<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

オトナ女子 第3話

第3話



 亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者でもある
池田(平山浩行)から地元の秋祭りに誘われる。だが、
そこで亜紀が見たのは、子連れの女性と仲良さそうに話す
池田の姿だった。亜紀は、萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)に、
池田は妻子持ちみたいだと報告するが…。  一方、みどりの家には、
三男の陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)が
家庭訪問にやってくることに。
母子家庭だからという偏見を持たれたくないと考えたみどりは、
長男・昂(平埜生成)、次男・碧(矢部昌暉)にも協力してもらって
対応マニュアルを作成し、沢田を迎える。
 萠子は、「フルテージ」の社長・栗田(谷原章介)との交際を
続けていた。彼の前では、物分かりの良いオトナの女性を演じる
萠子。ある日、栗田とデートしていた萠子は、元カノらしい
若い女性と鉢合わせしてしまう。萠子は、若い元カノから
おばさん扱いされるが、真っ向から彼女とやり合って撃退し、
栗田を感心させる。
 そんな折、亜紀の前に、元恋人の伸治(斎藤工)が現れる。
伸治は、メジャーデビューをきっかけに亜紀を捨て、
若い女性のもとへと行ってしまった男だ。亜紀は、話があると
いってマンションまでやってきた伸治を無視して部屋に戻るが…。






池田といっしょにいたのは妹と姪っこ。
まぎらわしい接触の仕方してたけど。
というわけで池田と順調に仲を深める亜紀。
そこに元カレが・・。
見た目が斎藤工の元カレがあんなふうに
すがってきたら、ひどい裏切られ方したとしても
つい揺らいでしまうのも無理はない。
あれで新たな彼氏の存在がなかったら
きっとすぐにもとに戻ってしまうでしょう。
でもその新たな彼氏(まだ彼氏ではないか)が
何をいったのか元カレは撤退・・・
いったい何を言ったのか気になる〜。
池田も、姪がいるからもう子どもはいいとか
今からつきあうとなると相手の女性の年齢もあるしとか
ものわかりよすぎてかえって心配。

萌子は大人の女性としてふるまう姿がかっこよく
あのままだったらいい男がひっかかってきそうなものなのに。
栗田は日替わりで別の女性をくどいているようで
しかもあいかわらず同じやり方なのが品がない。
そんな男とまだつきあうの?

みどりは前回につづきやっぱりこの先生と恋するには
無理がある・・という域を出ないな〜。







篠原涼子  吉瀬美智子  鈴木砂羽  谷原章介  江口洋介 



2015.10.30 Friday 16:59 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 遺産争族 第2話 | main | コウノドリ 第3話 >>









オトナ女子 #03
『不器用すぎる私達』
| ぐ〜たらにっき | 2015/10/30 8:21 PM |