<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

亜人 第7話「そして必ず隠蔽する」

第7話「そして必ず隠蔽する」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ケイを逃がした戸崎の立場も危ういものに。

大臣に呼ばれてその能力をかわれ
亜人対策委員会に抜擢された戸崎。

亜人の研究管理の目的組織は金になるらしい。

002をつかった実験は軍事兵器の性能テスト。
日本の名だたる企業が秘密に契約を結び
実験をくりかえし利益をあげているらしい。
軍需産業に限らず製薬会社他もろもろ。

失敗続きの戸崎がこのままでは始末される。
逃げるかとも考えながらまだチャンスはあると
ふみとどまる。
そばにおちていた銃をひろいあげました。

田中を車いすに乗せておしていく佐藤。
佐藤の作戦開始。

オグラは車に煙草をとりにいくところ。
ガードマンごとおどす戸崎は容赦なく撃ち
もうあともどりできない。

外では警備員とマスコミがいて、そこにやってきた
田中と佐藤。
マスコミがまわりに殺到しカメラのフラッシュがたかれ
マイクがさしだされる。

今日というタイミングを待っていた戸崎。
しおらしい態度できいてほしい話があるといい
きりだしました。
まずは自分の名前と亜人であるということ。

世間をにぎわせた田中の事件。

自分が亜人だったと両親に告げる田中。
行方をくらました田中を探すため
賞金まででて大騒ぎに・・今回のケイも同じ。

亜人だと発覚したものはその先政府の管理下で
生活しなければならない。
でも政府は実際には亜人をつかって生体実験を
行っているという佐藤。
マスコミではデマだということになっていますが
佐藤は証拠映像をアップロードしたといい
マスコミも確認。

こんなことが許されるはずがない。
2日後、厚生労働省前で抗議活動をするから
いっしょに声をあげてほしいと涙を流して懇願。

自分が亜人だったときのために、
そしてひとりひとりの幸せのために・・。

そのあと爆発がおき、佐藤と田中の姿はもうなし。


佐藤の発言は事実無根と発表。
オグラも死亡・・って戸崎がやったのか。
ネットはおおさわぎ。

本当に今日、抗議活動があるのか。

街には黒い影 IBMがいっぱい。
この作戦は人間を集めるためのものではなく
亜人を集めるためのもの。
亜人ならあの動画が本物だと見抜く。
ケイが逃げたことでつかまっても逃げられたという
安心感をあたえらえるし佐藤は信頼を得る。
ようやくここからがスタート。

黒い影が黒い影にむかって
本当の集合場所を伝えました。

戸崎が泉をつれていった先にはオグラがいました。
死体は原形がわからないほどになった研究員の死体と
いれかわってもらったそう。

どれだけ他人を不幸にしようと目的を達成すると
再確認したという戸崎。

過去。病院にいる戸崎。
事故で目がさめないという患者。
どんなときでもやりなおすチャンスがあると
いっていたけどもう無理。
親の残した借金のおかげで健康保険にも入れず
彼女をなおすにはたくさんのお金がいる。
それは戸崎の婚約者。

「彼女だけは幸せにしてみせる・・。

 世界中の誰を 地獄に落としても。」

のがれたケイは海にたどりついていました。
痛いのは慣れたけど溺れるのは苦しいって。
人助けなんてするもんじゃないなあといいながら
岩の上にはいあがる。

佐藤のもとに集まった亜人が数人。



戸崎にそんな事情があたったとは。
頭の中には婚約者のことしかないのに
泉はこんな男についていって大丈夫なの?
簡単に裏切らそうだけど。

戸崎が何するのかたのしみ。
ケイはひとりでどうする?





(永井圭)宮野真守 (海斗)細谷佳正 (佐藤)大塚芳忠
(戸崎)櫻井孝宏 (下村泉)小松未可子
(田中功次)平川大輔 (永井慧理子)
洲崎綾 (オグラ・イクヤ)木下浩之 (中野攻)福山潤 ほか









2016.02.27 Saturday 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< わたしを離さないで 第7話 | main | 月刊flowers(フラワーズ) 2016年 04 月号 >>