<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕だけがいない街 第12話(最終話)「宝物」

第12話(最終話)「宝物」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


信じるというのは信じたいという希望の言葉。

悟に女の子殺害の容疑を着せて
自殺にみせかけて殺すつもりだった矢代。

でも矢代には悟は殺せない。

この15年間ずっと悟が目覚めるのを
一番待っていたのも矢代。
矢代はたしかに悟にあいた穴をうめてくれたし
先生の穴をうめたのも悟。
悟は矢代の希望であり生きがい。

「この世界で本当の先生を知っているのは僕だけ。」

悟と矢代の間にある深い絆・・
このふたりの関係は特別。
矢代も悟がいなければもう生きていけないと認め
悟をつきおとしたあと自らも身を投げようとしましたが
悟の本当の仲間も友も矢代ではなかった。

11歳から25歳までの失った時間
その時間そのものが宝物。
僕だけがいなくなった街で
友達が僕のために人生の貴重な時間をさいてくれた。

「僕だけがいない街・・僕だけがいない時間

 それこそが 僕の宝物だ」


踏み込む勇気をもって戦いつづけた結果
仲間がふえ敵に勝つことができた、
幼いころになりたかった憧れのヒーロー。
自分も信じあえる本当の仲間ができればいいなと
作文に書いていた悟の夢はちゃんとかないました。
それは悟が勇気をもってふみこんだからこそ。

マンガ家として成功して
愛梨もそばにいるなんて最高に粋な終わり方。


ケンヤは大人になっても中身もイケメンなまま。
他の友達もみな悟のためにできることを
いろいろやってくれていたとは
悟が過去に戻ってやってきたことの影響が
犠牲になるはずだった子たちを救った他にも
いかに大きかったことか。

矢代の側からの話もちょっとみてみたい気がしました。
完全犯罪を続けてひとり生き続けても
決して満たされない人生。

原作未読のため、先が気になって気になって
毎週待ち遠しい楽しみな作品でした。




藤沼悟:  土屋太鳳 満島真之介  雛月加代: 悠木碧 
片桐愛梨: 赤崎千夏  ケンヤ: 大地葉  ヒロミ: 鬼頭明里 
オサム: 七瀬彩夏  カズ: 菊池幸利  白鳥潤: 水島大宙 
藤沼佐知子: 高山みなみ  八代学: 宮本充









2016.03.25 Friday 10:55 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 灰と幻想のグリムガル Episode.11「生と死の間で」 | main | 亜人 第11話「さあ、ショウタイムだ」 >>









僕だけがいない街 フジテレビ(3/24)#12終
最終回 第12話 宝物 俺の記憶は戻っているぞ、八代。そうじゃないかと思っていた、車椅子を押すときに 指で調子を取っていた時は感情を抑えていたんだね。 ケンヤとヒロミに記憶が戻ったことを伝える悟。加代の赤ん坊と手が触れ合った時に記憶が繋がった。ケンヤは15
| ぬる〜くまったりと | 2016/03/27 8:13 PM |