<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

お義父さんと呼ばせて 第9話(最終話)

 第9話(最終話)



静香(和久井映見)が離婚届を残して家を出て行った。
行き先に心当たりもなく美蘭(蓮佛美沙子)や葉理男(中村倫也)は
心配するが、帰ってきた紀一郎(渡部篤郎)は慌てるどころか
「アイドルのコンサートツアーにでも行ってるんじゃないの?」と
あっけらかん。それもそのはず、紀一郎は会社で巨額の
損失の全責任を押しつけられ失脚目前。とても家庭内のことに
構っていられるような状況ではなかったのだ。唯一、紀一郎が
窮地に陥っていることを人づてに聞いていた保(遠藤憲一)は
サラリーマンとして崖っぷちに立たされた紀一郎の心中を
察しつつも、夫として花澤家の家長として今は静香を
迎えに行くべきだと紀一郎を説得。しかし、紀一郎は
「男がいるなら行けばいい。そんな女房はこっちから願い下げだ」
と三くだり半を突きつけ強がるばかり。 一方、美蘭はひそかに
静香のパソコンを調べていた。すると、静香が学生時代の恋人と
頻繁に連絡を取っていたことが判明。さらに、SNSの情報から
海辺にいることが分かるが詳しい場所までは特定できない。
そんなある日、砂清水(山崎育三郎)から出張先で静香を
見かけたと連絡が入る。急いで駆けつけた美蘭に
静香はかつての恋人との関係やこれまで誰にも言えなかった
胸の内を明かし……。
はたして静香は家族が待つ花澤家に戻るのか!?そして、
保が紀一郎に認められ晴れて美蘭と夫婦になる日はくるのか!?
28歳差カップルの行く末をお見逃しなく!





家出したお母さんとお父さんも仲直り。

保があらわれてからこの家には
いろんなことがありすぎて
保のことを疫病神だと文句をいうものの
そのあとでついに紀一郎も折れました。

いろんなことがあったおかげで
うわっつらだけの家族に1本筋が通ったし
紀一郎も変わった。
そして大事な娘をたくし、あっちもこっちも涙。

で、結婚式!
と思ったら砂清水ーーーww

砂浜での押し倒されキッスからの恋か。

美蘭と保の結婚式はスペシャルかな?




遠藤憲一  渡部篤郎  蓮佛美沙子  新川優愛  中村倫也 
山崎育三郎  中村アン  品川徹  和久井映見



2016.03.16 Wednesday 08:28 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 虹色デイズ  第10話 | main | プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ STEP11「HIGH TOUCH 笑顔をくれた君たちへ」 >>









お義父さんと呼ばせて #09 最終回
『大波乱の最終回 母が失踪!家族崩壊の危機を救う愛の奇跡』
| ぐ〜たらにっき | 2016/03/16 12:45 PM |