<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! セカンドシーズン 第18話「敗北者達」

第18話「敗北者達」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


青城と伊達工。
握手をかわす及川さんはあいかわらず飄々としていますが
中身はいつもどおり冷静。
立場など関係なくボールを落としたほうが負けるという
シンプルな話。

大地さんの抜けた穴は大きく、縁下くんにかかる
プレッシャーのせいか調子が悪い。
みんなが縁下くんを励ましてくれて
気合いをいれなおす縁下くん。

和久南の中島くんが小さな巨人に近いときいた
日向くんはライバル心を燃やし、影山くんは
いつも通りにやれと忠告しまた衝突。

中島くんのほうも小さな巨人を超えるのはこの俺だと
日向くんを意識している様子。

日向くん、ブロックアウトを狙い失敗・・・。
現段階では中島くんの方がやっぱり上。

でも日向くんの運動能力はすごい!
まだ小さな巨人や中島くんには技術では及ばずとも
身につけた全部でなら戦えると思うコーチ。

勢い余ってぶつかってしまう日向くんと影山くん。
旭さんがあせりまくっていてもふたりはケンカするくらい元気。

すごいとほめる縁下くんに、おいつめられても
そこをぶちぬく力を持っているのがうちの武器だという影山くん。
というかんじのことを前に縁下さんに言われていたらしく
縁下くんも思い出しました。

日向くんの反射と機動力に驚く中島くん。

縁下くんはまだ大地さんとくらべて力不足なのをあやまりますが
大地さんと同じ働きをしようなんて1年早いと励ます田中さん。
縁下くんの緊張もとけたようだけど中島くんのブロックアウトは
手ごわい。

大地さんに劣る技術はいますぐどうこうできるものじゃない
とわりきった縁下くんは、ブロックアウト対策をみんなに提案。
それをすぐに受け入れてくれるみんな。
ブロックアウトを狙われ必死で走る縁下くん。

『これを拾えなければ このコートで俺に価値はない!!』

ボールに届き、「繋げ!」と願う縁下くん。

日向くんが飛びますがブロック3枚。
打てばつかまる、たてなおすとわざとリバウンドを狙い
ツッキーが夏合宿で覚えた技だとおもしろくなさそうに解説。

大地さんの不在に日向くんも対処しようとしていると
思うスガさん。

日向くんにおしえてくれた木兎さんもなんか感じてたw

ノヤッさんにもナイスレシーブとほめてもらった縁下くん。
自分で考えた作戦をみんなに伝え実行した今のプレーは
自信になり、これで完全にみんなにとけこめたようです。

烏野はつい最近まで目立たないチーム。
身長のことを気にしたときにあらわれた小さな巨人。
その小さな巨人と同じ背番号を背負ってあらわれた日向くんを
倒して行くと思う中島くん。

烏野10番に負けないと踏ん張る中島くん。
今、この場の小さな巨人が誰なのか知らしめてこいと
いわれますます気合が入りました。

終盤は旭さんにトス集めてもいいかもという指示。
影山くんは旭さんに上げるのはベストなとき、と
あえて縁下くんに。
旭さんのサーブがアウトであやまろうとするのを
ノヤっさんが阻止。
向こうのサーブもアウトでふりだし。

烏野マッチポイント。
ここで日向くんが前に。
でもむこうにうまくきめられまいsた。
次はノヤっさんが拾って日向くんが打ちますが
うまくきまらない。

縁下くんの声が響く。

「日向ー!!

 バタバタしない!!

 いいジャンプは?」

「いい助走から!」

大地さん不在の影響はもはやなし。

中島くんが打ったのを縁下くん。
影山くんのトスで日向くんが決めた!

25−23で烏野勝利!

でも中島くんとの真っ向勝負に勝てなかったという
日向くんに「100年早い」という影山くんとまたケンカ。

大地さんが戻ってきました。
ちゃんと休んだし次の試合は人一倍働くからと元気そう。

途中からみていたそうで、最初はもっと早く戻ろうと
思っていたけど今出て行ったらリズムを崩すと思って
みていたらしい。
「ナイスレシーブ 縁下」と言ってくれました。
でも縁下くんはテンション低い。

『スパイクは打った半分がミスだったし

 レシーブでまともに働いたのは後半だけ。

 でも 初めて ちゃんと

 最後まで戦えた気がする。

 なのに・・安心してんじゃねえよ!

 次どこが勝ちあがってこようが

 戦ってやるって思えよ バカ!

 この・・くそ くそ くそ!!』

悔し涙。

山口くんも暗い・・・・。
単純コンビは気づかなくてもツッキーはわかってる。

中島くんも反省。
最後、自分がブロックアウトでどこを狙ってるか
日向くんがわかったのがわかった。
ここまでみえたのは初めてでぞくっときた。

「もう一回やらせてくれよ!」とこちらも涙。

観客席では元気な人たちがいろいろ食べながら
青城と伊達工の試合を観戦することに。




和久南の中島くんも頑張ったけど
ここは烏野の勝利。
大地さん不在ながらみんなで掴んだ勝利。
でも納得いかない人たちもいて
その悔しさはバネにして次頑張るしかない。
縁下くんも山口くんもがんばれ。



(日向翔陽)村瀬歩 (影山飛雄)石川界人 (澤村大地)日野聡
(菅原孝支)入野自由 (田中龍之介)林勇 (東峰旭)細谷佳正
(西谷夕)岡本信彦 (月島蛍)内山昂輝 (山口忠)斉藤壮馬
(縁下力)増田俊樹 (清水潔子)名塚佳織 (谷地仁花)諸星すみれ
(武田一鉄)神谷浩史 (烏養繋心)田中一成

(黒尾鉄朗)中村悠一 (孤爪研磨)梶裕貴 (夜久衛輔)立花慎之介
(灰羽リエーフ)石井マーク (木兎光太郎)木村良平
(赤葦京治)逢坂良太 (及川徹)浪川大輔 (岩泉一)吉野裕行
(牛島若利)竹内良太










2016.02.07 Sunday 12:06 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 仮面ライダーゴースト 第17話「絢爛!幻の女王!」 | main | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話「声」 >>









ハイキュー!! セカンドシーズン #18
烏野と和久谷南の決着までが描かれました。澤村に代わってコートに入った縁下ですが、やはり実力は澤村には及びません。それがチーム全体のリズムを崩すことにもなり、結局
| 日々の記録 | 2016/02/08 6:17 PM |
ハイキュー!! セカンドシーズン BS11(2/07)#18
第18話 敗北者達 第2セットは苦戦する烏野。結局20-25でセットを落としてしまう。小さな巨人対決は技術的には明らかに和久南の中島が上。それでも何かできることはないのかと考える日向。 縁下はスパイクでもミスばかりで気ばかり焦る。緊張で実力を発揮できないでいた
| ぬる〜くまったりと | 2016/02/08 8:27 PM |