<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

乱歩奇譚Game of Laplace 第5話「芋虫」

第5話「芋虫」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


加賀美が犯罪者になったわけ。

両親亡きあと妹の面倒をみながら
ふたりで暮らしてきた加賀美。
兄が警察官になった就職祝いには
ネクタイをプレゼントしてくれる妹。
加賀美は捜査一課に配属。
この職場で警察官として人々を守るのだと
やる気に満ちあふれる新人。

世の中には悲しい事件があふれているのが
警察官になってよくわかった、
それを減らしたいという加賀美。
仕事に没頭する兄を心配してくれる妹。

経験もつんで加賀美ちゃんから加賀美くんに
中村さんからも格上げもしてもらいました。

妹からは夕飯をつくってるから早く帰ってという電話も。

そんなとき、通り魔事件で加賀美が逮捕した男が
心神喪失で責任能力なしと判断され不起訴に
なるということが。
そもそも負けそうな裁判は裁判にしないとか
検事の思惑とかいろいろあるらしい。
不起訴になって釈放された男はすぐに再犯。
その事件を険しい目でみつめる加賀美。
妹ちゃんがまた心配してくれててかわいい。

妹も毎日夢にむかってまじめにがんばっていて
そんな姿を誰よりもわかっている兄。

犯罪者が不起訴になった事例を調べる加賀美。
つかまってもすぐ不起訴になって野放しになるやつが
多いそうで、正義について疑問を抱く加賀美に
怪人二十面相の話をする中村さん。
でも正義という言葉には気をつけろと
言われました。
そのあとしばらくしてアケチにあった加賀美は
二十面相に関連したことは全部報告しろと
言われました。
この中で一番信頼できそうな刑事だけど
加賀美のようなやつが一番おちやすい。
「のまれるな」とこのときからアケチに
そう思われていたのか。

法の正義を信じていた加賀美。
いつのまにか中村さんよりも
上の立場に出世していました。

妹はあいかわらず頑張っていますが
なかなか結果がでないらしい。
これだけ努力しているんだから
きっとそのうち・・と思う兄。

犯罪者を逮捕しようとする加賀美に
自分は心神喪失で無罪になるかもと
笑っている犯人。
自分は不起訴にならないと
いうふざけた態度に
加賀美が思わず殴りつけてしまいました。
でも結局不起訴処分になり措置入院。

理不尽なことをたくさんみてきたけど
不起訴しなくても逮捕した方が
犯罪は減らせると思うようにしたという中村さん。

でもその頃にはもう自分の魂の先にある闇が
みえてきていたという加賀美。

妹のつくってくれた夕飯を食べながら
妹のデザインがコンクールで銀賞をとったという
嬉しいニュースをきかされました。
加賀美も嬉しそうで久し振りの笑顔。

翌日、妹にお祝いのケーキを買って帰宅中に電話が。
この間逮捕して不起訴になり
入院中の男が職員を殺して脱走し
自分をつかまえた報復に加賀美の家族を殺すと
脅迫していったそうで妹のもとへ急ぐ加賀美。
妹に電話してもつながらない。

ひどい殺され方・・・。

これは・・加賀美が限界超えるのも無理ないかも。

法で人を守ることなどできない
もっと強い抑止力が必要だと
怪人二十面相になり
警察とアケチの手が届く前に
ひとりでも多くと不眠不休で断罪をつづけた加賀美。

妹を殺した憎い男は簡単には殺さず
四肢をとかし両目をつぶし薬品付けにして
じっくり殺しているという手のこみよう。

罪びとは罰せられるべき
自分を極刑にという加賀美。

中村さんもアケチもとめられなかった。

「だが 二十面相は死なない」

という言葉を残してでていく加賀美。


そして今日も身内を殺された人が
自分で報復を・・。




加賀美が二十面相になる素質はあったけど
妹がそばで幸せな笑顔をみせてくれていたら
一線を越えることはたぶんなかったのでしょう。

そしてそんな人は今も世の中にいる。
法の力で裁いて死刑にしてもらっても
それでもまだ心がおさまらない人も
多いだろうに、うまくすりぬけて無罪放免に
なるとしたらいったいその気持ちをどこに
もっていけばいいのか。
デスノートをもったキラでもいればいいけど
いないから、やっぱり二十面相はなくならない。


個人的には精神に問題があって不起訴になるのなら
そのまま一生病院にいてもらったらどうかと思います。
病気のせいだから悪くない、なんてこと絶対ない。
人の命を奪ったのだから相応の報いをうけるべき。






アケチ: 櫻井孝宏  コバヤシ: 高橋李依 
ハシバ: 山下大輝  カガミ: 小西克幸 
ナカムラ: チョー  黒蜥蜴: 日笠陽子 
影男: 子安武人  ミナミ: 藤田咲 
死体君: 山口勝平  ほか




2015.07.31 Friday 15:19 | comments(2) | trackbacks(4) | 
<< 探偵の探偵 第4話 | main | 表参道高校合唱部! 第3話 >>
ひかりびっと (2015/08/12 2:26 PM)
初めてこのブログに書き込みをします。
この話を見た僕の感想としては、やっぱり「デスノート」のキラみたいな存在は必要悪なのかなとも思ってしまいます。
カガミさんがあまりにも気の毒すぎて・・・愛する家族がああなってしまったら誰でもカガミさんのようになってしまうのかもしれない。
それだけにあの犯人があのような結末を迎えたのはせめてもの救いかもしれませんが。
あのアニメは相当後味の悪いアニメですが、その後味の悪さを求めて見てしまっていますね。実は結構、楽しみにしているアニメです。
honey (2015/08/12 3:59 PM)
ひかりびっとさん、いらっしゃいませ。

世の中理不尽というか、
法で裁いてもらってもおさまらない気持ちが
あって当然なのに、まったく反省の色もなく
野放しになってしまったら、その気持ちは
どこへもっていけばいいのかと思いますね。

まあ乱歩ですから。









乱歩奇譚 Game of Laplace フジ(7/30)#05
第5話 芋虫 カガミ警視の取り調べ。両親を失って妹の時子と二人きりの生活。妹は大学生で服飾デザインを学んでいた。キャリア官僚のカガミはナカムラの下で経験を積む。世の中の事件を調べるうちに悲しみが増えていることを知る。人を守る仕事に誇りを感じていた。先日
| ぬる〜くまったりと | 2015/07/31 7:28 PM |
乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話 「芋虫」 感想
重い話でしたね。 いろいろと考えさせられます。 かつて次々と現れた仮面の男たちは皆、法で裁けぬ犯罪者を追い、 見返りを求めずに被害者の恨みを晴らしていました。 それは違法なことなのですが、人によっては英雄的行為とも取れました。 仮面を手にすれば誰も
| ひえんきゃく | 2015/08/01 7:08 AM |
【乱歩奇譚 Game of Laplace】 第5話『芋虫』 キャプ付感想
乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話『芋虫』 感想(画像付) サブタイの意味が嫌すぎる…。 正義感が強いゆえに、闇に落ちたカガミ警視。 法では犯罪者を裁けない矛盾、ノイタミ枠らしいテーマですね。  
| 空 と 夏 の 間 ... | 2015/08/02 8:59 PM |
(アニメ感想) 乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話 「芋虫」
投稿者・ピッコロ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ〜!毎週水曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だ
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2015/08/05 9:02 PM |