<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

乱歩奇譚Game of Laplace 第8話「パノラマ島綺譚(後編)」

第8話「パノラマ島綺譚(後編)」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


明智と話しているのは浪越。
頭脳レベルも同じくらいで話があう友人のよう。

自分だけがつくりあげる
黒い世界を照らすもの 暗黒星。


パノラマ島にあるものをみて感嘆の声をあげる小林。
ここでおきた事件について説明する明智。
怪人二十面相から届いた不可能殺人の予告状。

被害者はコモダとヒトミ。
崩落事故がおこることをしっていた犯人に
呼び出されまんまと犠牲に。

人の形をした動く柱。
でもその柱の鋼材がもろいものになっていて
簡単に崩落するらしい。

この展示場にあるマネキンのモデルの東小路。
もろい鋼材を発注した容疑者?
ここにあるマネキンが気持ち悪かったという東小路。
友人の雪子もここの過酷な仕事のせいで
からだを壊し死亡。コモダとヒトミに雪子の両親に
謝罪するよう訴えた東小路を裸にして
労働者の待遇改善を条件にしてマネキンのモデルに。
でもパノラマ島の状態は前とかわらず。
雪子の命も犠牲にしてこのパノラマ島が・・
その恨みをはらすため二十面相と語って
ふたりを殺した東小路。
二十面相を語らなければ事故ですんだかもなのに
あのマネキンはきれいなものじゃないと
伝えたかったからあえて二十面相を語ったようで。

同じような人がたくさんいるということか。
それでも二十面相は俺がすべてつぶすというアケチ。

事件は解決。
泳ぐひまがなかったと残念そうなコバヤシ。
雪子のために殺人をおかした東小路のように
コバヤシが死んだらハシバがかたきうちしてくれるか
とたずねると、そもそもそんなことにならないように
がんばるというハシバ。
かたきを討ったって死んだ人は戻って来ない。

みんなはアケチの事務所に。
すっかりここになじんでる。
コバヤシはあいかわらずテストに興味なし。
それを注意するハシバとの会話をきいていて
そんなケンカは一度しかなかったというアケチ。

最初の二十面相 浪越について語り始めました。
知能が高すぎてアケチと話があうものがいない中
唯一自分から声をかけたのが浪越。
初めて知り合った対等な存在。

天才同士楽しそう。

ふたりの数式が生み出したものが
怪人二十面相。
不可能犯罪をなしうる正義の怪人。
そして浪越はそれを実行。
その数式を失敗だというアケチと
失敗なんかしてないという浪越。
それが最初で最後のケンカ。

浪越は3年前新宿で焼身自殺。
それからすぐに第2第3の怪人があらわれ
怪人をすべて倒すときめたアケチ。
結果アケチの名も有名になっていったそう。

浪越は死んだけど死んだ奴のために
してやれることはなく、アケチがしているのは
仇打ちではなく自分自身のエゴ。
だからそもそも死なせるな、というハシバが正しい。

コバヤシにはハシバの気持ちは届いてない・・・。



事件はあっさり解決。

アケチと同じような頭脳をもっていながら
才能の使う方向を間違うともったいない。
アケチにはとめられなかったのも残念。
コバヤシもハシバのいうことなんか
聞く耳もたないけどハシバがからだをはってでも
とめるタイプだから、アケチと浪越みたいには
ならないでしょう。
でもハシバ、報われないタイプだろうな〜。




アケチ: 櫻井孝宏  コバヤシ: 高橋李依 
ハシバ: 山下大輝  カガミ: 小西克幸 
ナカムラ: チョー  黒蜥蜴: 日笠陽子 
影男: 子安武人  ミナミ: 藤田咲 
死体君: 山口勝平  ほか





2015.08.21 Friday 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 探偵の探偵 第7話 | main | GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第7話「皇女の決断」 >>