<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第6話

第6話



 27歳になった音(有村架純)は、介護福祉士の資格を取り、
いまも『春寿の杜』で働いている。元同僚の朋子(桜井ユキ)、
今月で契約が切れる美織(林田岬優)と食事に出かけた帰り、
静恵(八千草薫)の家に立ち寄った音は、そこで木穂子(高畑充希)
と再会する。木穂子は、3年前に会社を辞めていまはデザイン系の
事務所で働いているのだという。木穂子は、音が練(高良健吾)ではなく、
朝陽(西島隆弘)と付き合っていることを知って驚く。実は音も木穂子も、
小夏(森川葵)や晴太(坂口健太郎)らとともにこの家で練と会ったのが
最後だった。木穂子は、練の携帯電話に電話をしてみた。
しかし、その番号はもう別の持ち主に変わっていた。
 朝陽と食事に出かけた音は、派遣先でトラブルに巻き込まれた
玲美(永野芽郁)の相談に乗ってやってほしい、と彼に頼む。
朝陽は、困惑しながらもそれに応じ、その代りと言って音を
パーティーに誘う。
 そんな折、仕事帰りの音は、柿谷運送のトラックを見かける。
作業中の加持(森岡龍)に声をかけ、練のことを尋ねる音。
加持は、音を社長の嘉美(松田美由紀)のもとへ連れていった。
嘉美は、練が5年前に辞めたことを告げると、佐引(高橋一生)なら
何か知っているかもしれない、と言って彼を紹介する。
そこで佐引は、練が東京にいることを音に告げ、
1枚の名刺を差し出す…。





あれから5年。
音と木穂はお互い、相手が練とつきあっていると
思っていたとは。いろいろあって今はいい友達になれそう。
いっしょに飲みに行く約束してたし。外にいかなくても
静恵さんちで充分楽しそうだけど。

練は見た目もかわってしまい、ものすごく怪しそうな
犯罪ギリギリみたいな仕事をしていました。
「お金のない若者を応援する」じゃなく
「お金のない若者をくいものにする」仕事。
おじいちゃんはなくなり(出番少なすぎ!!先週のあれだけ?!)
誰かのためにこの仕事をしているようで
誰かと思ったら小夏・・・。小夏に何があったの?
過呼吸みたいな発作おこしてたし精神的に不安定そうで
晴太によると、一生償い続けるつもり?とか言われてたので
償わなきゃならないようなことしたの?
小夏には両親いるんじゃないの??

朝陽は本社勤務。父のやり方についていけなくなった兄が
父に見限られ、今度は朝陽に声をかけてきた父。
5年前までと今までの態度をみたら兄のかわりに
使おうとおもってるのが丸わかりなのに
それでも今まで冷たかった父に言葉をかけてもらえて
目をみて話をしてもらったというだけで嬉しそう。
でも朝陽に容赦なく社員のクビをきることなんかできるの?

サービス残業でいいように使われ
私たちは消耗品ですかとたずねる女性、
お金がないと泣く若者の姿・・
今回もキツイ世の中の現実。
若者ばかりか万引きして無様な姿の中高年も
いましたし、世の中、貧富の差がひろがりすぎて。

練が小夏の世話をしていることからみても
心の底から冷たい人間になったわけではなさそうだし
なんとか戻って・・できたら音と・・甘いかな?



杉原音: 有村架純 
曽田練: 高良健吾 
日向木穂子: 高畑充希 
井吹朝陽: 西島隆弘 
市村小夏: 森川葵 
中條晴太: 坂口健太郎 
神部正平: 浦井健治 
井吹和馬: 福士誠治 
加持登: 森岡龍 
船川玲美: 永野芽郁 
丸山朋子: 桜井ユキ 
源大輔: 我善導 
西野美織: 林田岬優 

白井篤史: 安田顕 
林田知恵: 大谷直子 
曽田健二: 田中泯 
林田雅彦: 柄本明
佐引穣次: 高橋一生 
柿谷嘉美: 松田美由紀 
井吹征二郎: 小日向文世 
仙道静恵: 八千草薫


2016.02.23 Tuesday 08:23 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 臨床犯罪学者 火村英生の推理 第6話 | main | 虹色デイズ  第7話 >>









いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #06
『衝撃の再会』
| ぐ〜たらにっき | 2016/02/23 12:42 PM |