<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ STEP02 BELIEVE いつでも俺はここにいる

STEP02 BELIEVE いつでも俺はここにいる

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


さっそくストライドの練習。
陸にもっと本気でやれという尊。
暗くなってきてもまだひとり練習を続ける尊をみて
よくわからないという陸。

「好きっていうレベルこえてる。

 なんであそこまで・・・。

 まるで・・トモエみたいだ。」

陸が思い出したのは雨が降ろうと
走り続ける練習熱心な兄?

奈々もリレーショナーとしての練習。
もっとタイミングを詰めろといった尊の言葉を思い出し
二人がぶつかってしまったようであわてる奈々。

陸はまだ倒れていて先輩たちがのぞきこんでいました。
尊は平気そうであやまる奈々にそれでいいという尊。

「お前がスピードをおとさずかけこんでいれば

 接触はなかった。

 ためらうな。俺たちならやれるはずだ。

 桜井のイメージどおりの リレーションを。」

この前はいきなりすごいリレーションをみせたのに
不思議だとヒースがいうと先生が登場。

「星華一現」めったにお目にかかれないこと。

再現できない以上あのリレーションは偶然の域をでない
という先生。八神・藤原間のリレーション練習はしばらくなしで
それぞれ相手がリレーションをしているときは、しっかり
みておくようにとアドバイス。

「やればわかる。

 ストライド部 復活したな。」

とさっそく初試合をもってきてくれました。
月末にあるフェス。
やるからには勝つと先生やる気満々。

壇はストライド部の顧問兼コーチ。

練習中にもなんだかうかない顔の陸に声を
かけてきたロンゲの生徒。

「風を待っているのか。

 風を感じたら 迷わずにたちあがれ。

 そして走り出せ。

 そうすれば 風がお前の背中を押す。」

名前をきかれたらやっぱり聞き覚えあるらしい。
ヒースに恭介と呼ばれた生徒は
元スト部でヒースとは中学入ったころからのつきあいの
腐れ縁。ランナーとしてはヒースより数段上。

恭介と何を話してたときかれ思い出す陸。

「風が強い日は座ってないで走っとけ」

なんかニュアンス違う・・w

さて、問題はスポンサー。
ストライドの試合は基本街中でやるから
高校生の部活費用ではまかなえない。
これまでのスポンサーは他の高校についていて
スポンサーは1社あたり1チームが不文律。

「不文律」 明文化されていない決まり事。

四字熟語に一字たりない。

スポンサーが1チームに何社ついてもいいそうで
芸能人が多い西星学園にはスポンサーがいっぱい?

将棋で宣伝という門脇くんの案は却下。

KGB・・久我暴力と言おうとしたら
忍法 猫之手地獄突きで阻止。

D’sインターナショナルという
アパレルメーカーに頼むしかないという話が出て
そこはヒースの姉が経営者。
ヒースはあんまり関わりたくないと気乗りしないけど

「即断即決 その場でただちに決めること。」

と先生の一言。

ヒースのお姉さんも即決してくれました。
でも条件は月末のフェスに勝利すること。
そしてモデルもやってもらうこと。

尊、モデルはやらないといいつつ
けっこうやる気。スーツも似合う。

ヒースはモデル業もばっちり。
小さいころからかっこいい。

二年前の写真をみてはっとする陸。
それは陸のお兄さん。
今はアメリカに留学中だそうで
高校ストライド最強のランナーらしい。

陸は中学にはいったらやめてしまったそうで
明るくごまかしてるけど絶対なんかわけありっぽい。

「お前は本気がたりない」

とジャージに着替えた尊は走りいき
陸もいっしょにでていきました。

尊といっしょに走っていく陸。
ぶつかりそうになったイケメンを
飛んでよける陸。
イケメン3人は西星学園の
黛静馬と黛遊馬、それから諏訪怜治。

尊のスマホについていたストラップ
神戸のゆるキャラもしっている静馬。
怜治様と様よび・・。

「さっきの三角とび 少しときめいたよ」

と去り際に言う怜治。

まぶしい3人組に驚く陸に

「誰が相手でも 俺たちは勝つだけだ」

と尊。

「あのまぶしさは俺らじゃかなわなくね?」

モデル撮影はまだ続いていて
小日向くんがたいへんビューティホー!

「天使の初恋」ww

あのまぶしさ、小日向先輩がいたら
勝てちゃうかも!と興奮する陸に

「八神・・おまえ もしかしてバカなのか?」

と冷たいコメント。

リレーションの練習は続くも
なかなかうまくいかない。
尊は協調性ゼロ。

練習おわってもまだひとり続ける気の尊。
奈々がみていた資料によると尊のリレーション成功率が
特に低く、でも成功したときのタイムのトップも尊。
いつも相手のマックスのスピードにあわせて
リレーションしているらしい。

「だから私も 藤原くんのスピードを信じて

 やってみようと思うの。

 ランナーとしては すごくこわいことかもしれないけど

 ただ相手を信じて繋ぐ

 それがストライドなんだよね。」

風を感じたら迷わずに走り出せという恭介の
言葉を思い出す陸。
尊に「リレーション やろうぜ」と誘い
奈々もふたりのスピードを信じて指示。

「そのまま!全速力で!!」

『俺は お前のことを信じてる』

成功!

「そうか。藤原くんは 

 八神くんのこのスピードがほしかったんだ!」

先輩たちも負けていられないと感心。

「今のが最低ラインだ。まだやれる。」

「あったりまえだ。

 明日の試合は もっとスピードあげてくからな!」

みんなの手が合わさる!

でも試合の相手が変更になったそうで
初試合の相手は西星学園。
東日本最強・。

「誰が相手でも 俺たちは勝つだけだ。」

という尊の言葉にみんなも賛同。

「明日もいい風 吹かせようぜ。」

そして当日。

「いよいよはじまるんだ。

 俺たちの初試合。

 吉祥寺スプリングフェス」






部活はやめたものの
ストライド部を気にかけてくれてるし
恭介の復帰もありですね。
陸の兄は陸からみてもなんかあるようだし
方南でもいったい過去に何があったのか。

モデルタイムも楽しかったけど
次はいよいよ試合。楽しみー!





八神陸:木村良平 藤原尊:岡本信彦 桜井奈々:花澤香菜 
小日向穂積:小野賢章 支倉ヒース:小野大輔 
門脇歩:下野紘 久我恭介:諏訪部順一 
壇悠次郎:置鮎龍太郎 諏訪怜治:宮野真守 
黛静馬:平川大輔 千代松万太郎:江口拓也 
妹尾匡:鈴木達央 黛遊馬:小野友樹 奥村楓:豊永利行 
鴨田慶:松岡禎丞 鴨田侑:花江夏樹 
嶋葵:河西健吾針ヶ谷久人:濱野大輝 永福武志:村田太志 
長塚乃彦:山本格 姫宮悠李:山下大輝 堂園志貴:石川界人 
獅子原馨:小林裕介 鷲見紀世斗:手塚ヒロミチ 
鮫島改:河西健吾 蜂屋鉄:松岡禎丞 八神巴:櫻井孝宏 
維田天:柿原徹也 夏凪瞳弥:蒼井翔太 
青葉南平:野瀬育二 五十公野哉:逢坂良太 
五十公野了:花江夏樹 ほか
















2016.01.13 Wednesday 12:01 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ダメな私に恋してください  第1話 | main | Betsucomi(ベツコミ) 2016年 02 月号 >>









プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ #2
ストライド部が試合をすることになるお話でした。前回はかっこよくタッチが決まったものの、八神と藤原のコンビはその後の練習ではなかなかタッチのタイミングが合いません
| 日々の記録 | 2016/01/13 3:51 PM |
【プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ】第2話『BELIEVE いつでも俺はここにいる』キャプ付感想
プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 第2話『BELIEVE いつでも俺はここにいる』 感想(画像付) ストライドをするにはスポンサーがいるのね。 ファッションブランドをしてるヒースの姉のダイアンに頼む見返りにモデルもさせられる(笑) 小日向の女装が
| 空 と 夏 の 間 ... | 2016/01/13 11:54 PM |