<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ジャンプNEXT vol.4 2015年 9/20 号 黒子のバスケEXTRA GAMEの感想

ジャンプNEXT vol.4 2015年 9/20 号 
黒子のバスケEXTRA GAMEの感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


第5Q あとはまかせろ


 表紙は本編に関係なく夏だから
 桃井さんとリコの水着姿。
 火神くんと黒子くんも小さくすみっこに。
 煽り文句はああいってるけどこの構図的にサイズ大事。

 
 青峰くんと黄瀬くんのダブルチームというだけでも
 すごいのにゾーン状態の青峰くんとパーフェクトコピーの
 黄瀬くんときたらものすごいレベル。
 青峰くんがふたりいるかのようで息もぴったり。

 いろんなことがあったけど 今また中学の頃のように
 仲良くバスケを楽しんでいる青峰&黄瀬コンビをみて
 桃井さんが感涙。
 それをみた黒子くんがいっそう声援に力も入る。

 でもダブルチームで浮いた穴をむっくんひとりで
 とめるには向こうのスキルが高くて思い通りいかず
 それを悟った黄瀬くんがシルバーのディフェンスを
 力が続く限界までひとりでひきうけ青峰くんを温存することに。
 
 損な役回りでも最善ならためらわない。
 先に試合した笠松先輩たちから
 今まで自分たちがやってきたバスケを証明するために
 勝ってくれと言われたからにはやらずにはいられない。

 ゾーン+パーフェクトコピーで最強黄瀬くん!

 限界がきてくずれてしまったけど
 かっこわるいことはなにもない。
 チームのために勝利のために
 もうひとりの自分に語りかけた赤司くんが
 あとはまかせろと引き継いでくれました。

 もうひとりの赤司くん再び!!

 「絶対は僕だ

  頭が高いぞ」
 



黄瀬くん、なかなかの見せ場でした。
あの頃憧れていた青峰くんと
こんなふうにプレイできてドリームチーム楽しい。
そのあとひとり限界までのプレイを
みせてくれるのも熱い・・!

赤司くんのエンペラーアイに加え
おなじみのセリフも登場でますますもりあがります。












2015.08.17 Monday 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< デュラララ!!×2 転 #19「猫を殺せば七代祟る」 | main | ダイヤのA 47巻 >>