<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハイキュー!! セカンドシーズン 第19話「鉄壁は何度でも築かれる」

第19話「鉄壁は何度でも築かれる」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


青城と伊達工の試合をみにきた伊達工の先輩たち。
烏野も観客席で観覧。

伊達工の新しいセッターのトスにくいつく日向くん。

黄金川くんのトスはものすごく高い。
二口先輩がもう少し低くとリクエストしても
本当に分かっているのかどうか謎。
やる気だけは充分で背も高い。
ざわつく烏野におしえてくれる伊達工の茂庭くん。

あれは伊達工の新兵器 大型セッター黄金川くん。

でもまだ初心者なのでミスも多くて発展途上。
フォローする茂庭くんに気をつかう大地さん・・。

及川さんは余裕のプレイで穴をねらったつもりが
黄金川くんがすごい勢いでブロックに参加して阻止。
味方がふっとぶくらいの勢いでした。

「あれがうちの 新しい鉄壁 黄金川くんです」

茂庭くん、さっきのぶんも誇らしそう。

まためんどくさいチームとあたったなと思う及川さん。

黄金川くんのやりたい放題なプレーに二口くんもため息。

及川さんのジャンプサーブが決まり、青城のほうが
一枚上手という雰囲気を感じる烏野。

黄金川くんもがんばってはいるけどまだ慣れてない。
作並くんが導いてやれと言われていて
そのとおりに行動。
黄金川くんも今はまだ難しいことをやろうとしなくていい、
高い場所から高い場所へおいてくるだけと素直に実行。
その高さには日向くんも感嘆。

伊達工もがんばっているけど青城のマッチポイント。
冷静に観察する大地さんたち。

黄金川くんが前衛にあがってきて
二口くんに青根くんに黄金川くんで
県内最強の三枚壁。

黄金川くんはツーのときフェイントじゃなくていい、
ぶったたけと言われたとおりにしてきめました。

さっきブロックにつかまらないように
ネットから離れたトスをあげた及川くんに
岩泉くんが怖い顔で
「いつも通りでいい、俺に勝負させろ」といい
及川くんも了解。

及川さんが岩泉くんにあげ
黄金川くんが高さをつかって3人で跳ぶ!!

『ここで終わって たまるか!!』

でも岩泉くんが一枚上手でした。

『しめが甘いぜ!一年坊主!!』

腕のど真ん中を抜いてきめました。

「俺もまだまだっすな」と及川さん。

三枚ブロック相手に真っ向勝負。
かっこいいと感心する烏野。

勝者、青城が烏野の次の相手。

試合後、先輩たちにあう伊達工。
問題点はあるけど伸びしろしかない!

「お前達なら 歴代最強の鉄壁になれる!!」

それを実行するために先輩たちに
練習に付き合ってもらうことに。
黄金川くんも次はどんな相手もとめるブロックが
できるようになるとがんばる宣言。
それに対し
「とめることのできる相手が大きく力強いとはかぎらない」
とう青根くんは次こそ日向くんをとめると決意。

青城に負けたときのことを思い出す・・。

前回、青城に全力を出し切ってそれでも負けたため
みんなはピリピリ。

緊張マックスの山口くんに
緊張に関しては自信のある仁花ちゃんがアドバイス。
山口くんがピンチのときにピンチサーバーで出て
失敗したという話をきいて仁花ちゃんのほうが
緊張のあまり心臓がヤバい・・!

自分より緊張している人をみたせいか
みんな元気になってきた。

影山くんも及川さんを前にびびりタイム?
「6人で強い方が強い」と岩泉さんが及川さんに
言ったのをきいたときは、当然のことだと思ったけど
岩泉さんが言ったのは、メンバーの力を足し算じゃなく
いかに掛け算できるかということだったと今ならわかる。

「どんなチームに入っても

 及川さんは俺よりスパイカーの力をひきだす。」

「ふ〜ん そうなの。」

と軽く流してくれる日向くん。

「そうだとしても 烏野以外は・・だな」

そして青城との決戦へ!!
及川さんがこちらをみてフッと笑いをもらす・・。

『俺たちの新速攻で』

『リベンジだ!』

もりあがる〜〜〜〜!!



伊達工もよかったけど烏野との再戦はまた今度。
黄金川くんが初心者じゃなくなって
ものすごく強敵になっていそう。
先輩たちもいい人だ〜〜。

でも今は烏野は青城にリベンジしなきゃ。
影山くんだっていつまでも大王さまに
負けてるわけにいかない。
このあとまだウシワカもいるんだし。
長い長い青城戦になりそう。



(日向翔陽)村瀬歩 (影山飛雄)石川界人 (澤村大地)日野聡
(菅原孝支)入野自由 (田中龍之介)林勇 (東峰旭)細谷佳正
(西谷夕)岡本信彦 (月島蛍)内山昂輝 (山口忠)斉藤壮馬
(縁下力)増田俊樹 (清水潔子)名塚佳織 (谷地仁花)諸星すみれ
(武田一鉄)神谷浩史 (烏養繋心)田中一成

(黒尾鉄朗)中村悠一 (孤爪研磨)梶裕貴 (夜久衛輔)立花慎之介
(灰羽リエーフ)石井マーク (木兎光太郎)木村良平
(赤葦京治)逢坂良太 (及川徹)浪川大輔 (岩泉一)吉野裕行
(牛島若利)竹内良太










2016.02.14 Sunday 13:36 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 仮面ライダーゴースト 第18話「逆転!神秘な科学!」 | main | ナルト祭り@ツイッター >>









ハイキュー!! セカンドシーズン BS11(2/14)#19
第19話 鉄壁は何度でも築かれる 烏野の次の対戦相手は伊達工と青葉城西の勝者。第2セットの途中から観戦していると引退した3年生もやって来る。第1セットは青葉城西が取った様子。セッター黄金川は1年生で経験も浅いが、ブッロクが高い。彼と青根と二口主将が揃うと県
| ぬる〜くまったりと | 2016/02/15 6:28 PM |
ハイキュー!! セカンドシーズン #19
烏野の次の対戦相手を決める、青葉城西と伊達工業の対決が描かれました。 和久谷南に勝利した烏野は、次の対戦相手を決める試合を観戦します。それはどちらも烏野にとって因縁のある、青葉城西と伊達工業でした。3年生が抜けた伊達工業は、青葉城西を相手に苦戦して
| 日々の記録 | 2016/02/17 5:23 PM |