<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コウノドリ 第9話

第9話



6年前、四宮春樹(星野源)の患者が出産時に亡くなった。
母親を助けられず家族を不幸にしてしまった自分を
責め続けていた四宮は、そのとき生まれたつぼみちゃんの
病室を毎日訪れ見守ってきた。そんな中、四宮がカイザーの
手術中に、つぼみちゃんの容体が急変したという報せが入る…。
鴻鳥サクラ(綾野剛)をはじめ同僚たちもつぼみの病室に
急いで向かう…。
ある日、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子(酒井美紀)が
救急搬送されて来る。一方、不妊治療の甲斐あって妊娠した
相沢美雪(西田尚美)は出生前診断をするか迷っていることを
サクラに打ち明ける。妊娠できたことは嬉しいが、38歳という
年齢での出産に、生まれてくる赤ちゃんに異常がないか
気になっているという…。
突然訪れた厳しい現実に打ちのめされる家族。 そして、
その姿を前に苦悩する医師たちは、試練を乗り越えることが
できるのか─?






小さすぎる赤ちゃんをみてすぐに受け入れられないお父さん。
「なんで助けた」と言われても医師は命を救うのが仕事。
でも懸命にお世話し続けたにもかかわらず悲しい結果に・・。

新井先生が力を注いでいたぶんショックが大きかったようで
反動が出てしまいました。熱心なのは前からだけど
あそこまで必死になっていたのは過去に何かあったのか
それともただ熱心なだけなのか。
少し休んだらまた復帰してもらいたいです。
彼氏が理解ありそうな人だけど、この先もずっと
理解し続けてくれますように。

つぼみちゃんが亡くなってぽきっと折れてしまいそうな
四宮先生は、コウノドリ先生がいてくれたおかげで
泣くこともできて、乗り越えられそう。
いくらつらかったとはいえお父さん、死ぬ前に
きてあげてほしかった。

出生前診断を悩む妊婦さんや、子どもを育てながら
仕事に影響でまくりの永井さんやら他にもいろいろな話が。
生まれたらそれで終わりじゃなく
そこがはじまりですもんね。親も子も。





鴻鳥サクラ…綾野剛
下屋加江…松岡茉優
小松留美子…吉田羊
白川領…坂口健太郎
角田真弓…清野菜名
加瀬宏…平山祐介
船越拓也…豊本明(東京03)
大澤政信…浅野和之
小野田景子…綾戸智恵
向井祥子…江口のりこ
新井恵美…山口紗弥加
四宮春樹…星野源
今橋貴之…大森南朋








2015.12.12 Saturday 08:41 | comments(2) | trackbacks(3) | 
<< オトナ女子 第8話 第9話 | main | Betsucomi(ベツコミ) 2016年 01 月号 >>
かや (2015/12/15 4:44 PM)
honeyさん、こんにちは。

ありがとうございます〜!
夜はよく眠ってくれる子ですので、諸々の合間にコメントさせて頂きますね。

2人目はどうしてもほったらかしになりがちなのですね…私自身一人っ子で、親戚は女系でしたので、兄弟育児は未知の世界でドキドキです。

うちも、長男を違う病院で出産したらほぼ助産師さんがお世話してくれて最後の最後になってようやく先生がいらした、という記憶があります。

産んですぐに障がいを知らされてショックで産後の肥立ちが悪くなったという話もきかれたのですね。
今は、4Dで画像を見られますし、体への負担が少しでも減るように、先に教えてもらえることが多いといいのですが。

小さすぎる赤ちゃんは、みてすぐには受け入れられないですよね…。
「なんで助けた」と言われるの、辛すぎます。
懸命にお世話し続けたにもかかわらず悲しい結果になってしまいましたが、きっと陽介くんはお父さんお母さんに抱きしめてもらえて、幸せだったと思いたいです。

知り合いの方の、500gくらいの未熟児で生まれた赤ちゃんが、今も元気に大きくなっていると聞きました。
視力が少し弱いみたいで眼鏡をかけているらしいですが、それ以外は健康なようで、赤ちゃんの生命力ってすごいなと思います。
一人一人違う赤ちゃんですから、ひとくくりにせず、ちゃんと向き合える時間をもつことが大切なのでしょうね。

新井先生は「鉄の女」と言われていますが、誰より繊細な心配りができる女性に思います。
漫画では過去に何かあったような描写はありませんでした。
その後も作中には登場していません。
婚約者さんが理解ありそうな人で、素敵ですよね。
本当に、この先もずっと理解し続けてくれるといいですね。

つぼみちゃんが亡くなって、四宮先生は本当にぽきっと折れてしまいそうでしたね。
コウノドリ先生のおかげで泣くこともできて、乗り越えられそうで良かったです。
お父さん、死ぬ前にきてあげてほしかったですが、お母さんを亡くした事に向き合えなかったのかもしれないですね。
子どもを責めてしまいそうで、でも子どもの意識がないことで更に罪悪感も膨れ上がってしまうのかもです。
でもやっぱり、せっかく助かった命ですから、家族に必要だよって言ってもらえなかったのが苦しいです。

最終回、楽しみです。
はい、生まれた時から親も子も新しい毎日が始まりますね。
まだまだ未熟な母ですが、子どもと一緒に育っていきたいと思います。
honey (2015/12/15 9:51 PM)
かやさん、こんばんは。

二人以上いると親の目も分散しますし
きょうだい同士のかかわりあいもあるので
また違った楽しさがあると思います。

未熟児の赤ちゃん、ずっと小柄のままかというと
そうでもなく、大きくなったらまったく
わからないこともありますよね。

どんな赤ちゃんでも祝福されて愛されて
生まれてきてほしいです。
向き合えないままだったお父さんでしたが
あの世でお母さんが嘆いているかも・・。









コウノドリ 第9話★陽介くん
コウノドリ 第9話 不妊治療を続けてついに念願の子どもを授かった美雪(西田尚美)は、出生前診断を受けた方が良いのかと悩み、サクラ(綾野剛)に相談する。そんな中、23週で切迫早産の妊婦の受け入れ要請が飛び込んでくる。何とか受け入れ態勢を整え、すぐに出産とな
| 世事熟視〜コソダチP | 2015/12/12 9:30 AM |
コウノドリ #09
『医師が病院を去る時…』
| ぐ〜たらにっき | 2015/12/12 12:33 PM |
コウノドリ 第9話
6年前、担当する患者が出産時に亡くなった四宮(星野源)は、母親を救えなかった自分を責め続けていました。 四宮は、その時に生まれた、つぼみ(広田優実)の病室を今でも訪れて、見守っていましたが、四宮の手術中に彼女の容体が急変したとの知らせが入ります。
| ぷち丸くんの日常日記 | 2015/12/13 2:10 PM |