<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

第6話「彼等について」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ガエリオは軽傷。
やられた仕返しをやる気満々ですが
追撃はしないというマクギリス。
コーラルが死んだおかげで仕事が山積み。
(コーラル、やっぱり死んだのか。)

あの船にクーデリアが乗っているのは確認できたから
いずれ再会の機会はある。

鉄華団を折ってくる船はなし。
雪之丞はモビルスーツのメンテ。
厄災戦とは300年前に地球で起こった戦争で
すごい数のモビルスーツが戦ったらしい。

またまたガエリオとマクギリス。
ガンダム・フレーム、厄災戦末期に活躍した
ガンダムの名を冠した72機のうちのひとつ
バルバトスだときいてそんな大昔のモビルスーツに
苦戦させられたとはというガエリオ。
しかし機体性能よりは乗り手の問題で
そもそも阿羅耶識システムは厄災戦時にモビルスーツの性能を
最大限に引き出すために開発され技術。

三日月は食事中。
アトラは危険な戦いを心配してくれますが
三日月、「大丈夫だよ。これがあるから。」
とアトラにもらったブレスレットをみせました。

なにこれ?無意識にやってるの?
やっぱ三日月天然たらし系。

これからどうするか。
オルクスがダメだったから別の案内役が必要。
ここまでギャラルホルンともめたからには
火星の連中のことも頼めるくらいの強力な後ろ盾が必要。
となるとテイワズしかいない。
木星圏を拠点とする複合企業で実態はマフィア。

でもどうやって話をつけるか?
どっちみち戻れないしこのままじゃ地球にはいけないし
いくしかない。

そのとき感嘆の声がきこえ、火星との通信を
フミタンがつなげてくれたのだそう。
ギャラルホルンが管理するアリアドネを利用したそうで
レーダーが機能しないエイハブ・ウェーブの影響下でも
船に正しい航路を示す道しるべで、それを構成するコクーンを
中継ポイントとして利用することで長距離通信が可能に。
暗号化されているので安全。
よければこれからも手伝いをするというフミタンが
通信オペレーターに採用。

クーデリアがさっきの話し合いにどうして
三日月が参加しなかったのかたずねると
難しいことは苦手だからというこたえ。
作業中の人にお弁当を届けるお手伝いを
クーデリアも参加。

昭弘はトレーニング中。

テイワズをめざすことになったと話すクーデリアに
三日月は無関心。難しいことはオルガがやってくれるし
そもそもなぜクーデリアが地球にいきたいのかも
わからないというと、地球にいくことすら知らなかったアトラ・・。

アトラ、心配するのは服のこと。

クーデリアが地球へいくのは
火星の人々の自由な暮らしを勝ちとるため。
300年前の厄災戦によって、細分化されていた
地球の国家群が4つの経済圏に統合され
火星、木星などの圏外圏でも分割統治が積極的にすすめられ
クリュセ自治区はアーブラウの支配下になり
開拓時代に結ばれた不利な惑星間経済協定の名目のもと
長年の不当な搾取にさらされてきたそう。
この状況を改善するために、アーブラウ政府と交渉をつづけてきて
先日アーブラウ代表の蒔苗東護ノ介氏が交渉のテーブルに
つくことを了承。
火星の経済的独立を勝ち取ること、
それがすべての火星の人々の幸せにつながると
語るクーデリアに拍手するアトラ。
でも三日月は「あんたが俺たちを幸せにしてくれるんだ」
とやっぱり冷めてる。

雪之丞さんたちのところにもお弁当を届けたときに
三日月が字が読めないと知りクーデリアはびっくり。
モビルスーツを動かすのに字が読めなくても関係なし。
学校にもいったことはないし、いったことがないやつも
ここには多い。
三日月に読み書きの勉強をしないかというクーデリア。
本も読めるようになると世界がひろがる、というと
教わりたい人たちがほかにもいっぱいいて、
クーデリアが先生になることに。

テイワズへのつてをどうしたらいいか考えているオルガ。
その場を少しフミタンにまかせることに。

オブリスはコーラルが死んだときき
鉄華団のことはお嬢様を守る少年騎士団と
利用しようと思ってる・・?

アインはマクギリスに面会。
火星での戦いのことをきかれました。
むこうのモビルスーツは訓練では体験したことのない
反応性に速度・・。
追撃部隊に加えてもらいたいと願い出るアイン。

文字の勉強はまず自分の名前を書くことから。
三日月は左右反対に書いていて、からかう子どもたち。
でもみんな熱心。

オルガをみかけて気にする三日月。

ビスケットがやってきました。
ツテもないのにテイワズと交渉するのは無茶じゃないか
と言いますが、それ以上の考えが思いつかない
でもやると決めた以上は前にすすむしかないというオルガ。
少しあせりすぎているんじゃないかというビスケットが
なぜそんな前にすすむことにこだわるのかとたずねました。

「みられてるからだ。

 ふりかえるとそこに いつもあいつの目があるんだ。」

「あいつ?」

「すげけよ ミカは。

 強くて クールで度胸もある。

 初めてのモビルスーツも乗りこなし

 今度は読み書きまで。

 そのミカの目が 俺に聞いてくるんだ。

 『オルガ 次はどうする?

  次は何をやればいい?

  次はどんなわくわくさせてくれることを

  みせてくれるんだ?』てな。

 あの目は裏切れねえ。

 あの目にうつる俺は

 いつだって 最高に粋がって

 かっこいいオルガ・イツカじゃなきゃいけねえんだ。」

ふたりの関係はやっぱり独特・・。

オルガのところにやってきた三日月。
読み書きができないとモビルスーツの整備も手伝えないし
いつかいろいろな本を読んで野菜のことを勉強したいから
とオルガに言いますが、三日月はいつか
ビスケットのばあちゃんとこみたいな農場を
やってみたいらしい。

オルガを気遣う三日月と三日月を気遣うオルガ。
地球は遠いけどもう行くときめたから
あとは突っ走るしかない。

「やっと俺らの居場所ができたんだ。

 みんなの命も将来も 鉄華団の上にのっかってんだ。」

クーデリア先生の教室は大人気。
阿羅耶識システムに驚くクーデリアですが
これがあるといろんなことができると誇る子どもたちをみて
これがこの子たちの現実・・と思うクーデリア。

三日月とオルガ。

「守ってやらねえとな。」

「そうだね」

「かわらねえな お前は。」

「オルガは?」

「俺か?俺は俺だ。」

「だね。」

とあいかわらず息はぴったり。

「かなえようぜ お前の夢。

 今度の仕事 成功させて

 鉄華団をでっかくしてよぉ。」

そこに他船からの停止信号が。
マルバでした。こいつまだでてくるのか。


こんなやつの停止命令きく必要ないと思うけど
ほっとくと厄介?
地球にいくのにもそのマフィアっぽいのに
頼らないとだめらしいし、クーデリアのスポンサーは
やっぱり怪しげなかんじがするし。

クーデリアが活動してる内容もよくわかっておらず
生きていくのすらたいへんな人たちがいっぱいいるのが
今の火星の状況なわけですね。
上に搾取されず三日月が平和な農場を営める未来が
いつかやってくるのでしょうか。

三日月とオルガの関係はやっぱり特殊。
その目に突き動かされてオルガが重荷にに
感じてるわけじゃなさそうだからいいけど。

アインはせっかく上司に恵まれていたのに
(コーラルのことではない)
柔軟性がたりないというか思い込みが大きいというか
もう少しあのおじさんには生きてて導いてあげてほしかった。



(三日月・オーガス)河西健吾
(オルガ・イツカ)細谷佳正
(ビスケット・グリフォン)花江夏樹
(ユージン・セブンスターク)梅原裕一郎
(昭弘・アルトランド)内匠靖明
(ノルバ・シノ)村田太志
(タカキ・ウノ)天崎滉平
(ライド・マッス)田村睦心
(ヤマギ・ギルマトン)斉藤壮馬
(クーデリア・藍那・バーンスタイン)寺崎裕香
(アトラ・ミクスタ)金元寿子
(マクギリス・ファリド)櫻井孝宏
(ガエリオ・ボードウィン)松風雅也 ほか






2015.11.08 Sunday 20:25 | comments(0) | trackbacks(12) | 
<< ハイキュー!! セカンドシーズン 第6話「“テンポ”」 | main | ジャンプ50号感想 >>









機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第6話を見ました。 #6 彼等について 「ガンダムフレームだと?」 「あぁ、厄災戦末期に活躍したガンダムの名を冠された72体のうちの1つだ。個体名はバルバトス」 「ガンダム…聞き覚えはあるが間違いないのか?」
| MAGI☆の日記 | 2015/11/08 8:29 PM |
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第6話「彼等について」感想
鉄血のオルフェンズ 日常回。 でも、半端ない緊張感がありました。 ギャラルホルンは言うにおよばず、 地球までの案内を頼もうとしてるテイワズはマフィアのようなものらし ...
| ガンダムFWブログ | 2015/11/08 8:57 PM |
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #06
『彼等について』
| ぐ〜たらにっき | 2015/11/08 10:04 PM |
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」戦場に生きる少年たち6オルガたちは木星圏に活路を見出しクーデリアは読み書きできない少年たちの現実を知り読み書きを教え始めた
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第6話はギャランフォルンとの戦闘空域を抜けた鉄華団はこれからの進路を話し合っていたが案内役なしで地球へ向かいのは難しいという事に ...
| オールマイティにコメンテート | 2015/11/08 10:23 PM |
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 「彼等について」別の案内役を探さないといけない鉄華団。しかも強力な後ろ盾になるくらいの。オルガは実態はマフィアとも噂されている ...
| 特プロSANの大爆発ブログ | 2015/11/09 12:11 AM |
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュえアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  今週は戦闘がなく、主に三日月を初めとするキャラクターの内面を掘り下げた回に
| 新・00をひとりごつ | 2015/11/09 12:41 AM |
【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第6話『彼等について』 キャプ付感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話『彼等について』 感想(画像付) 地球に行く案内人のつてを失い、木星圏を拠点とするテイワズとの接触を考えるオルガ。 三日月の期待に対して行動してしまうというオルガ。 オルガを信じ任せてる三日月という関係
| 空 と 夏 の 間 ... | 2015/11/09 3:02 AM |
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』 三日月の夢は...百姓!
俺ら地球さ行ぐだ。吉幾三の歌が聞こえてきそう。火星で畑するだ〜♪。  クーデリア先生の読み書き教室。フミタンが通信士を買って出た事にショックを受けるクーデリア。役に立ってないのは私だけ。客なんだからそんな事考えなくても良いんですがね。子供達を前に
| こいさんの放送中アニメの感想 | 2015/11/09 12:15 PM |
アニメ感想 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」
三日月とオルガ、その仲間達について
| 往く先は風に訊け | 2015/11/09 11:31 PM |
機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ #6「彼等について」 感想
大昔のシステムが今でも通用するってどういう世界観なんでしょうねぇ。 まあ現実でも100年前の銃が意外と攻撃力あったりしますが。 戦闘シーンはありませんでしたが、話的に盛り上がりがあったかも。 フミタン・アドモスは、やはり只者ではない感じ。
| こう観やがってます | 2015/11/10 10:56 AM |
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6 彼等について
三日月君、文字を習い始める!
| ゴマーズ GOMARZ | 2015/11/11 3:46 PM |
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯6「彼等について」
評価 ★★★★ その憧憬は重圧              
| パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2015/11/14 8:41 PM |