕をへし折られるかの二択をせまられ
タトゥーもシールだという根性無しの男は
あっさりさらわれました。

赤林はクスリの存在を心底憎んでいるらしい。

翌日、赤林に会いたいと家にきてもらう茜。
両親には内緒の相談。
どうすれば殺し合いに強くなれるかという質問で
茜の父にはうまくごまかして
護身術を教える場所を紹介するということに。

昨夜しめた若者たちは
ただの大学のサークル活動だそうで
売人の親とは携帯だけでつながっていて
中心メンバーまでたどれるかどうかあやしいところ。
そいつらはダラーズに感化されて
あやしいクスリをつくったらしい。

過去。
赤林を狙った罪歌。

赤林は杏里とばったり。
杏里は赤林に恩をかんじているらしいけど・・。

赤林は杏里にダラーズのことをたずね
杏里もきかれてびっくりだけど
よくは知らないという答え。
そこに誠二がやってきたので
赤林はいってしまいました。
杏里が美香といっしょじゃないことを知る誠二。
ということは前回よりも前の時間軸か。
誠二は美香をさがしてあわてて走っていきました。

またまた過去。
罪歌の言葉に覆われる赤林。
でも強い意志で拒否したら
罪歌がひっこんでしまいました。
杏里の母はとめてもらったことを喜びますが
赤林にはどうしたらいいかわからない。
赤林は杏里母に惚れてしまったけれど
夫も娘もいるので
気持にはこたえられないという杏里母。
その夫の名をきく赤林は・・・。

昔の仲間に囲まれた赤林。
でもそこはうまく脱出。

昔、杏里の父にクスリをつかい
保険金殺人をそそのかしたのが組長ときき
杏里の父をはめたのが誰かを知る赤林。
組長をまちぶせしていた男がナイフを出しますが
赤林は何もしようとせず、組長はそのまま刺され死亡。
凶器のナイフを奪って男を逃がす赤林。
たしかに組長を殺したのは赤林ではないけれど
見殺しにしたのも同然。

今は杏里や茜のことを心配するおじちゃん。
ふたりが夜が好きというなら止める資格もないけれど・・
と思いつつ池袋の街を歩く・・。



あっちこっちにドラマが。
赤林の強さは敵にまわしちゃいけないかんじ。

杏里は罪歌とかかわってるけど
茜はまだこっち来ちゃダメというか
昼の世界だけでやっていけないのかねえ。





沢城みゆき、豊永利行、宮野真守、花澤香菜、神谷浩史、小野大輔、福山潤、中村悠一、
梶裕貴、高垣彩陽、寺島拓篤 下野紘、M・A・O、小野友樹、山口勝平、金元寿子、
喜多村英梨、岸尾だいすけ、藤田咲 大塚明夫、堀江一眞、小林沙苗、伊瀬茉莉也、
福圓美里、小西克幸、大塚芳忠、藤原啓治、黒田崇矢、小野坂昌也 ほか




2015.07.21 Tuesday 13:59 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 恋仲 第1話 | main | ぐでたま ほっといてください [DVD] >>









デュラララ!!×2 転 #15
『縁は異なもの、味なもの』
| ぐ〜たらにっき | 2015/07/21 9:30 PM |
デュラララ!!×2転 第15話「『縁は異なもの、味なもの」
「良かった、止めてくれる人なんていないと思ってたけど  貴方は私を終わらせてくれるの?」 赤林さんの過去―― 斬り裂き魔との出会い    【第15話 あらすじ】 “粟楠会の赤鬼”との異名を持つ粟楠会幹部・赤林海月。薬物を嫌い、池袋の街の動向に昼夜目
| WONDER TIME | 2015/07/21 10:30 PM |
デュラララ!!x2 転 TokyoMX(7/18)#15
第15話 縁は異なもの、味なもの クラブで薬を売る少年を捕まえて出処を吐かせる赤林。実は薬が大嫌い。トイレで少女に薬を販売していたのは大学生でダラーズを真似てヘブンスレイブと言う名のサークル活動を行っていた。売人とは飛ばし携帯で連絡するだけで、相手の詳
| ぬる〜くまったりと | 2015/07/23 3:54 PM |