<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コウノドリ 第5話

第5話



産科と新生児科をまとめる周産期母子医療センターの
センター長を務める今橋貴之(大森南朋)のもとへ、
“NPO法人ツグミの会”の代表者が訪れた。ツグミの会は、
親の養育が受けられない子供と、子供が欲しくても授からない
夫婦をつなぐ、特別養子縁組をサポートする会。
中絶や虐待、産み捨てから、より多くの赤ちゃんを守るため、
ペルソナ総合医療センターの協力を得たいという。
そんな折、院長・大澤政信(浅野和之)の紹介で、
中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が、母親の昌美
(中島ひろ子)に連れられて鴻鳥サクラ(綾野剛)の診察を
受けにきた。玲奈は妊娠8ヶ月。すでに堕胎できない状況の
玲奈にサクラは、若い年齢での出産について丁寧に
説明しようとするが、本人はまるで他人事。自分が母親に
なるという覚悟もなければ、新しい命が宿っている自覚すら
ない様子。お腹の子の父親・元倉亮(望月歩)も同級生で、
当事者二人がまだ中学生のため、今後のことを両家の親が
話し合ったというが、亮の父親の一方的な発言で話は平行線。
一方、サクラは懐かしい人と偶然の再会を果たす。
幼い2人の赤ちゃんは、どんな運命をたどるのか…。



14歳の母。
今回のふたりは最初こそ他人事のようだったけど
ちゃんと妊娠という事実をうけとめ、赤ちゃんの幸せを
考えて養父母にたくすことを決断。
男の子の父はお金は出すけどかかわりたくないし
女の子の母も最初は怒るのも当然。中二の娘が妊娠と
なったらパニックになってもしょうがない。
でもちゃんとしばらくしたら娘のことを考えてくれましたが。

痛い思いして、あんなにかわいい赤ちゃんを産んでも
自分では育てられない、元カレも責任もとれないし
何もしてあげられない無力さを痛感してて
このふたりには大きな社会勉強になっただろうけど
(赤ちゃんからしたらいい迷惑ですが、よさそうな夫婦に
 ひきとられたのが救い。)やっぱり育てられないのに
作るようなことしちゃあかんでしょ。いまどきは性教育も
きっちりやってるはずなのに。
まだこのふたりはまじめに考えたり反省したりするだけ
ましか。(さらに父親はお金出すだけまだまし。)

コウノドリ先生の産みの母は乳がんで治療より赤ちゃんの
命を優先して、産んだ後に死亡、そして乳児院から
児童養護施設へ・・と育ってきたそうですが
3人とも立派な母だと誇れるのがいいし
今のようないい先生になったのもいい母たちの
おかげなのだなと納得です。




鴻鳥サクラ…綾野剛
下屋加江…松岡茉優
小松留美子…吉田羊
白川領…坂口健太郎
角田真弓…清野菜名
加瀬宏…平山祐介
船越拓也…豊本明(東京03)
大澤政信…浅野和之
小野田景子…綾戸智恵
向井祥子…江口のりこ
新井恵美…山口紗弥加
四宮春樹…星野源
今橋貴之…大森南朋








コウノドリ(12): モーニング




2015.11.14 Saturday 09:02 | comments(3) | trackbacks(4) | 
<< Betsucomi(ベツコミ) 2015年 12 月号 | main | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 〜忍びの37「手裏剣伝説〜ラストニンジャへの道〜」 >>
かや (2015/11/17 9:08 PM)
漫画では高校生の話でしたので、今回は中学生の話でオリジナルストーリーのように感じました。
内容については、とても良いお話だったと思います。
低年齢での妊娠のリスクもありますし、ちゃんと小学生から性教育をしっかり受けてもらいたいです。
うちでは、「コウノドリ」や「透明なゆりかご」を思春期に読んでもらうつもりで購入していますが…。
息子2人には、いい加減なことをして大切な人を傷つけるような人間には育ってほしくないと思っています。

コウノドリ先生の産みのお母さんの死因は漫画では描かれていませんでしたので謎でしたが、ドラマでは乳がんということだったのですよね。
精一杯命と向き合っているコウノドリ先生に助けられたママさんはいっぱいいますから、産みのお母さんにとっても、きっと自慢の息子だと思います。
かや (2015/11/17 9:13 PM)
honeyさん、こんばんは。

焦って、ご挨拶できなかったりで、すみません。

低体重児の赤ちゃんのご両親はともかく、祖父母に赤ちゃんの命をどうするかの判断ができるものなのでしょうか?
納得できません…。
今、38週で、もしかしたらもうすぐ生まれるかもしれませんので、次回コメントできませんでしたら、すみません。
honey (2015/11/17 9:42 PM)
かやさん、こんばんは。

中学生の妊娠話といえば「14歳の母」のドラマが
けっこう衝撃的でしたが、現実にあちこちで
あるようですね。今は小学校から性教育が
徹底しているはずなのに。あのふたりがまじめな子で
ちゃんと悔やんだりしてくれたからまだ救われます。

お母さんの立場だったらやっぱり子ども優先しますよね。
コウノドリ先生、愛をいっぱい受けて生まれたので
今もあんなに強くてやさしいのだと思います。

お医者さんも言われたからといってすでに生まれた
赤ちゃんの治療をやめるはずもなく、そこはやはり
全力を尽くされたと思います。(赤ちゃんが
どうなったかまではきいていませんが)

わあ もうすぐですね(^^)
赤ちゃんかわいいだろうな。
無事に出産すまされますように。
上のお子さんもいらっしゃるし産後も
お忙しいと思いますので無理なさらずに!










コウノドリ 第5話★14歳の母
コウノドリ 第5話 サクラ(綾野剛)は児童福祉施設の副院長・加賀美(浅茅陽子)と出会う。彼女はサクラを知っているようだが、サクラには覚えがない。そんな中、サクラは中学生・玲奈(山口まゆ)を担当することに。彼女は妊娠8カ月目だが母親になる自覚が薄く、家も
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/11/14 10:49 AM |
コウノドリ (第5話・11/13) 感想
TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ』(公式) 第5話『14歳の母この子のため少女の決心』の感想。 なお、原作漫画:鈴ノ木ユウ氏の『コウノドリ』は未読。 サクラ(綾野剛)は児童福祉施設の副院長・加賀美(浅茅陽子)と出会う。彼女はサクラを知
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2015/11/14 11:07 AM |
コウノドリ #05
『14歳の母 この子のため少女の決心』
| ぐ〜たらにっき | 2015/11/14 1:05 PM |
コウノドリ「14歳の母この子のため少女の決心」
中学生の妊娠自体は、衝撃的な分、ドラマ方面で珍しくないテーマですが、 今回は、鴻鳥(綾野剛)先生自身の過去… 3名の母親がいる事情、その懐かしい人を訪れる展開とピアノのエピソード 少年少女の、現実に向かい合うことによって、急速に成長する姿がヨカッ
| のほほん便り | 2015/11/14 5:24 PM |