<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

早子先生、結婚するって本当ですか? 第3話

第3話



 早子(松下奈緒)の実家『立木豆富店』に、赤い傘と
旅行カバンを持った客・三田凪太郎(吉岡秀隆)がやってくる。
ところが、応対した早子の姿を見た凪太郎は困惑し、
豆腐を買い求めると逃げるように去ってしまう。
店先には、凪太郎の傘が残されていた。
 早子は、ピクニック合コンに参加していた男性のひとり、
佐賀(田中圭)から電話をもらい、彼と会うことになった。
早子が約束した場所へ向かうと、佐賀が酒に酔った男にからまれ、
トラブルになっていた。相手の男は、梅子(佐藤仁美)の元カレ
・木の下(とにかく明るい安村)だ。早子は、ミカ(貫地谷しほり)と
梅子に連絡を取り、木の下のことは梅子に任せて、
佐賀を連れて自宅に戻る。実は佐賀は、ミカの友人
・舞(舞羽美海)のことが気になっており、相談したかったらしい。
 別の日、平和町小学校の職員室では、転校することになった
ミカのクラスの児童・中野一斗(高木星来)が体調不良を訴える。
一斗は、ある理由から別の小学校へ転校するのが嫌で
駄々をこねていた。そんな折、立木豆富店に再び凪太郎が
現れて…。





結局、凪太郎が誰だかはわからず仕舞いでした。
この豆腐屋では変な髪形じゃなきゃダメかと
思いこんでやってきてくれたのにw

婚活は結婚前提だから、恋におちて好きになってから
つきあうという流れではないけど、佐賀と舞は
合コンでの出会いからすぐに恋がはじまっているようで
このカップルはうまくいきそう。
舞は最初おことわりしたけど、その直前の
スタンプみながらの会話とかすごく楽しそうだったし
早子が舞の気持ちをちゃんと佐賀に伝えるという
いい仕事してくれました。

ミカのクラスの小さいカップル。
ただただ「好きだし」のひとことで
離れたくない純粋な恋。
ミカも早子も本当はこんな恋がしたいんだろうな。

梅子と木の下は・・木の下がダメ男すぎて。
戻りたいならちゃんとした職についてこないと。

早子は妹が妊娠してまたまた先をこされてしまったけど
ひきつづき婚活を続けるようですね。
予告をみたらまたハズレっぽいような・・。







2016.05.06 Friday 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 銀魂―ぎんたま― 64巻 | main | 黒子のバスケ EXTRA GAME 後編 >>