<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

フラジャイル 第6話

第6話



 壮望会第一総合病院、病理診断科はその存続のため、
セカンドオピニオンなどに対応する診療相談外来を
受け持つことになる。医師の岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋
(武井咲)が担当するのだが、初日から雲行きが怪しい。
患者と会わなくて済むから病理医になったと口にする岸に
我慢できるかどうかは疑わしい。森井久志(野村周平)は
1日ぐらい大丈夫だろうと予想するが、細木まどか(小雪)は
半日も持たないと断言する。
 案の定、岸は間もなく病理診断科に戻ってきてしまった。
相談外来を提案した中熊薫(北大路欣也)と佐田直人(津田寛治)も
あきれてしまう。何より迷惑なのは1人で相談外来を任された
宮崎だった。  その宮崎のもとに、須藤由美(赤間麻里子)が
娘の玲奈(村上穂乃佳)を連れてやって来た。玲奈の薬が
何度も変わることに不安を覚える由美だが、宮崎には
治療も薬の処方も妥当に思える。そこに中熊が現れ、
すぐに玲奈の状況を的確に当てた。感心する宮崎に中熊は
自分なりの患者の見方を見つければいいと助言する。
 翌日、宮崎1人の相談外来に紹介状なしで梅木みゆき
(山崎紘菜)が訪ねて来た。みゆきは、急病で入院した
息子の診断が次々変わるので、どうしたら良いかわからないと
宮崎に訴える。宮崎は担当医の紹介状をもらってきて欲しいと
伝えた。
 みゆきは早速、息子の担当医、奈良井(篠井英介)に
紹介状を頼む。しかし、奈良井の表情は曇り…。







病理医に診療相談外来とか、あの忙しさをみていたら
実際には無理そうですが部署存続のためならしょうがないか。
岸先生はさっさと逃げて、結局宮崎先生がひとりで担当に
なるのは細木先生の予定通り。

赤ちゃんの強奪とか(外出許可も退院許可ももらわず)
大問題になりそうですがそのへんはクリアしたんでしょうか。
まあ診断が間違ってたんだからむこうも強くはいえないだろうけど。

原因はまさかの栄養不足・・。
でもこの女性じゃなく姉の子で、姉が育児放棄しての
結果だったのでちょっとはほっとしました。
誤診断のままだったらとんでもない治療されるところだったな。

宮崎先生、患者によりそういい医者ですが
たしかにこれは入れ込みすぎ・・
この入れ込みすぎっていうのが
何か問題になってくるのかあ。

森井先生は再び医学部受験をめざすようで
よかった!





長瀬智也  武井咲  野村周平  ・  小雪  ・  北大路欣也  他








2016.02.18 Thursday 08:30 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ダイヤのA act2 2巻 | main | 無彩限のファントム・ワールド 第7話「シュレーディンガーの猫屋敷」 >>









フラジャイル #06
『患者からのSOS!!主治医を変えたい母親   二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!』
| ぐ〜たらにっき | 2016/02/18 12:37 PM |