<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! セカンドシーズン 第16話「次へ」

第16話「次へ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


影山くんが「今度はとめる!顔面以外で!」
といってるのがおかしいw

条善寺はマネージャーの三咲さんに檄をいれられて
タイムアウト以降調子がいい。

「遊ぶことと 考えないことは イコールじゃない」

自分の意思で動くこととそれを実行できる技量があってこそ
自由に遊べる。

ツッキーも好調。
10番 日向くんを警戒する条善寺。
まだ速攻はとめられていないけど
条善寺はブロックにとばない。

『とめらんねぇブロックなら レシーブにまわったほうがましだ』

しっかり受けてノーマークからのカウンター。

「頭ん中のシミュレーションと

 現実がいっしょになるって

 最高!」

2点差。
前も青城にもこういう対応をされたことをきく仁花ちゃん。

ブロックに無視されてもえあがる日向くんが
影山くんに何か耳打ち。

次のスパイクは余裕をもって誰もいない場所にきめました。
青城のときとは違う。

でも次は至近距離でレシーブ。
とれないスペースに打たれる前にさわってしまう攻撃。

大地さんが日向くんを煽って、次はフェイント。

マッチポイントでシンクロ攻撃。
条善寺の選手が考えているのは
成功した時の快感だけ。

スパイクはアウトで試合終了。
烏野、ベスト8進出。

まだまだやる気満々の選手たち。
あいつらのことをわかってるのは
やっぱり俺よりお前だな、
おかげで総崩れせずにすんだと
マネージャーにお礼をいう監督。

日向くんの速攻は進化していると確信する
伊達工の二口くん。

監督は選手たちに暴走しないようアドバイス。
次からはケツ叩いてくれる人はいない。
三咲さんはこのあとのマネージャーるなちゃんを
困らせないようにねと忠告。

「あと あんたたちの常に本気で遊ぶってスタイル

 けっこう好きよ」

と言う言葉で部員悩殺。

三咲さんにお礼を言って頭をさげる選手たち。
マネージャーを引き継いでからいままでのことを
思い出す三咲さん。
この人にも三年間がありました。

勝利に喜ぶ烏野メンバー。
日向くんに「明日 お前をとめる」と宣言する青根くん。

「絶対かわします」と日向くんもうけてたつ。

勝った方が烏野の次の相手。和久谷南。
観客席には家族が応援に。

鳥養さんが要注意と言っていたチーム。
でも青城とやる前にはあいつらにも勝つと
負ける気はない。

和久谷南は3年が残る完成度の高いチーム。
守備力の高さは音駒に近い。
でも必ず明日も生き残る、と大地さんが言うと
心強い。

翌日。
和久谷南の観客席にはまた家族ぐるみの応援団。

このチームは烏野と相性悪いというコーチ。

嶋田さんや田中さんのお姉さんも応援に。
お姉さんの胸のボリュームに仁花ちゃん青ざめる・・。

試合開始。
まずは速攻で度肝を抜く作戦。
観客席はびっくりしているけど
選手たちはまったく驚かない。

いまの烏野は飛べない烏ではなく
県内一のとんでもチーム。
日向くん対策はばっちりらしい。

相性が悪いというか苦手なタイプ。
烏野は突出した武器でガンガンせめてくるタイプより
どっしり自分たちのペースを守りつつ
こちらの隙をうかがって適切に対処してくる相手を
苦手としていて、青城や音駒がまさにそれ。
速攻に驚かないのもそのせい。

強豪校に研究されてるんじゃないか?と
うまく日向くんをのせる大地さん・・・w

単純な日向くんがますますやる気になり
ライバル心から田中さんまで燃えるw

和久南の時間差 コンビネーションの攻撃がすごい。

次はとめるとブロック3枚ですがブロックアウト。
これは狙ったブロックアウトのよう。

中島くんのプレースタイルはかつての小さな巨人に
一番似ているかもというコーチ。

離されはしないけどリードはさせてくれない和久南。
日向くんみたいによくみえているというか
角度を工夫しているらしい。

ツッキー、ブロッカーにしたらあんなスパイカーは
すごく嫌だとものすごく嫌そうな顔・・。

和久南の1番は烏野10番に負けてないとの声。
中島くんがわざと煽ってライバル心バリバリの日向くん。

次世代小さな巨人たちによる空中戦勃発ですが
うちの大エースもお忘れなくと大地さん。

旭さんへの信頼も強い!

大地さんの落ち着きぶりが一番すごい。

旭さんのおかげでやっと2点差。

和久南も中島くんがうまくメンバーをのせる。
昔から自由人ジュラシックパークで生き延びてきた
という中島くん。家がジュラシックパークなら
ここはせいぜい動物園、とこっちも落ち着いている。

前回が遊び対決なら今回は主将対決。

長いラリーが続きみているほうもしんどい。

みんなボールにくらいつく!
うまく相手コートに入り喜んだのもつかのま
大地さんが倒れたまま・・・・!!



こんなに頼れる精神的主柱の大地さんが、
主将対決と言われたあとにこんなことになるなんて〜〜!!
さんざんもちあげてたのはそのせいか。
大地さんが抜けたくらいでガタガタになるような烏野ではないけど
負傷は心配。
相性の悪いチームってだけでハンデは充分だよ。



(日向翔陽)村瀬歩 (影山飛雄)石川界人 (澤村大地)日野聡
(菅原孝支)入野自由 (田中龍之介)林勇 (東峰旭)細谷佳正
(西谷夕)岡本信彦 (月島蛍)内山昂輝 (山口忠)斉藤壮馬
(縁下力)増田俊樹 (清水潔子)名塚佳織 (谷地仁花)諸星すみれ
(武田一鉄)神谷浩史 (烏養繋心)田中一成

(黒尾鉄朗)中村悠一 (孤爪研磨)梶裕貴 (夜久衛輔)立花慎之介
(灰羽リエーフ)石井マーク (木兎光太郎)木村良平
(赤葦京治)逢坂良太 (及川徹)浪川大輔 (岩泉一)吉野裕行
(牛島若利)竹内良太










2016.01.24 Sunday 11:39 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 仮面ライダーゴースト 第15話「苦悩!頑固な脱出王!」 | main | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」 >>









ハイキュー!! セカンドシーズン #16
条善寺との戦いを勝ち抜いた烏野は、和久谷南との試合に挑みます。マネージャーの三咲さんに活を入れられて、条善寺バレー部は冷静さを取り戻しました。日向の変人速攻には
| 日々の記録 | 2016/01/25 11:15 PM |
アニメ ハイキュー!! セカンドシーズン ...
うわ〜〜!! もうアニメの方は久しぶりの感想なのに(銀魂の方も、次回からはさらば真選組篇なんですね・・・。 もうあっという間に原作に追いついちゃいましたよね・・・)・・...
| みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2016/01/29 3:16 PM |