<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

オトナ女子 第6話

第6話



亜紀(篠原涼子)の会社・フルテージに雑誌の取材が入った。
がやってきたカメラマン・里中(前川泰之)は、無遠慮な振る舞いで
亜紀たちを困惑させる。そこに高山(江口洋介)から、亜紀に
会いたいという連絡が入る。亜紀が高山を訪ねてカフェ『caldo』に
行くと、入れ違いで彼はフルテージに現れる。高山は、美和
(市川実和子)たちにひとしきり恋愛レクチャーをすると、帰り際、
亜紀にキスをした件に触れ、「ただの誤作動だった、とだけ
伝えてほしい」と伝言を残す。同じころ、みどり(鈴木砂羽)は、
次男の碧(矢部昌暉)が怪しげな店でアルバイトしているのでは
ないかと疑っていた。三男・陵(浦上晟周)のいじめ問題の件で
電話してきた沢田(千葉雄大)は、みどりから碧のことを聞くと、
「好きな人の役に立ちたい」と言って一緒にその店に行こうと
提案する。一方、栗田(谷原章介)とデートしていた萠子
(吉瀬美智子)の前には、レンタル彼氏で頼んだ田代(丸山智己)が現れる

。そこで田代は、もう一度萠子に会いたかったなどと言い出す。
最初は嫌がっていたものの、遠慮なく話しかけてくる田代に、
最後は思わず笑ってしまう萠子。その姿を見ていた栗田は、
半ば強引に萠子をホテルに誘い…。そんな折、亜紀のマンションに
池田(平山浩行)がやってくる。そこで亜紀は、池田から
衝撃の告白を受け…。






自分の人生に他の人が入り込んでくるのが無理って
そりゃもう一生独身でいるしかないでしょ。
亜紀なら大丈夫じゃないかと思ったけど
やっぱり駄目だったとか
これ以上深くつきあったら後戻りできないとか
誠意をつくしてるようでもやっぱり充分失礼だし。
いややっぱ深入りする前に切ってもらった方が
お互いのためか。

で、失恋しておちこんでるところにダメ押しの出来事。
これは運が悪いとしかいいようがない。
飲んでつぶれたのが悪いとしても
相手の男がクズすぎる。
これって名誉棄損かなんかで訴えてもいいレベルじゃ?
もとから亜紀のことをそんなによく思ってなかった部下の
女子たちの反応は冷たく、社長からも仕事を休むようにいわれ
男がダメで仕事に生きようにもその仕事までとりあげられては。
篠原さんが美しすぎてボロボロにみえないから
もっとひどい目にあわせるとかいうのをみたけど
それがこれか、、。

温泉に傷心旅行にいって飲んだくれてたのに
またメールがうまい具合に誤解するような内容で
かけつけてきた高山がいるから亜紀は大丈夫でしょ。

萠子はねえ・・あの母のおかげでもめたけど
その前に、栗田が動いたのも嫉妬の勢いだし
この先ずっとひとりなのが嫌だからって
あんな女癖の悪い男じゃ結婚したってすぐ浮気→離婚
っていうのが目に浮かぶけどな〜。

みどりは・・恋愛するにしても別にあんな年下の
先生じゃなくてもいいんでは。




篠原涼子  吉瀬美智子  鈴木砂羽  谷原章介  江口洋介 



2015.11.20 Friday 08:39 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 遺産争族 第5話 | main | ぐでたま ~自分に勝てない~ [DVD] >>









オトナ女子「ついに反撃開始!!」
亜紀(篠原涼子)の会社『フルテージ』に雑誌の取材が。 やってきたカメラマン・里中(前川泰之)は、無遠慮な振る舞いで亜紀を筆頭に、社員たちを困惑させます。 また、高山(江口洋介)は、亜紀とのキスを、「ただの誤作動」だと伝言して欲しいと… この里中
| のほほん便り | 2015/11/20 10:05 AM |
オトナ女子 #06
『ついに反撃開始!!』
| ぐ〜たらにっき | 2015/11/20 12:28 PM |