<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

わたしを離さないで 第6話

第6話



のぞみが崎からの帰りの車、触れ合う恭子(綾瀬はるか)と
友彦(三浦春馬)の手。バックミラーに映るその光景を目撃する
あぐり(白羽ゆり)、寝ている美和(水川あさみ)・・・
「愛し合っている二人には3年間の提供猶予が与えられる」
という噂が、とんでもない事態を巻き起こす。そして、
運命に逆らう友に襲いかかる非情な終末
「恭子、幸せになってね・・・」
物語はいよいよ最終章に突入する。




真実の言っていた、
何も考えないようにつくってください
という叫びがすべて。

人間は誰でも幸福になる権利があるとうたいながら
提供者はその対象外。ほんとうに家畜と同じ扱い。

それでも学園の中にとじこめて
社会から隔離しておいたらまだいいものを
こうやって世の中に放ち(監視はついてるけど)
一般人の生活をみたら、何かおかしいと思う人が
でてきて当然。

あの演説をきいていた人たちには
少しは提供者の想いが伝わったかもだけど
ニュースにも何もならずににぎりつぶされそうだな。
せめてあの候補者、就職氷河期がどうのとか
言ってないで、提供者に人権をというのは抹殺されそうだから
真実の言っていたように提供者の作り方を変える
(よけいな知恵をつけないように)提案でもしてくれたら
まだ報われるのに。
(知恵がないと介護人がいなくなるか。
 あんなの一般人には無理だろうしな。)

美和に秘密でトモと親密になった恭子だけど
やっぱり美和が邪魔を。
誰かれかまわず男に手を出してるって
誰かれというほど男いないじゃん・・あのコテージ。
トモもいっしょに暮らしてるのに、なんでまだ美和の言い分を
信じるようなことするかな。
心をなくして天使になることにした恭子は
やっとコテージをかわって美和から離れることにしたけど
遅いわ!!
そしてせっかく離れたのに結局また、美和の介護人やるとか。

美和も友も見送ってそのあとは自分も提供者になるのなら
たしかに天使だとでも思わなきゃやってらんない。




綾瀬はるか 三浦春馬 水川あさみ






2016.02.20 Saturday 08:31 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< あひるの空 RAINDROP NARROW DOWN 43巻 | main | 亜人 第6話 >>









わたしを離さないで #06
『第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ』
| ぐ〜たらにっき | 2016/02/20 12:51 PM |
わたしを離さないで 第6話
恭子(綾瀬はるか)は、友彦(三浦春馬)に「やっぱり好きだな〜って」と告白してしまいます。 やってしまったと頭を抱える恭子ですが、内心では美和(水川あさみ)の知らないところで友彦と秘密を共有していることに興奮していました。 一方、友彦は龍子先生(
| ぷち丸くんの日常日記 | 2016/02/20 2:50 PM |
【わたしを離さないで】第6話 感想
求められるのは体だけなのに、どうして気持ちなんてものがあるんだろう。 もう要らない。 私はもう、心なんて要らない。 もう誰も好きにも嫌いにもならない。 笑いも怒りもしない。 何も感じない。 私は 天使になるのだ。 わたしを離さないで  第6
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2016/02/21 6:10 AM |