<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

フラジャイル 第1話

第1話



 壮望会第一総合病院病理診断科の岸京一郎(長瀬智也)は
一癖も二癖もある病理医。医師たちに煙たがられる厄介者だが、
岸の判断に逆らえるものはいない。“強烈な変人だが極めて優秀"
と評される男なのだ。  岸と同じ病院で働く新米の神経内科医、
宮崎智尋(武井咲)は先輩医師の高坂英利(平岳大)に
小言を言われる毎日。仕事の効率を優先する高坂に
疑問を持つ宮崎だが、反論出来ない。
そんな時、転倒して頭を打った女子高生、景山花梨(上白石萌歌)
が入院。腰痛を訴える花梨に、椎間板変性の可能性を伝える
高坂だが、宮崎は納得出来ない。宮崎は詳しい検査が必要だと
思っていた。
 翌日、神経内科のカンファレンスが行われ、高坂は花梨の症状を
報告。他の医師たちが高坂に同意する中、宮崎は自分の意見を
言えずにいた。すると、スーツ姿の男が発言を求める。岸だ。
岸は初期的な検査だけで病状を決めつける高坂の診断に猛反論。
ついには、神経内科部長から椎間板変性確定のために花梨の腰の
MRI検査を約束させた。
 病理診断科に戻った岸が検査技師の森井久志(野村周平)と
仕事を始めようとすると宮崎が来た。花梨が椎間板変性ではないと
疑っていた宮崎は、岸に直接患者を診てほしいと頼むが断られて
しまう。宮崎は自分の疑いをカンファレンスで言えなかったことを
岸に責められる。それでも食い下がる宮崎に、岸は花梨が転んだ
理由を探るよう指示すると…。





医療ドラマで、主役は普通は表にでてこない
(患者さんをみない)病理医。
他の医師が見逃す病気を的確に診断し
患者を救う岸先生。
他の科に口をつっこみすぎだと疎まれているようですが
この先生いなかったから、あの女の子も身重の妻がいる
男性も手遅れになっていたところ・・。
こんなヤブ医者ばっかりで大丈夫なの?この病院・・。
うるさい岸先生を黙らせるためにこれ以上口出しするなら
病理検査を院外に出すという上も無能すぎ。
これだけ実績出してるのに、こんな有能な病理医を
放りだしたら大損失だよ。

でも結局患者に感謝されるのは医師で
病理医はたぶん存在すら知られていなさそうで
そのへんはもやもやします。

患者を治療しないでどうやってモチベーションを保つのか。

実際にそうきかれていたけど。
岸先生には事情もありそうですが
宮崎先生はこの先大丈夫?

麻酔科医が頂点にたってた病院のドラマもありましたが
病理医が「僕の言葉は絶対だ」と言い切るのも
またおもしろいです。



長瀬智也  武井咲  野村周平  ・  小雪  ・  北大路欣也  他








2016.01.14 Thursday 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり #13「開宴」 | main | 無彩限のファントム・ワールド 第2話「迷惑UFOをやっつけろ!」 >>