<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第2話

第2話



 音(有村架純)が東京に来てから1年が過ぎた。
雪が谷大塚駅から徒歩20分の古いアパートを借りた音は、
介護施設『春寿の杜』で働き始める。出勤前と帰宅途中、
音は駅前に立って練(高良健吾)を探していたが、あの日以来、
一度も会えずにいた。
 練は、出勤前にひとり暮らしの静恵(八千草薫)の家に立ち寄るのが
日課だった。静恵の家は練や晴太(坂口健太郎)らのたまり場に
なっており、練は庭の手入れなどを手伝っていた。そこで練は、
デザイナーになる夢をかなえるために上京してきた幼なじみの
小夏(森川葵)を晴太に紹介する。
 引っ越し作業中、練たちは、荷物の中にあったビンテージの
スピーカーを壊してしまう。先輩の佐引(高橋一生)がいい加減な
扱いをしたせいだった。だが、柿谷運送社長の嘉美(松田美由紀)は、
スピーカーを設置した練にその弁償を命じる。
 音は、毎日ヘトヘトになるまで働いていた。早番だった日に、
同僚の玲美(永野芽郁)の代役でそのまま遅番として働く日もあった。
そんな折、音の前に、『春寿の杜』を経営しているグループ企業の
御曹司・朝陽(西島隆弘)が現れる。朝陽は、音に興味を抱き…。







東京は夢をかなえる場所じゃなく
夢がかなわなかったことを忘れる場所。


練の職場も音の職場も今はやりのブラック企業そのもの。
その中でうまくたちまわれるかといえば二人ともまじめなので
損ばかりしているようにみえる。
音はもう帰る場所はないけど練は田舎に帰ったほうが
いいんじゃと思ってしまう。東京にいてもお金はたまらないし
おじいちゃんがいつまでも元気だと思わない方がいい。
お金をためて土地を買い直すということができないのが
わかってて目をそらすために東京にいるよりも
大事な人のそばにいないと。

心が乾きそうな場所でそれでも静恵の家のように
ほっとできる場所があるのは救われる。
練はさびしい人をみつけてそばにきてくれるらしいから
このおばあさんもさびしかったんだろうけど
いまでは小夏や晴太にもこの場所は居心地よさそう。
これからは音も。

同じ最寄り駅に住みながら一年間会えずにいて
同じコインランドリーやお店にいながら
すれ違うだけで会えないとかニアミスにもほどがある。
こんなにそばにいて出会えないのもドラマだし
こんなに人の多い場所でやっぱり出会えるのもドラマ。

御曹司もただの遊び人おぼっちゃんじゃないみたいで
音のみかたもかわってくるかな。
練の彼女(不倫中)はこのまま・・?




杉原音: 有村架純 
曽田練: 高良健吾 
日向木穂子: 高畑充希 
井吹朝陽: 西島隆弘 
市村小夏: 森川葵 
中條晴太: 坂口健太郎 
神部正平: 浦井健治 
井吹和馬: 福士誠治 
加持登: 森岡龍 
船川玲美: 永野芽郁 
丸山朋子: 桜井ユキ 
源大輔: 我善導 
西野美織: 林田岬優 

白井篤史: 安田顕 
林田知恵: 大谷直子 
曽田健二: 田中泯 
林田雅彦: 柄本明
佐引穣次: 高橋一生 
柿谷嘉美: 松田美由紀 
井吹征二郎: 小日向文世 
仙道静恵: 八千草薫






2016.01.26 Tuesday 08:36 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 臨床犯罪学者 火村英生の推理 第2話 | main | 虹色デイズ  第3話 >>









いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #02
『東京編スタート 都会の現実、募る想い…もう一度会いたい』
| ぐ〜たらにっき | 2016/01/26 12:33 PM |