<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! 19巻

[ マンガ ]
ハイキュー!! 19巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


第163話 月の輪

 とうとうツッキーが!!
 
 決勝戦前日、山口くんに、「僕がウシワカに勝てるワケ
 ないデショ」といつものように冷めたものいいをしていた
 ツッキー。でもその言葉には続きがあって。

 1点を争う攻防。
 日向くんのバックアタックが出たのも
 ツッキーのワンタッチがあったおかげ。 
 流れは烏野、でも流れなんかないかのごとく
 ウシワカがエースの一発をきめてまたまた同点。
 2セット目から30点台に突入し返すのが精いっぱいな
 烏野。でもほんの少しのほころびを見逃さず
 ずっと機会を待っていたツッキーがウシワカを止めた!!

 うぉおおおおおおおおツッキーーーーーー!!
 
 素晴らしくいいシーンでした。


第164話 たかが1点


 ツッキーの頭脳プレイ ウシワカをブロックで
 2セット目 29-31で烏野勝利。

 ツッキーにとびつくノヤっさんに田中先輩!
 山口くんは親友のことをよくわかってる!
 ツッキー兄も感涙。
 コーチもツッキーのおそろしさをちゃんと理解してる。
 ねぎらいの言葉をかける大地さんたちにも
 冷静なツッキー。
 でもチームにこういう人がいるのは頼もしい。
 
 日向くんも全力でほめたたえてるけど
 それに対するツッキーの反応が・・
 まあそういきなり熱い友情展開になるわけないけど
 ツッキーもこれはこれで前とはずいぶん違う。

 でも2セット目とられたことで
 むこうがさらに厄介なかんじに・・・。


第165話 一貫

 セッター白布が中学生のときに
 白鳥沢と北川第一の試合をみて
 選んだのは圧倒的なエースが活躍する
 ウシワカのいるチーム。

 及川さんとか影山くんのようなセッターを目指す
 道もあったけど、白鳥沢も自己主張の強いセッターは
 いらないという方針なのでちょうどよかったのかも。

 誰よりも目立たないセッターになるという信念のもとに
 ウシワカの強さがいっそう際立つ。

 3セット目は5点差をつけられて終了してしまいました。


第166話 守護神と月明かり


 ウシワカと唯一対等なのはスーパーリベロの
 ノヤッさんだけ。

 3セットめが終わりコートチェンジの合間に
 わざわざ日向くんのところにきて
 技術の稚拙さを非難するウシワカ。
 ウシワカがわざわざ日向くんの相手をすることすら 
 すごいことに思えますが、日向くん、普通に傷ついてる。
 ウシワカに似てると言われた影山くんが
 ちょっと嬉しそうなあたりが笑える。

 あとがない4セット目。
 ウシワカへの2枚ブロックを少しだけクロス側を
 しめましょうと旭さんに提案するツッキー。
 その狙いは烏野の守護神の視界をクリアにすること。

 あと一歩のところでひろえなかったノヤっさんが 
 そのおかげでしっかりキャッチ!

 ツッキー、冴えてるな〜〜〜。

第167話 個VS数

 「良いレシーバーは良いブロックがあってこそ
  より活きる。」
 ツッキーの作戦でノヤッさんがレシーブ
 そこから影山くん、そして旭さんが決める。
 ツッキー、殻を破ってどんどん進化中。
 
 とはいえ白鳥沢も王者ならではの強さで
 白布くんは影山くんとは違う自己主張の強さを持ち
 徹底的にエースを主張する曲者。
 五色くんも自称エース。
 シンクロ攻撃もとめられたけど
 まだまだ試合は続く。


第168話 NOTミラクル

 4セット目も接戦。
 OBたちのコンビネーション解説がわかりやすい。
 鵜飼元監督も観戦にきて、その前では
 また高校生のころに戻ったよう。

 白鳥沢も烏野も力づくで点をとることを好むチーム。
 
 ウシワカに完璧にぶちぬかれたらしょうがないけど
 残りの取りこぼしをいかに減らすか。
 バックセンターの守備を一歩さげて
 旭さんがなんとかおいついた!!

 コーチの熱い想いも伝わってくる。


第169話 義翼

 根性でつないだけど天童くんにとめられました。
 この人ものりにのってる。
 こんな状況でも冷静に味方と対戦相手の
 観察と分析をしている大平くん。
 そして田中先輩のすごさも伝わる。

 ウシワカにサービスエースもとられ
 烏野の側のみなさんの顔もピキピキ・・。

 ツッキーに煽られた日向くんが
 ウシワカに言われたチビの意地をみせる。
 スパイク並みの助走で高いジャンプのブロック。
 本当にこの人の身体能力はすごい。


第170話 アイデンティティ

 表紙の勇者ウシワカに挑む日向くんが
 下っ端すぎる〜。
 せめて武器、もうちょっといいのをもたせてあげて。

 背の低い日向くんは助走してジャンプすることで
 高さを獲得。
 ギャラリーの皆さんがわかりやすく解説してくれる。

 日向くんのジャンプが横に流れてもサイドが支えると
 コーチの指示を言われなくてもみんなわかってる!

 スタミナに関しては心配のない日向くんだから
 よく飛ぶ!まわりのサポートも頼もしく
 白鳥沢に食いつく烏野!!


第171話 どいつもこいつも負けずぎらい

 日向くんの活躍が相手を揺さぶる。 
 追い風は烏野に。
 それもこれも日向くんのすごいスタミナがあればこそ。
 そしてチームメイトの活躍もあってこそ。
 ツッキーは日向くんには張りあってないといいつつ
 しっかり力をつけてきてて今こそその成果をみせるとき。
 影山くんもわかってるな〜。
 山口くんも自信のあるサーブでチャンスをつくってくれる。
 そのチャンスをしっかり繋いでツッキーがひとり時間差。

 チームメイトはともかくコーチまで驚きすぎ。


番外編

 木兎さんwww










2015.12.05 Saturday 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプSQ. 2016年1月号 新テニスの王子様の感想 | main | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 〜忍びの40「あぶないサンタクロース!」 >>