<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コウノドリ 第2話

第2話



産婦人科医の鴻鳥(こうのとり)サクラ(綾野剛)、
四宮春樹(星野源)、新米産婦人科医の下屋加江(松岡茉優)を
はじめ、新生児科医の今橋貴之(大森南朋)、白川領(坂口健太郎)、
助産師長の小松留美子(吉田羊)らが参加する
周産期母子医療センターの合同カンファレンス中に、
救命救急医の加瀬宏(平山祐介)が飛び込んできた。
交通事故にあった臨月を間近に控える妊婦が5分後に
運ばれてくるという。運ばれてきた妊婦・永井晴美は、
頭部の外傷がひどく意識不明の状態だが、胎児の心音に異常はない。

サクラは赤ちゃんが元気なうちに帝王切開に
持ち込むことを提案するが、救命救急の加瀬にとって
一番に優先すべきことは患者の命を救うこと。
出産させることで母体の容態が急変するかもしれないと懸念しサクラの

提案を跳ね除ける。そこへ職場から駆けつけた
晴美の夫・浩之(小栗旬)は、加瀬から晴美の容態の説明を
受けるが、あまりに突然のことで事態が飲みこめない。
ICUにいる晴美の姿を見て呆然と立ち尽くす浩之。サクラは
晴美とお腹の赤ちゃんの状況を冷静に説明し、浩之に
ある過酷な選択を迫る。
ーー晴美とお腹の赤ちゃんの命は助かるのか?





これはつらい。つらすぎる。
赤ちゃんかお母さんかどちらかの二択・・
お母さんはもう回復はほとんど見込めないようだったから
実質赤ちゃんだけでもと思ったけど
旦那さんにとってこんなにつらい選択肢はない。

もちろん選べずにいた旦那さんだったけど
妻が「命より大事なものがある」と言っていた動画をみて
妻の願いをかなえてくださいと先生に頼んで
ぎりぎりでの出産。
心停止から5分が分かれ目とのことで
ずっと心臓を動かし続けていてくれた救命救急医の
先生のがんばりもあればこそ。

おめでとうございますという祝福の言葉でむかえられた
赤ちゃんだけど、亡くなったお母さんの横に寝かされるところは
もう涙がとまらない。

現実問題として赤ちゃんを育てながら
仕事はどうするのかとか、旦那さんの母親が言っていた
「いっそ助からない方が」という考えを口にする人も
実際にはいるのでしょう。
それでも一ヶ月検診で赤ちゃんを抱っこしてきた
新米パパをみていたらきっと幸せになってくれるはずと
思いたいし幸せを祈りたい。

四宮先生は妊婦を死なせ、その赤ちゃんも
意識が戻らない状態にしてしまったという過去が
あるようですね。
(死なせ、とは言ったけど先生のせいではない。
 出産は何がおこるかわからないリスクが大きいものだから。)
そのときの子どもに毎晩絵本を読み聞かせ・・
これはまたつらい。
片方が亡くなったりとか、親子ともども亡くなるケースも
きいたことはありますし、産婦人科の現場は
幸せな場面ばかりじゃないというのも事実。

赤ちゃんが無事うまれてくるのは奇跡のようなものだなあ。

(なので自宅の風呂場でひとりで産んだとかいう
 ニュースをみるとよくもまあひとりで・・と
 感心すらしてしまう。)




鴻鳥サクラ…綾野剛
下屋加江…松岡茉優
小松留美子…吉田羊
白川領…坂口健太郎
角田真弓…清野菜名
加瀬宏…平山祐介
船越拓也…豊本明(東京03)
大澤政信…浅野和之
小野田景子…綾戸智恵
向井祥子…江口のりこ
新井恵美…山口紗弥加
四宮春樹…星野源
今橋貴之…大森南朋

第2話ゲスト
永井浩之…小栗旬
永井晴美…川村ゆきえ
木村法子…山田真歩
村川郁恵…虻川美穂子
木原雄弥…前田公輝






コウノドリ(12): モーニング




2015.10.24 Saturday 08:41 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< オトナ女子 第2話 | main | 思い、思われ、ふり、ふられ 1巻 >>









コウノドリ 第2話★妻か子か
コウノドリ 第2話 「ペルソナ総合医療センター」に臨月の妊婦・晴美(川村ゆきえ)が運ばれてきた。彼女は交通事故に遭い、頭部に重傷を負っていた。救命救急医・加瀬(平山祐介)らの処置で一命は取り留めるが意識が戻る可能性は極めて低いという。そんな中、知らせを
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/10/24 9:41 AM |
コウノドリ #02
『私の命より大切なもの』
| ぐ〜たらにっき | 2015/10/24 12:39 PM |